仁淀ブルーはどこ?



「仁淀川,行くよ!」

住友さんからお誘いがありました。



一昨年,高知の友人の車に乗せてもらっているときに,初めて聞いた 「仁淀川」 という名前。

それが,昨年,ワタルさんがすてきな写真とともにすばらしいライドコースであることを紹介してくれて以来,「行きたいところ」 の上位に入っていたコースです。

ワタルさんに,「今度行くときには誘ってね」 と猛プッシュしておいた成果で,住友さんから声をかけてもらいました。

ライドは,住友さんの企画する 「欲張りファンライド」 ですが,ワタルさんがアテンド役として指名され,ぼくのことを話してくれたようです。





前日に神戸入りし,当日は住友さんと朝4時に出発して,集合場所の淡路ハイウェイオアシスに向かいました。

3時半起きはさすがにキツイですが,この朝靄のかかった風景に目が覚めました。


18_0426_01.jpg


乳白色の空が朝焼けの色を帯び,本州の黒い影と薄紫色の海面を浮かび上がらせます。

刻々と変わっていく色合いの,一瞬,一瞬が美しい。



ここでライドが中止になっても,この色が見られただけでいい…

さすがに,そこまでは思えませんが (笑),それくらいの価値ある色でした。



淡路島を抜けたらすぐに出発地に着くような感覚でいましたが,それは甘かったです。

高知は遠い。

高知には何度も行っていて,その広さと時間的な遠さについては知っていたつもりでしたが,あらためてその遠さを痛感しました。

ずっと運転してくれた住友さんには感謝です。



いっしょに走ってくれるのは,住友さんの組織するメンバー。

というだけで,すでに知り合いのような感覚になれます。


でも,実際には半分が初対面の方です。

灘のRさん,ノリヲさん,443号さん,U10さん,土建屋naoさん。

いずれも住友さんのブログで名前を見ている方たちです。

加えて,バナメイさんとは昨年の棚田ライドでご一緒させてもらいました。

そして,住友さんとワタルさん。



40代の人が多いようですが,当然ぼくよりずっと若い人ばかりで,バナメイさんにいたっては,ぼくの娘と同い年。

初めての若い人たちと走るのは楽しみですが,少し心配。

と言いつつ,それほど気にしない自分が気に入っています (笑)




さあ,出発地の仁淀川河川敷。


18_0426_02.jpg


晴れ!

すでにもう,暑くなる予感。

川幅も広く,50km先の目指す渓流は,かなり遠くに感じます。



登り基調の道ですが,ワタルさんが年寄りにも優しいおだやかなペースで牽いてくれるので,気持ちよく走れます。


18_0426_03.jpg


途中,仁淀川本流から離れ,支流の上八川川 (かみやかわがわ) ぞいをさかのぼります。




しばらく走っていると,軽トラのおじさんが道端でたばこを吸っていました。

目が合ったので 「こんにちは」 と声をかけると 「がんばれ~」 と言ってくれました。

ところが,このおじさん,少ししてから僕らを追い抜いていき,その先の路肩が広く空いているところでクルマを停めました。

そして,ドアを開けて話しかけてきました。


「この先でイベントしゆうき,寄っていかんか。案内するきね」

と土佐弁で話しかけてきました。


少し困ったなと思いつつ,

「おじさん,自転車じゃ着いて行かれんわ」

とニセ土佐弁で答えると

「ゆっくり走るきね」

と問答無用,走り出しました。



坂ですので,こちらはスピードが出ません。

軽トラのおじさんは,止まってはハザードを着けて待っていてくれます。

その繰り返しで,連れて行ってくれたのは,「ふれあいの里柳野」 というところでした。

小さな道の駅のような感じかな。

駐車場にテントが張られていて,数十人の人で賑わっていました。



おじさんが手招きする方へ行ってみると,

アルミホイルを渡され,

「しし肉や」 と一口大のお肉を二切れ。


18_0426_04.jpg


昨年の冬,仕掛けたわなで獲ったイノシシの肉だそうです。

これが,美味い!

豚肉とはちがった香りがあって,旨味が強いです。

おじさんにイノシシの話を聞きながら,楽しい休憩時間になりました。


18_0426_05.jpg


突然の出会いが,楽しい時間をくれました。

ライドの醍醐味ですね。

オジサンたちにお礼を言って,出発。



ここからはさらに登っていきます。




山の新緑がきれいです。


18_0426_06.jpg


先導するワタルさんが,かなり細い道に入り込んでいきます。

さすがに昨年走っているだけあって,案内がスムーズです。



いい感じの小径。


18_0426_07.jpg


小さな棚田の間を抜けて,小さな山の集落に入り込んでいきます。

こういう道,好きだなあ。



おお,目の前にかなりの激坂!


18_0426_08.jpg


あわててカメラをしまい,ダンシングに切り替えます。



おいおい,これ,20%はあるんじゃないか?

と思いつつ,何とかその短い激坂をクリアした先には……





18_0426_09.jpg


道がない!

ここ,どこや!



ワタルさん,スマホを確認します。

圏外じゃなくてよかったね。



はいはい,もどって,もどって~。

もどりますよ~。


18_0426_10.jpg



仁淀ブルーはどこだ!




── つづく





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

カンパチ  

心の間合い

 リキさん、おはようございます。
 あっ、いいですね、この親戚に対するような
軽トラおじさんの親しさ!
ほんとに「うまい」から通り縋りのローディー
にも食べてってほしいという純粋な気持ち!
楽しいハプニングでしたね!
 
 高知も藤の花が満開ですね。

2018/04/26 (Thu) 07:44 | EDIT | REPLY |   

くり  

我が故郷

仁淀ブルーのタイトルに引かれて訪問しました。
なんと 集合場所が「いの」の仁淀大橋ではありませんか。
今は 岐阜の長良川沿いに暮す私の故郷が正にその仁淀大橋の袂なのです。
懐かしい写真をありがとうございました。

2018/04/26 (Thu) 16:45 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

祝!ご使用(笑)

リキさん、若い衆とのライドお疲れ様でした!(`・ω・´)ゞ チッス


とうとう出ましたね~「ここ、どこや!」


すわっ!リキさんwww (/ω\*)

と思いきや、ワタルさんのわざと激坂を登らせて道がないという軽いジョークの場面でのご使用なので···まぁ60点かなぁw


ホスト役で先頭を道案内中に使って··· (○´∀`)b 80点


某d氏曰く、d氏くらいの百点満点で免許皆伝の使い手になると~同行の皆さんが急に悲しそうな顔になって優しく接してくれるそうです···仲間ってホント大切w

この域に達するには、若い方とガンガンご一緒に走られているリキさんはまだまだ半分青い!

これから40年くらいは修行が必要そうですね♪(・ω<)-☆(笑)


さぁ、リキさんが若い衆に引きずられ久々にヒィヒィ喘ぐライドブログを楽しませて頂きます~(*´罒`*)ワクワク

2018/04/26 (Thu) 19:16 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

おじさんの強引さがなんとも心地よかったです。
みんなも苦笑いしつつ,おとなしく着いていく人のよさ。
そして,一人百円! と言いつつ,どんどん肉を食べさせてくれる気前のよさ。
楽しいひとときでした!

2018/04/26 (Thu) 19:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

くり様

くりさん,コメントありがとうございます。

あのすぐ近くが故郷なんですか!
すてきな郷里をお持ちで,うらやましいです。
でも,長良川の支流や板取川なんかも,仁淀川に負けない美しさですよね。
きれいな川から離れられない運命?

他の写真もアップしますので,お楽しみに!

2018/04/26 (Thu) 19:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

やっとあの決めぜりふにぴったりの場面に遭遇しました。
自分自身で使えなかったのが,ちょっぴり残念。
それでも60点ですか…キビシイ
「半分青い」から,満点を目指します。
まずは,あのお方に弟子入りですね。

メタさんの「ワクワク」には,きちんとお答えします(笑)

2018/04/26 (Thu) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply