2018 桜巡り (16) 宝探しのような桜ライド



サクラの旅,その16 (今年度 最終回!)


売木村の桜は,その多くが一本桜で,探しにくい場所にあります。

お寺などにある桜は見つけやすいのですが,畑や田んぼ,山の中の一本桜は前もって位置が特定しにくいのです。



まずは,グーグルマップにも紹介されている 「福美桜」 です。

県道から脇に入る道はそれほど多くはありませんが,下から見えない場合には,とりあえず入ってみるしかありません。



適当に細い道に入り込むと,いろいろなところに桜が植えられています。

オオ! こんなところにいい桜が!

と,これまた宝探しのごとく,それらを楽しみながら,お目当ての桜を探します。



見当を着けておいたところとは少しちがった場所に 「銀一桜」 を発見。

ちゃんと立て札がありました。


18_0414_10.jpg


売木の桜は,「しだれ」 といっても,傘のように浅く広がり,大きく枝垂れないのが特徴のようです。


ふと先に目をやると,「福美桜」 の看板を発見。

看板の指示どおりに進みますが,ちょっと心配になる感じの道です。

角を曲がるたびに細くなり,そのうちコンクリート舗装になります。

車で入ってくるのをためらうような雰囲気。




しかし,桜の匂いがしてきました (笑)






ありました!

福美桜です。


18_0414_11.jpg


自転車とくらべても,その大きさがわかると思います。

何の支えもなしに,これだけ枝を広げているのがすごいです。

このスケール感は,現地で見るとさらにすごいです。

道を進んでいくと突然現れるので,思わず 「わぁ!」 と声が出ます。



種類は,桜色が強いので,コヒガン系の枝垂れではないかと思います。

やはり,大きく枝垂れず,横に広がる感じが独特です。

今回見た売木の桜では,一番の美しさだと思います。

他の桜より少し開花が遅いようで,まだつぼみが多かったです。




県道までもどると,こんどは反対側の高台にしだれ桜が見えました。

覚悟を決めないと登れない斜度の急坂を登っていくと…,




ありゃ~!

ちょっとあせりました。

民家の庭へ入り込んでしまったのです。




偶然家から出てきた女性に,

「こんにちは。桜がきれいだったので,登ってきてしまいました。勝手に入り込んでしまってスミマセン」

とあいさつすると,

「あらあら,よくこの坂登ってこられましたね。好きなだけ見ていってください」

と言ってもらえました。

お礼を言って,庭の桜を観賞させてもらいます。


18_0414_12.jpg


奥の枝が咲けば,傘が段違いで三つ開いたような形になるはずです。

この桜もあと数十年すれば,りっぱに村の顔となる木に成長するでしょうね。

そのときには,「三傘の桜」 と呼ばれるかな?



そう言えば,この売木村,出会った方がよくあいさつをしてくださいます。

温かい村です。




ここを下って,また反対側の高台へ向かいます。

次に探すのは,「大入の桜」。

大入という集落の入り口にあるそうです。




見当を着けて登っていきますが,なかなか見つかりません。

「集落の入り口」 といっても,集落自体がありません…。



これも,すぐ近くまで行かないと見つからない場所でした。

大きな茂みに隠されるようにありました。


18_0414_13.jpg


龍神様が祀ってある場所に植えられた桜でした。



この道の先はなにやら工事をしていましたが,工事現場の周辺にも見事な桜が沢山ありました。

あらためて,見に来たいです。




この次は,「三太夫の桜」 。

これは県道沿いのすぐそれとわかる場所でした。

「三太夫の墓」 と銘のある石の後ろに植えられた墓守の桜ですが,この村には,墓守の桜が多かったです。

何でもない桜といってしまえばそれまでですが,ぼくにはとても優しい風景に見えます。


18_0414_14.jpg


18_0414_20.jpg


また,畑や民家の敷地内にも数多くの桜が植えられていて,村内は見所が一杯です。

谷の奥に桜色を見つけるたびに,そこへ向かって登っていきました。

けっこうな坂を登らされることもありますが,期待を裏切らない桜が見つかります。


18_0414_18.jpg


18_0414_19.jpg



また,県道沿いには,桃色の濃いコヒガンザクラがところどころ植えられていて目を楽しませてくれます。


18_0414_16.jpg


18_0414_17.jpg



村内をだいたい見終わったころ,雨が降ってきました。

急いで車までもどります。

時期的には,4~5日後がベストだったかもしれませんが,桜の宝探しはすごくおもしろかったです。




本当は,ここから峠をひとつ越えて新野千石平まで行き,その周辺の桜も見る予定でしたが,売木の桜探索で時間を使いすぎました。

そちらは,また次の機会に。

そのときは,晴れた空に雲が浮かぶお天気になればいいなと思います。




この日の走行距離は,なんと… 14km!

ライド最短距離記録更新…。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

カンパチ  

花狩人

 リキさん、おはようございます。
 さすが、桜の匂いでわかるんですね。
砂漠で何キロも先から水の匂いを嗅ぎ
あてる人がいるように、心が桜花を求
めているのでしょうか!?

2018/04/24 (Tue) 07:22 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

匂いますね~(笑)
もう,その瞬間足が止まり,ブレーキに手がかかっています。
グループライドだと一瞬ためらいますが,「ゴメンナサイ! 止まります!」と叫んでいます。
もう,どうにも止まらない(笑)

2018/04/24 (Tue) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply