2018 桜巡り (7) 小原の桜



サクラの旅,その7


3月29日は,小原方面へ行きました。


この日もいいお天気。

矢田川沿いのソメイヨシノが咲き誇っています。


18_0329_51.jpg


瀬戸の町を抜けて戸越峠に向かうのですが,自転車乗りに 「聖霊二段坂」 とよばれている坂に入る少し手前に,本泉寺というお寺があります。

桜の似合うお寺です。

それほど大きくはありませんが,鐘楼前にエドヒガン,庫裏の前にしだれ桜があります。


18_0329_52.jpg


すぐとなりには山口八幡社があり,近くを流れる矢田川支流は両岸の桜が見事です。


18_0329_53.jpg

川面に映る桜がきれいでした。

スマホ片手に桜をとって回る人たちがたくさんいて,ああ,花見はいいなあと思います。




二段坂を越えて赤津町に入ると,民家の裏手や畑の間にたくさんの桜,白木蓮,コブシなど,色とりどりの花が競うように咲いています。

そんな中をのんびりと抜けていくのは,なんとも気持ちのいいものです。



花の香りや空気の暖かさを感じながら走るのは,自転車の大きな楽しみ。




戸越峠を登り,藤岡町へ下り途中を右に入ると,金剛寺があります。

のんびりした山寺です。


18_0329_55.jpg


出迎えてくれるしだれ桜は,樹齢 200年以上と言われています。


18_0329_56.jpg


ふわりとただよってくる桜の香り。

飛び回る日本ミツバチのぶんぶんという羽音。

あいさつする近所のおじちゃんとおばちゃんの声。

いい時間です。





金剛寺近くには,あの薄墨桜の子どもが育っています。

満開を過ぎて,ちょうど薄墨色が出てきたところでした。


18_0329_57.jpg


あと百年したらりっぱな木になるでしょう。

その頃にまた見に来ましょうね。





ここから小原までは,アップダウンを乗り越えていきます。

それなりに脚を使う道のりです。




まずは,国道 419号線から北へ登った高台にある,嶺雲寺 (れいうんじ)。

坂の下からでも,背の高いしだれ桜がよく見えます。


18_0329_58.jpg




また国道 419号 まで下り,こんどは南へ登ります。

ピークには市場城跡がありますが,そこへ行く途中にあるのが,西運寺 (さいうんじ)。

ここも,山の斜面に張り付くように建っているお寺です。



本堂前の狭い庭に,2本のしだれ桜があります。


18_0329_59.jpg


この雰囲気が好きです。





東へひと山越えていくと,杉田久女句碑のしだれ桜。

小原の桜の中で一番艶やかな桜です。


18_0329_60.jpg


優美な立ち姿,濃い桜色,夫の杉田宇内の屋敷跡,ひと気のなさ。

門をくぐって中に入ると,鳥肌が立つような静けさ。


18_0329_61.jpg


好きな場所ですが,なぜか長居できないようなところです。


嶺雲寺,彩雲寺,杉田久女句碑 ── これが,ぼくの勝手に決めた 「小原の三桜」。





帰り道は,県道19号線沿いに走りました。

すると,思いがけなく,いくつかの桜を見つけました。

民家の裏山に,しだれ桜が植えてあったんです。


これはその中でも一番立派だったもの。


18_0329_62.jpg


樹高は15メートルを超えているでしょう。

こんな宝のような木が,農家の裏山に隠されるように立っているんです。



昔から,このあたりには桜を愛でる人たちがたくさんいたんでしょう。

そんな桜を何本も見つけました。


18_0329_63.jpg


これも,自転車の旅ならでは。

花を見つけて止まったり,小さな道に入り込んだりと,自在に走れるのが好きです。




来季は,花見をしたいという人を集って,小原桜ライドを計画しようかと思っています。



写真はこちらにも。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:4
  • Trackback:0

Comments 4

カンパチ  

至福の微睡

 リキさん、おはようございます。
 子供の頃、故郷の山村では田起し
の前は蓮華畑でした。
寝ころぶと耳元のレンゲの花に蜜蜂
が訪れる羽音で耳朶を擽られて甘い
眠りが忍び込んできました。
ぽかぽかの陽射しの中でレンゲの花
の香りに包まれ、明日を疑うことの
ないいい時代でした。

2018/04/05 (Thu) 09:03 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

足元の花園

 リキさん、おはようございます。
 頭上で桜が満開のこの時期、もう一つの
楽しみがスミレをはじめとする野草です。
タチツボスミレが先陣を切って咲き出して
スミレ、スミレサイシン、ノジスミレ、マ
ルバスミレ、まだ一回した見たことがない
エイザンスミレ、まだまだ楽しい季節が続
きますね。

2018/04/06 (Fri) 08:19 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,おはようございます。

ああ,それはすてきな子ども時代を過ごされましたね。
うらやましいです。
できれば,今でもそんな時間を過ごしてみたいです。
大の大人が田んぼに寝転んでいたら…(笑

2018/04/06 (Fri) 10:05 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Re: 足元の花園

カンパチさん,おはようございます。

歩き回っているときにスミレを3種類見つけましたが,わかるのは,スミレとタチツボスミレだけです。
うんと小さな紫色のスミレの名前がわかりません。
エイザンスミレは,園芸屋さんで見ましたが,その可憐な姿が頭に焼き付いています。

2018/04/06 (Fri) 10:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply