愛と恋 (2)



愛と恋,その第2回



これも,いつか紹介したいと思っていた話題です。


JAF (日本自動車連盟) から送られてくる 『 JAF Mate 』 という雑誌があります。

以前はつまらなかったのですが,年々内容がおもしろくなっています。

その中にあった 「 Dr.泉谷の人生相談」 というコーナーがおもしろかったんです。

( 泉谷閑示,『JAF Mate』2017,6月号 )


その回の相談は,


恋人がいる人ばかり好きになります。私は,幸せになれるでしょうか。


17_0813_01.jpg


というもの。

その回答は,冒頭,このように始まります。


人を好きになることそのものは,とても自然なことです。最近では,誰にも興味を持てなくなっているような人も少なくありませんから,その点ではもうすでに,あなたは人を好きになるという幸せの中にいるのです。


いいでしょ。

泉谷先生は,いきなり 「それはダメ,もっとよく考えて行動しなさい」 とは言わないんです。

人を好きになることのすばらしさから入っています。

これにまずしびれました。

つづいて,


好きになった相手が,蓋を開けてみたら恋人がいる人だったということならば,あなたの側の問題ではありません。トラブルを承知で果敢にアプローチするのか,恋愛関係にこだわらず良き人間関係を続けることを選ぶのか,それはあなたの判断です。恋愛というものは,人為的につくられた社会秩序や道徳とは別の次元に属するものなのです。


これもすてきな答えです。

ひとつの見方を押しつけることなく,恋とはそういうものだからと事実を告げ,「あとは自分で判断なさい」 というわけです。

しかし,厳しいことも言います。


しかし,もし相手に恋人がいるとわかったとたんに好きになってしまうとすれば,それは他人のものがうらやましくて奪いたくなるという心理が働いているので,手に入れたとたんに熱が冷めてしまって,不毛な恋愛をくり返すことになりかねません。


そして,続く最後の部分には深く感じ入りました。


幸せになれるかどうかを心配されているということですが,幸せとは,けっして誰かを所有したりすることによって得られるものではありません。そして恋愛は,相手を所有することではありません。

「愛」 とは,相手が相手らしくあることを喜ぶことであって,相手が自分のものであると考えたり,思い通りになることを求めたりするのは,エゴによる 「欲望」 なのです。

これさえわきまえていれば,恋愛はとてもすばらしいものであり,生きる喜びの源泉なのです。




〈 愛とは,相手が相手らしくあることを喜ぶこと 〉 というのはまさに卓見。



家内は,最近,草木染め,料理教室,乗馬と,たくさんのことに夢中になっています。

楽しそうに,その話をしてくれます。

人が楽しそうに何かを語る顔が好きです。

それが愛する人ならなおさら。



ぼくが自転車に夢中になっていることも,そんな気持ちでいてくれるのではないかと思っています。

救急車で運ばれても,「やめろ」 とは言いませんでした。



子どもたちにも,そんな気持ちで,「好きなことをすればいい」 と言ってきました。

その結果,二人とも収入が低くて苦労していますが,幸せに生きています。




〈 愛とは,相手を所有することではない 〉 というのも痛い言葉です。


卑近な例で行くと,「ほしくて買ったけれど,使っていない」 というものが,ぼくの部屋にはゴロゴロしています。

自転車のパーツ,ウェア。

数多くのレコード。


「所有したかっただけでしょ」 と言われたら,「はい,その通りでございます」。

特にレコード収集などは,先ほどの回答にあった 「手に入れたとたんに熱が冷めてしまって,不毛な恋愛をくり返す」 という指摘が,ぐさりと胸に突き刺さります。

買っただけで聞いていないものが何枚あることか。

恐ろしくて数えられません。


17_0813_02.jpg



これらのモノに対しても,「相手が相手らしくある」 ことを考えて活用の道を開いてあげなければいけませんね。



死蔵されて泣いているモノたちよ,もう少し待っててね。

君たちを輝かすから。

もしくは,輝ける場所へと送り出すから。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

hamo  

深い・・そして重い言葉の数々ですね。

「愛 とは,相手が相手らしくあることを喜ぶことであって…」の一節は特に響きますね。

僕は人も物もお互い密接になっている必要はないと思っていて、距離が離れようと関心のある分野が違えど大きな枠の一部でも共有できる部分があればそれで成立すると思っています。どちらかの円に取り込もうとすると考えの隔たりや価値観が障害となり衝突したりする。よく考え方が違うとか、価値観が違うのを理由にしてる人がいますが、別に違ってもいいのではないか?とすら思うのです。

人も物もお互いにのびのびと彩りある人生を楽しめる関係こそ理想形だと思いますね。

2017/08/14 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hamo 様

hamo さん,こんばんは。

すばらしいコメントありがとうございます。
何度も読み返し,深くうなずきました。
共有できる部分を大切にすればけっこういろんな人といい関係を結べると,ぼくも思います。
ちがっていて当然ですからね。

2017/08/15 (Tue) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply