ササユリの里



6月17日,土曜日,豊田にある 「ササユリの里」 というところに行ってきました。


特別な観光地ではなく,地域の方が保護活動をしているだけです。


週末の遠征ライドが続いたので,時期的に遅くなってしまいました。

3年ほど前に存在を知ったのですが,なかなか行くチャンスに恵まれませんでした。





戸越峠を越え,小原へ行く道の途中から,小原とは反対方向へ進みます。
(県道33 → 県道486南下)



入念に下調べをした 「つもり」 なのに,道をまちがえました。

ときどき,「まじめでしっかりしている人」 と勘違いされますが,「不真面目で粗忽者,他力本願が信条」 のジイサンです。



名古屋グリーンカントリークラブを右に見て進み,左側の山へ入ります。

すぐに坂道になりますが,細くて,車が通らなくて,緑豊かな好みの道です。


17_0617_02.jpg



ちらほらとササユリがありますが,花は終わっています。

残念,やはり遅かったか。




小さな山里を過ぎると,急に傾斜が強くなり,10%超えの坂が続きます。


17_0617_03.jpg


上り詰めた辺りに,こぢんまりとした駐車場とトイレがありました。

案内の看板で道を確かめ,群生地へと向かいます。






おお,まだ残っていました。


17_0617_04.jpg

花弁に少ししわが出始めていて,もう,花の末期です。

ギリギリ間に合ったというところでしょう。



アジサイが濃い青の花を輝かせていました。

「今の季節は,オレだ」


17_0617_05.jpg




群生地という辺りに行っても,すでにほとんどの花が終わっていて,「群生」 という咲き方には出会えませんでした。

それでも,一本の茎に3つもの花を咲かせたササユリには初めてお目にかかりました。


17_0617_06.jpg




もともとササユリというのは,森の中にぽつんと咲いている印象です。

群生を見ることができなくとも,それで十分な感じ。

本当はやぶの中に入って,香りを楽しみたいんですが,小さな株を踏んではいけないので止めました。

甘くていい香りがするんです。



帰りがけに見つけたこのササユリには,スポットライトが当たっていて,舞台に立つベテランの女優,といった趣でした。


17_0617_08.jpg



帰り道は,一本南の道を 県道 486 へと下ったのですが,この道は日陰に何本もササユリが咲いていて,いい道でした。



来年はもう少し早くに行ってみたいと思います。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

カンパチ  

朝っぱらから・・・

 リキさん、おはようございます。
 中国の(人民共和国になる前の)エロティシズムが牡丹だと
すると、日本のエロティシズムの極致がササユリだと思います。
個人的に。

2017/06/23 (Fri) 07:47 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

中国のボタンはあんまりイメージ無いんですけど,牡丹色のセクシーなチャイナドレスのイメージ?
花にエロティシズムを感じる辺り,カンパチさんの人間くささを感じさせて,いいですねえ。
今日は,山の中で,花びらを虫に食べられたササユリを見ました。
エロティックでした(笑)

2017/06/24 (Sat) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply