ああ,乗鞍 (1)



乗鞍。

自転車乗りにとっては憧れとともに語られる山の名。

日本一の高度を誇る天空の道。

しかも,マイカー規制によって,走ることができるのはバス,タクシー,そして自転車だ。



自転車乗りなら,その多くが走りたいと願う雲上の道なのだ。

17_0521_00.jpg







ぼくにとって乗鞍は,3年越しの挑戦だ。


SHOROs の仲間が走ったと聞いて,走ってみたい道のナンバーワンとなった。


一昨年,路くん,ダイちゃんと夏に挑戦したが,天候に阻まれた。

昨年春,またダイちゃんから誘ってもらったのだが,息子の結婚式で走られず。

秋には,エコーラインを上ったが,そのときは霧に阻まれて絶景は見送りとなった。


そして,今年また,ダイちゃんが計画してくれた。

今年こそ!



5月15日,スカイライン開通。

ライドは,21日の日曜日に計画された。






いつものようにダイちゃんが迎えに来てくれて出発。

高速で住友さんの車を発見し,千切られそうになるも,何とか食いついていっしょに朴の木平駐車場まで行く。




たかじんさんとカンパチさんの車がすでにあるのだが,どこにも姿が見えない。

しばらくすると,周辺の道でランを済ませ,しっかり汗をかいた二人が登場。

二人とも満面の笑みを浮かべ,満足げ。 スゴイね。



その後,きっちさん,セーテンさん夫妻が到着して,メンバーがそろった。


気になるのは,標高が 2600m もある畳平の寒さだ。

何を着ていくか,何も持っていくかの判断が難しい。


セーテンさん情報では,上は寒いほどではないそうだ。

なぜ,そんなことがわかるかというと,なんとライドの日を土曜日と勘違いし,ここへ来たのだが,誰も来ないのでまちがえたことがわかったそうだ。

それで,土曜日も登り,この日も登ることになった。

まあ,それもいいね。

マレーシアへの引っ越しを目前に,最後の国内ライドなのだから。





さあ,走り出す。



この駐車場付近でも,すでに標高は千メートルを軽く超えている。

周辺の山は,春まだ浅い。

17_0521_01.jpg


柔らかい春の色。

見ているだけで幸せな気持ちになる色だ。



足下には,咲き始め特有の丈の短いタンポポが咲いている。

17_0521_02.jpg


日本の在来種だ。

小ぶりなのがかわいい。



タチツボスミレが群落を作り,ニリンソウが愛らしく咲いている中を登っていく。

爽やかな空気。

青みの強い空。

乗鞍ライドの幕開けにふさわしい。



ふさわしいのは周りの景色だけでなく,坂道の斜度もそうだった。

10%前後の斜度が延々と続く。

なんだこれは。



きっちさんにカメラのことをいろいろと教えてもらいながら登る。

話していると,辛さが少し楽になる。





そのうち,雪をかぶった山が見え始める。

気分が一気に高まる。

17_0521_03.jpg




さらに登り続け,北アルプスの高峰がはっきりと見え始めた。

17_0521_04.jpg


このサイズの写真では見えないが,

いち早く雪を振り落とし,黒い岩肌を見せる槍ヶ岳,

堂々とした風格の穂高連峰が見えるのは鳥肌もの。


登ってきた道が見えるのも快感だ。



昨年登った人たちに言わせれば,「上はもっとスゴイ」 そうなのだが,スカイラインが初めてのぼくにとっては,もうこれだけで興奮してしまう。

それでも,みんな,笑顔がはじける。

17_0521_05.jpg




さらに登ると,道の周辺にも雪が見え始める。

高い山に登るのは楽しい。

だんだんと季節を遡るからだ。

17_0521_07.jpg


夏を感じさせるような下界の空気とはちがう。

鼻に入ってくるときの清涼感がすてきだ。

「空気がおいしい」 とは,よく言ったものだ。





2000m が近くなったあたりから,どうも力が出ない。

腹が減ってきたせいか,空気がうすくなってきたせいか。

住友さんの背中に刺してある明宝ハムが美味そうだ。

17_0521_08.jpg



我慢できず,止まってあんパンを一つ食べる。

それでも,出力は上がらない。

そのうち,軽い頭痛がしてきた。

ああ,これは明らかな酸素不足だ。

昔から,高い山に登ると頭痛がする。




少し気分がへこんできたぼくへのカンフル剤は,この雪壁だった。

17_0521_09.jpg


おお,もうそろそろ絶景のお出ましか。



山際の木々から,青空が透けて見えるようになった。

森林限界も近い!

脚も軽くなるというものだ。

17_0521_10.jpg





── つづく




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

カンパチ  

ウウッ、ノ、ノリクラ!!

 リキさん、おはようございます。
 生まれて初めての「乗鞍スカイライン」!!
最高でした。
一緒に走ってくれた皆さんと企画してくれた
ダイズさんには、ただ感謝しかありません。

紀伊半島の山村育ちの私にも経験したことの
ない圧倒的な山様が、ただただ目を奪い続け
ました。
あの風景の前に、音と言葉は力を失い、光と
心だけが伝わってきました。

また、行きたい・・・

(登りの苦手な私の脚は、声なき悲鳴をあげ続け
てましたが!!)

2017/05/23 (Tue) 07:53 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

いやあ,楽しかったですね。
もちろん,キツかったですね。

しかし,あの景色にはわくわくが止まりませんでした。
下りてくるのがもったいないと思うし,また登りたいと思わせるものがありますね。
また,行きましょ!

2017/05/23 (Tue) 21:17 | EDIT | REPLY |   

きっち  

絶景!

自分で取った写真に見とれてしまい、なかなかブログが書けません(^^ゞ
そして全く同じアングルの写真を見つけてちょっと嬉しい(^^)

2017/05/23 (Tue) 22:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

きっち様

きっちさん,こんばんは。

きっちさんと同じアングルとは!
ぼくも少し上達したかな?

きっちさんのアルバム,見せてもらいました。
拡大してみると,さすがの解像度!
でっかいディスプレイが必須アイテムですね。

2017/05/24 (Wed) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply