アートの島 佐久島探検 (2)



さて,つぎはどこへ行こうかと相談していたら,予定していた昼食場所が合ったので,とりあえずチェックします。

11時開店とのことですが,11時半に行ったらもう満席という話なので,間に合うようにと路くんがタイマーまでセットするという念の入れようです。

17_0505_01.jpg




しかし,店をのぞいてみると,9時なのに開店していました。

「どうする?」

と顔を見合わせ,

「食べよっか」




9時にランチです。

朝食が早かったですからね。



魚とえびのフライが付いた刺身定食。

1250円也。

17_0505_02.jpg


美味しゅうございました。

お刺身はさすがの新鮮さ。

静かで雰囲気のいい店でした。





さて,つぎは,東側の海辺へ向かいます。

17_0505_03.jpg




このアート作品は,「秘密基地アポロ」 です。

17_0505_04.jpg


外をのぞく窓があって,額縁のように海を眺めたり,屋根につけられた潜望鏡のような窓から,松の枝振りを眺めたり,男の子の遊び心をくすぐる設計です。

食べ物と寝袋を持ち込んで,ここを拠点に遊び回りたい感じ。

そんな気持ちを見透かしたように,

「宿泊禁止」 とありました (笑)





ここの下へ,ちょっとアブナイ崖を下ると,海辺に出ます。

これがおもしろいんです。

この島を形作った地層が観察できます。

17_0505_05.jpg


細かい粒子の堆積岩です。





ほかの誰も下りてきません。

波の浸食に耐えて残った一角が,巨大なテーブルを作っています。

17_0505_06.jpg



足下を見ると,幾何学模様に劈開が入っていました。

17_0505_07.jpg



少し歩くと,その模様や色が変わっていくのがおもしろいです。

美しいブルーの堆積岩もありました。




さらに海沿いを回り込むと,佐久島と小さな島が堤防でつながっていました。

17_0505_09.jpg


渡った先には,神社がありました。

願い事を石に書いて奉納するスタイルです。

神社仏閣をばかにするつもりはさらさらありませんが,こんなことで願いが叶うはずがありません。

努力してコソです。

でも,まあ,自分に対する決意表明としては意味があるでしょう。





こうしてつながる島はもう一つあります。

17_0505_10.jpg


こういう移動の面白さも,この島の魅力ですね。

こちらは,アートな庭がありました。

17_0505_11.jpg





この島も,波打ち際に下りられるところがありました。

そして,ここもみごとな地層と,浸食の後が見られました。

17_0505_12.jpg



標高の高い島だと浸食された崖も大きくなってしまいます。

でもこの島は,全体の標高が低く,崖も低いのでかんたんに下りられます。

いろんなおもしろみが詰まっていて,遊ぶにはもってこいです。



次回は,島の北側を紹介。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply