春の日の花と散る (1)



日曜日は,SHOROs ライドだった。

shiga さん,お久しぶり!

17_0430_01.jpg


matz さんの主催。

100km の行程で,木之元のパン屋さんまで行く。



そのパン屋さんの名前には,うっすらと記憶があった。

少々ひっかかりのある記憶だ。




池田山の麓にある道の駅から出発。

いきなりのアップダウンが脚に来る。

17_0430_02.jpg


さわやかな緑が輝く茶畑。

脚が重すぎる。

と思ったら,リアのブレーキを引きずっていた。

道理で重いはずだ。

クイックの締め方次第でリアのパッドが当たることがある。

簡易スタンド用のアタッチメントがクイックに入れてるあるせいかな。




しばらく走ると,またブレーキを引きずっている。

もう,いやになる。

停車してチェックすると,こんどは当たっていなかった。

斜度がキツイので,本当に脚が重いだけだった。




揖斐川沿いのすてきな道。

17_0430_03.jpg


車が来ない。

深い緑の川。

日陰には大好きな苔。

(そんなつもりはないのに,いつの間にかぼくは 「苔好き」 ということになっている)

ときおり,お日様の粉をまぶしたかのようにヤマブキの花。




春の山ほどきれいなものはないと思う。

17_0430_04.jpg


木の一本一本がさりげなく個性を主張する。

それでいて,全体にまとまって春の山を表現している。

SHOROs のように,気の置けない個性的な仲間たちと同じ。




ちょっと困るのは,matz さん,ひろさんが先頭にいると,強度が上がることだ。

ぼくにとっては,サイクリング強度ではなく,明らかにトレーニング強度。

ま,それも楽しい。

あ,苦しいけど。




目的地のパン屋さん。

17_0430_05.jpg

木の本宿の一角,このパン屋さんだけが異常に賑わっている。



matz さんにさりげなく,このパンを勧められる。

17_0430_06.jpg


丁重にお断りした。

中身に何が入っているのか知っているからだ。




ああ,「サラダ」 と名乗ってタクアンをその身に宿すとは。

知らずに食べていたらどうしてくれる。




隣でこのパンを食べている こーさんが,めずらしく毒を吐く。

「またここへ来たとしても,二度目は食べないね」

「うちにお土産として持ち帰ったら,がっかりされるね」

心の中で拍手したことは内緒にしておこう。



しかし,それは所詮個人の好みの話。

ものすごい量のこのパンを買い込んでいる人がいる。

パイクのグループ,自転車のグループ,家族連れと,ひっきりなしに人がこの店に吸いこまれていく。

熱狂的なファンがいることはたしかのようだ。





次なる目的地は,びわこ食堂。

なんでも,とりやさい鍋,という名物があるそうだ。

この季節に鍋?




出てきてびっくりだった。

最近はやりの言葉で言えば,インスタ受けするというヤツか。

17_0430_08.jpg


どうやって食べるのか,システムがわからない。

店員さんの解説もない。

「とり」 はどこにいるのか。

野菜を取って食べるから,「とり」野菜?

そんなバカな!

そう言えば,メニューには,「鳥野菜」 ではなく,「とりやさい」 と平仮名だったぞ!





では,続きを連続写真でどうぞ。

17_0430_09.jpg

17_0430_10.jpg

17_0430_11.jpg


大盛りの白菜の下には,ちゃんと鶏肉が入っておりました。

ピリ辛の味噌味も美味しゅうございました。






お腹を満たし,帰り道。

平坦路とは言え,強度は下がらない。

いつものように,すーっと ペロさんが前に入ってくれる。

17_0430_13.jpg


いつもありがとう。




でも,風よけになってくれるとは言え,強度は下がらない。

「風はオレが受けてやる」 という優しさなのか,

「オレに着いてこい,千切れるなよ」 という鬼なのか。

かなりキツかった。

必ず信号が青になるのがうらめしい。

ま,それも楽しい。

あ,苦しいけど。





最後の峠を越えて,池田温泉へ。

フウ。

着いた。

疲れた。

100km 走るときは,もう少し低めの強度がいいね。






え?

何?



KTM さんが,後ろの池田山を指さしている。

その顔には満面の笑みが浮かんでいる。



今から?

登るの?

たった今,100km 走り終えたところなんですけど。

しかも,「あの」 池田山ですよ。








── つづく









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

KOU  

リキさん、こんばんは。
とっても良い景色で気持ちのいいライドでしたね^ ^
やっぱり皆さん速いですね!
引き離されて一人フラフラ走っていても必ず皆さんが待っていてくれて前も牽いてもらって…もうちょっと走れるようにならないといけませんね(^^;)
しかしあれからおかわりで池田山に行くなんて❗️
最初は冗談だと思ってましたが…
恐るべし((((;゚Д゚)))))))

2017/05/02 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   

こー  

ちょっと待って下さい!毒だなんて!
「次回は他のも食べてみよう♪」
「たくさんは持ち帰れなくて、がっかりさせちゃうね♪」…という意味ですw

でも、つるやさんではパン1個で正解でしたね。その後の鍋がぁぁ(^o^)/

2017/05/02 (Tue) 05:44 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは(^^)

たしかにmatzさんが牽くと強度高いですよね(ㆀ˘・з・˘) 僕も止まりたい箇所がいくつかあったのに。僕は力尽きましたがリキさんはブレーキで負荷をかけるわ、この後もお元気でしたし、強度不足だったようですね(笑)

2017/05/02 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん,こんばんは。

楽しかったですね~。
それぞれのペースで楽しめるのも,こうしたライドのいいところですよね。

池田山は……,後悔しました(笑)

2017/05/02 (Tue) 22:32 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こー様

こーさん,こんばんは。

スミマセン!
そうですよね。こーさんがそんなこと言うはずないですよね。
耳まで遠くなってきて,完全なる聞き違いです!
失礼しました~♪

2017/05/02 (Tue) 22:34 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは。

いやいや,matz さんだけのせいではない。
matz さんの影にひろさんあり。
じつは,ひろさんが…。
いや,何でもありません。
強度は,十分すぎるほどだったのに,池田山のオプション選択をしたことに激しく後悔しました。

2017/05/02 (Tue) 22:36 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

え? ちょっと待ってください!

「matz さん,ひろさんが先頭にいると,強度が上がることだ。」
「いやいや,matz さんだけのせいではない。」 ・・・だなんて!

もしかすると勘違いする方がいらっしゃるかもしれないので
以下のように正しくお願いしますよw

matz さん,ひろさんが先頭にいると,強度が上がることだ。」
「いやいや,matz さんだけのせいではない。」・・・と!(笑)

2017/05/04 (Thu) 23:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

matz さん,こんばんは。

スミマセン。
誤解を生むような記述ばかりで。
そう,ひろさんが全部いけないんですよね(笑)
幸いなことに,このコメントはひろさんが見ていないと思いますので,そういうことにしましょ!

2017/05/05 (Fri) 22:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply