Loading…

京都の山を走る (2)

Posted by リキ on 22.2017 お出かけ   8 comments   0 trackback


さて,一行は六丁峠を下ります。

東からの登りは,直登に近いようにぐいぐい登ってきましたが,ピークから西への下りは,うねうねと九十九折りで下っていきます。



下りの途中でちらりとガーミンをのぞくと,

マイナス15%!?



今回は,行きと帰りがまったく同じ道の往復ルート。

つまり,帰り道,この峠を登り返すときには,15%の坂を登ってくるわけね。

ひょっとしたら,帰り道の方がつらいかも。

いや,疲れているだけに,絶対にこれは大変だ。

もし暗くなったら,絶望的に大変なルートになりますね。




誰? こんなルート引いたの!


一同,橋の上で,「どうする? どうする?」と,途方に暮れるの図。

17_0319_01.jpg




帰り道ばかりを心配している場合ではありません。

目の前には,神明峠が立ちはだかります。

17_0319_02.jpg


こんどは,10km あまりの登りです。

思い思いのペースで登り始めます。



けっこう登ってきましたよ。

この線路は,山陰本線ですね。

17_0319_03.jpg



どんどん登ります。

ほとんど音のない山道。

ときおりカコンと響くギアの音。

17_0319_04.jpg




まだまだ登ります。

ダンシングのリズムにあわせて鳴くタイヤの摩擦音。

荒くなっていく呼吸音。

17_0319_05.jpg



山間の集落が見えてくると,なぜかホッとします。

ゆずの里 水尾 と書いてある横に,

「京都市右京区」!

京都市の右京区は広いんですねえ。

こんな感じのところですよ。

17_0320_00.jpg






山の斜面は,一面柚,柚,柚。

収穫されずにあった,しぼんだ柚の実。

柚の畑の周りに植えられた梅の木。



こんな山の中なのに,宿泊施設もあるようです。

17_0320_01.jpg


こんな山里に泊まって,柚風呂をいただいて,ゆっくりするのも楽しそうです。



以前は茅葺き屋根が並んでいたであろう集落。

いい感じの山里でした。

17_0320_02.jpg





集落を抜けて,また山道に戻ります。

あっという間にダンナを置き去りにしてしまった,リサさんを追います。

登れども登れども,その後ろ姿見えず。



でも,こうして息を切らして登っていくのはきらいではありません。

頭の中がスッキリしてくるんです。

自分が透き通っていく感じです。





ところで,この峠,途中で 神明峠 という看板が出ていたのですが,どう見てもピークではありません。

17_0320_07.jpg


この先もまだ坂が続いています。


これが,どこまで行っても,なかなかピークが見えないんです。

一同口をそろえて,あの看板,ピークにおいてほしいよねと文句を言っていました。






さらに上り詰めて,少し下り,越畑・樒原地区の棚田に出ました。

ただ,高台から望めなかったので,棚田らしい風景は見られませんでした。








そして,ようやく目的地の日吉ダムが近づいてきました。

17_0320_04.jpg


久しぶりの平坦路に,ホッとします。



待ち合わせ場所は,「道の駅 スプリングスひよし」 です。

レストランでは春の特別メニューとして,春のバイキングをやっているとのこと。




いたいた!

背中に 丸臨。

17_0320_05.jpg


臨時漕会のメンバーです。



主催者のディーさん,バスク輪さん,はじめてお目にかかる,おんちさんと,みやもーさん。

ディーさんは,発熱体調不良で不参加との話でしたが,ここまで 130km あまりを元気に走ってきていました。




しかし,往復で 300km を走るというのに,その目的がペッキーとは……。




ともあれ,総勢十人でレストランの広い一室を占拠し,バイキングです。

17_0320_06.jpg

1回目は,やや控えめに。

2回目,3回目……。

行くたびに新しいものが出ているので楽しいです。


そしてもちろん,デザートの甘い物も。

みんな,しっかりカロリーを消費していますから,どんどん食べます。

自転車乗りは,よく食べる!




しかし,そんなに食べて,帰り道は大丈夫なのか!?




── つづく








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

ご存知かもしれませんが、日吉まで下る手前、越畑というところに、
「フレンドパークまつばら」という、美味しい蕎麦のお店があります。
季節の果物とかも売ってます。
機会がありましたら、ぜひ。
2017.03.22 22:11 | URL | きっち #wLpetrSQ [edit]
 リキさん、こんにちは。
柚子湯、いいですね~!
峠で酷使した筋肉に効きそうです。
2017.03.23 10:07 | URL | カンパチ #- [edit]
きっちさん,こんばんは。

「フレンドパークまつばら」,まったく知りませんでした。
知らずに通り過ぎたみたいです。

次の機会には,ぜひ!
って,次の機会,あるかな~(笑)
2017.03.23 18:44 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんばんは。

疲れた身体に温泉,なんてすてきな!
と思いますよね。
そんなライド,してみたいです。
2017.03.23 18:45 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
リキさんおはようございます!

前々日まで38℃の熱が前日にひいたので急遽参加しました。
楽しそうなのが我慢できなかった(笑)

以前実現できなかった東西ジソートーソンなんかも楽しそうですね♪
住友さんに企画してもらわないと\(^o^)/
2017.03.24 08:58 | URL | ディー #klcj.0UQ [edit]
リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞ チッス

「誰? こんなルート引いたの!」←実は dさんなんです(嘘w)

今回は試走に行く時間が取れずにルート作成は多く方々のブログ記事を参考にストリートビューで確認しながら引きましたので···

六丁峠を越えてからのつづれ折れのダウンヒルが存在することは承知しておりましたがw~しかしまさかあの斜度とはwww

神明峠もあの看板からもあと2km以上続くことも承知しておりましたがw~しかしまさかあの斜度で続くとはwww

あのルートを走られたことのあるビワサイメンバーの方々にもお伺いして「頑張らずにハアハア言わないペースで登れば大丈夫!」とアドバイスを貰いましたが~ハアハア言わないペースって何?
ハアハアどころか終始ヒィヒィと鳴いておりましたが何か?(よくよく考えるとアドバイスを頂いた方々はアカン人ばかりでした···涙)

あらためて、初見のルートの怖さを知りました~本当にライド前の下見試走は大切!まさに『百聞は一見に如かず』以後肝に銘じます···m(_ _)m


PS*きっちさんがご紹介されていた美味しいお蕎麦屋さんの話はライド中に皆さんに何度かさせて頂き、お店の横を通った時も「ここです!」と声とジェスチャーで合図しましたがw···その時ちょうどリキさんはモーツァルトタイム中だったに違いない?( ゚ω^ )b(笑)
2017.03.24 09:30 | URL | メタボびと #J2E4.bgw [edit]
ディーさん,こんにちは!

前々日まで38℃の熱!?
でも,「楽しそうなのが我慢できなかった」っていうの,いいですね。
そういうの好きです(笑)
ぜひ,東西ジソートーソン実現した…

ちょっとコワイ\(^o^)/
2017.03.24 11:51 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
メタさんもお疲れ様です!

いえいえ,下見や試走をしろという訳ではありませんから。肝に銘じなくていいですよ。
ぶっつけ本番,「ええ~?」もおもしろいです!
今回も最高でした。

しかし,「ハアハア言わないペース」って…。
やっぱり,アカン人に聞いたときはその分を差し引いて考えないとね(笑)
2017.03.24 11:56 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/771-848152e3

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム