迎え酒



一昨日,ご褒美が届きました。

17_0218_02.jpg


年末にエントリーした,RAPHA の FESTIVE 500。

その完走証である,ワッペンです。



すでに,FESTIVE 500 が3枚,Rising が3枚。

たまってきたこのワッペン,何かに使いたいのですが,何につけたらいいのか,なかなかいい案が浮かびません。







話変わって,先週,インフルエンザ空けにリハビリに行ったときの話です。



インフルエンザのせいで,体のあちこちに筋肉痛が出た話をすると,

「それはね,弱っているところに出やすいんですよ」

と教えてくれました。



そういえば,キツかったのは,太ももとハム。

そして,首回りでした。



心当たりがある部分です。

なるほどね。



首の方は,まだまだ直っていないということ。

脚の方は,まだまだ鍛え方が足りないということ。




そして,すごい言葉を聞きました。

「迎え酒!」



まったくお酒の飲めないぼくが,

「迎え酒ですよ」

とリハビリの先生に指示されました。



インフルの影響で,食欲も出てこなかったし,体も痛いということで,トレーニングがなかなか再開できなかったことを話したあとの 「指示」 です。

「ある程度症状が治まったら,多少筋肉痛が残っていても,トレーニングに入ればよかったのに」 というのです。

「そうした方が,ずっと早くに体の調子が上向きになったはずだったのに」 とも。



なるほど,そういう意味での 「迎え酒」 ね。





無理をしてトレーニング再開をあせらない方がいい,

と考えていたのですが,

無理せずに(笑)トレーニング再開した方が体調が上向く,

ということなんですね。



自転車に乗るのは,もはや,生活の一部。

いや,自分の体の一部。


かくことのできないものだということです。


「体を動かした方が,かえって調子がいい」 ── ということを実感することもけっこうありますからね。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

まっちゃん  

タイトル

リキさんこんにちは。

トレーニングをしなくてもどうせ身体の筋肉は使っているのだから、鍛えた筋肉を使ったほうが元気なときのように全体のバランスが早く良くなるということでしょうかネ。

ちなみに私は自転車に乗ることを妻にトレーニングでなく以前は訓練、今は修錬と言われています。

2017/02/18 (Sat) 16:54 | EDIT | REPLY |   

リキ  

まっちゃん様

まっちゃんさん,こんにちは。

「訓練」「修練」 ── なるほどですね。
「修練」あたりが,ぽくにもピッタリきます。
ローラーは,体を鍛えているようで,じつは精神面も鍛えられている気がします。

2017/02/19 (Sun) 18:53 | EDIT | REPLY |   

KOU  

リキさん、こんばんは。
リキさんがお酒ネタ⁉︎って見てみたらそういう事だったのですね(^^;
痛い時にやるか…そういえば学生時代、部活やってた時は身体が慣れるまで毎日痛くても続けていくうちにレベルアップしましたね。
今は…ケガしないように慎重にしないとね(^^;

2017/02/19 (Sun) 23:14 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

くまなく使いませんか?

 リキさん、こんにちは。
確かに、乳酸がたまってるときは、運動して
血行を促進した方が、楽になりますね!
 その流れで、自転車乗らない時には、軽く
ジョギングして、全身の筋肉を使ってやるの
もイイと思います。
 特に、アスファルト路面は身体への反動
がキツイので、落ち葉や枯草や土の路面を
ゆっくり走るのは、最高ですね。
小鳥の囀りをBGMに、山の木々の香りが溶け
た新鮮で静謐な空気を吸い込みながら身体
を動かしてると、すごく充実しますね。

2017/02/20 (Mon) 11:54 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん,こんばんは。

そうそう,ケガやケア不足が一番よくないですね。
大切に維持していかないとね。

2017/02/20 (Mon) 21:44 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

いやあ,カンパチさんにそういわれると,その気になっちゃいますよ。
アブナイ,アブナイ。
「木々の香りがとけた新鮮で静謐な空気」 ── ぼくがころりと参りそうなフレーズをよくご存じで(笑)

2017/02/20 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply