早春賦



日曜は,朝ゆっくりして,9時半頃に走り始めました。

久しぶりの実走です。

インフルエンザでローラーもしていなかったので,少し脚が重いです。



ほんとうは,瀬戸から土岐や豊田方面の山へ行きたかったのですが,体力が十分でないことも考えて,ホームコースの小牧・犬山方面にしました。



風が冷たいです。



それでも,青空がきれい。

早咲きのウメが咲き始めているところもありました。

17_0212_01.jpg


立春を過ぎていますから,暦の上では春ですね。



「春は名のみの 風の寒さや」

と 『早春賦』 に歌われていますが,まさにそんな感じです。


そうそう,この 『早春賦』 という曲は,モーツァルト晩年の名作 ピアノ協奏曲第27番 の第3楽章の主題に酷似しているので有名です。

そして,もう1曲,これまたモーツァルト最晩年の名作歌曲 『春への憧れ』 も同じ主題を使っています。

『早春賦』 の作者がこのメロディーをちょっと拝借したのか,偶然の一致なのか知りませんが,いずれも,名曲であることにはちがいありません。

8分の6拍子の弾むようなメロディーが,春が訪れたことへのよろこびを感じさせます。

ウメが咲き始めて,春を感じさせる季節にはピッタリです。


と,めずらしく モーツァルトネタ の披露でした。




兒の森へ入ると,暖かい日差しでとけたのかパサパサと道に雪のかたまりが落ちてきます。

そういえば,きのうはけっこう雪が降っていましたからね。

17_0212_02.jpg



路面が濡れていると,特に山の中の道は風情があっていいんですよね。

17_0212_03.jpg


久しぶりに山を走ると,道がきれいです。

ごくふつうの道の曲線が,とてもきれいに感じます。

17_0212_04.jpg


この道のカーブって,こんなに美しい線を描いていたかなあと感心することしきり。

何度も立ち止まりました。

17_0212_05.jpg


ここはいつもがんばって踏んでいるので,気がつかなかったんでしょう。

夏になると葉が茂ってほとんど空が見えないこの道も,ところどころ青空が見えているのが新鮮です。

17_0212_06.jpg



ふだんの何気ない生活も,こうして視点を変えると,美しいことや,楽しいことや,幸せなことがいくつも見つかるものなのでしょうね。




犬山カンツリーをこえたところにある 光陽寺 というお寺にも行ってみました。小さなお寺ですが,ウメの木がきちんと手入れされていて,咲くときれいなんです。


残念ながら,少し時期が早いようです。

山の北側なので,咲くのも少し遅いのでしょう。

17_0212_07.jpg


それでも,紅梅のつぼみがもう少しでほころびそうです。


逆に,もう,ぼくの家の周辺では終わりかけているロウバイがまだまだ見頃でした。

17_0212_08.jpg


辺り一面に,独特の爽やかな香りを漂わせていました。

ロウバイの香りって,好きなんですよね。




春はもうすぐそこまで。

これからの季節は,山の早い春を見つけに行くのが楽しみです。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

きっち  

日本的音階?

ショパンにも、時々日本的なメロディがありますよね、
ノクターンの20番とか、雪の降る街よとか。
偶然なのだとしたら面白いですね。

2017/02/14 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

爛漫の曲率

 リキさん、こんにちは。
 これから、春の向っていい時期ですね。
道路の曲り具合まで、美しいと感じられる
意識が素晴らしいです。

蝋梅の香りの気団を通過すると、どこに
咲いているのかキョロキョロ探してしま
います。

2017/02/15 (Wed) 17:51 | EDIT | REPLY |   

リキ  

きっち様

きっちさん,ご無沙汰しております。

ショパンは,日本人好みですよね~。
似た旋律があるのは,聴いたメロディーがふとした拍子に出てくる,なんていうことかもしれませんね。

2017/02/15 (Wed) 21:26 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

「気団を通過する」 ── これ,わかります~。
夏に,小さな滝の前を通るときとか,強い香りを放つ花の近くなんか,ふわっとその中に入っていく感覚,たまりませんね。

2017/02/15 (Wed) 21:29 | EDIT | REPLY |   

いま  

タイトル

蝋梅の香りを嗅ぐと、春の訪れを感じますね。

関東に来てから、季節感が乏しくなりました。

2017/02/16 (Thu) 12:46 | EDIT | REPLY |   

まっちゃん  

違いはなに?

こんにちは、リキさん。
正月頃と今で同じ晴れなのに感じ取るものが違うのは何故?

私が勝手に思っているのが「空にむかっている草花の葉などに太陽の光が真横に近い方向か、真上に近い方向から当たるかで目に入ってくる景色の色合いが違うからじゃないか」
面倒くさいコメントで申し訳ありませんでした。

いよいよ自転車の季節がそこまで来ていますね!

2017/02/16 (Thu) 12:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

いま様

いまさん,こんばんは。

やっぱり,ロウバイ,いいですよね~。
あの,透明感ある花の色も好きなんです。
ただ,家のロウバイは,ヒヨドリがどんどんつぼみを食べてしまうので,困っています。

都会は季節感がうすいんでしょうか。
でも,きっと慣れたら,その場所なりの季節の移ろいが感じられるようになるんじゃないでしょうか。

2017/02/16 (Thu) 22:14 | EDIT | REPLY |   

リキ  

まっちゃん様

まっちゃんさん,こんばんは。

いやいや,めんどくさいなんて,とんでもない。
それはあると思いますよ。光の射し込む角度で地球の季節が変わっていくくらいですからね。
春の明るさを感じるような青空の日が増えてきました。

2017/02/16 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply