Loading…

干潟光彩

Posted by リキ on 07.2016 お出かけ   6 comments   0 trackback




真っ暗な道から,川沿いへ出て,いよいよ海辺へとむかいます。

すでに,何度も走っている道ですが,ドキドキしてきます。

空が少し白んできて,周りがうっすらと見え始めます。




海岸の道を少し走ると新舞子の海水浴場へ。






おお!

干潟ができています!



西側へ回り込むと,光る干潟が美しい姿を現しました。

16_1204_04.jpg



しかし,低い位置からは全貌がつかめません。

はやる気持ちを抑えて,ホテルシーショアの激坂を登ります。

坂を登っていくと,途中,ちらりと干潟が見えますが,激坂ゆえに集中して登らないと危険です。



はたして,上から見るその光景は?



崖の上の展望台のような所に着きました。

砂利の駐車場には,すでにたくさんのクルマ,そして,たくさんの三脚の上に一眼レフが並んでいます。

でも,はやくに出発したおかげで,まだ場所が空いていました。



そこから下を見下ろすと‥‥






16_1204_06.jpg


これが見たかったんです!



すばらしい。

言葉がありません。




漆黒の砂地に,夜明け前の空の光が,潮だまりを幻想的に浮かび上がらせます。









少しズームアップしてみると,一つ一つの潮だまりが見えてきます。

16_1204_07.jpg


三日月や,ひょうたんのようにも見えますが,曲線の塩梅がなかなかにセクシーです。



こんなにたくさんの人がいるというのに,静かです。

みんな,日の出を待っているようです。

ときおり,パシャッとシャッターの音がするだけの世界。




これで,水平線のすぐ上にある雲がなければ最高なのでしょう。

あの雲がなければ,朝焼けが鮮やかになり,もっとすばらしい色彩の饗宴が見られたはず。

しかし,そんな贅沢を言ってはいけません。



太陽が顔をのぞかせると,色合いが変わっていきます。

16_1204_08.jpg


近くに合宿できている高校生でしょうか。

潮だまりの間を縫って,干潟で遊んでいるようです。

人影が,光る潮だまりに味わいを添えてくれます。




実に美しい。







小豆島ライドが中止になってよかった,なんて言ったら,叱られそうですが,正直,そう思いました。

小豆島にはいつでも行けますが,この光景はいつでも見られるというものではありません。

小豆島に雨を降らせ,この時間帯だけ新舞子周辺を晴れにしてくれたお天気に感謝です。





ずっと動かないでいると,かなり寒くなってきました。


下からも,あらためて干潟を鑑賞しようと,降りることにしました。

こういうときは,自転車の機動力がものを言いますね。



振り返ると,こんな感じです。

16_1204_09.jpg


ずらりと並んだ,カメラ好きな人たち。

趣味の世界は朝が早い。






坂を下りていこうとすると,途中,思わぬ場所から干潟が別の姿を見せてくれました。

ホテルと駐車場をつなぐ橋の上。

16_1204_10.jpg


「オレだけのポイントだよ」 と言わんばかりのカメラマンが一人,三脚を構えていました。

「ちょっとおじゃまします」 と隣でシャッターを切らせてもらいました。




海辺へ降りても,思わず見とれる光景が広がっていました。

16_1204_12.jpg


角度を変えてみても,美しい。




逆光にたたずむ自転車乗りの姿までもが美しい。

16_1204_11.jpg







引き潮のピークを過ぎたらしく,潮だまりの切れ目から静かに,しかし滔々と潮がもどってきていました。

16_1204_13.jpg


見とれるほどきれいな波紋です。




まだ潮がもどってきていない砂地には,見事な模様が刻まれていました。

まるで砂丘の風紋のようです。

16_1204_14.jpg


ところどころに石があり,竜安寺の石庭を彷彿とさせるものがありました。








いやあ,まったくもって,感動の連続でした。



闇に浮かび上がる潮だまりの造形。

深く沈んだ砂地と優しく光る水面のコントラスト。

息を詰めて干潟の美を切り取ろうとする,カメラマンたちの表情。

昇ってきた太陽の燃えるような輝きと,それに応える潮だまり。

冷たい空気を介して,互いの感動を伝えようと行き交う言葉たち。

ひとつのドラマに幕を引くように,もどってくる潮と太陽の明るさ。






ドラマの余韻をもう少し味わっていたいところですが,身体の冷えから来る緊急事態には抗うすべもなく (笑)







── つづく







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

こんばんは(o^^o)

息をのむ景色…言葉が出てきませんね…

念願の景色に巡り会えましたね〜♪\(^o^)/

車で4時間が 何ともない…感覚が随分 おかしな方向に向かっているようでは?^_−☆

いつか まるちゃんで ご一緒しましょうね❣️\(^o^)/
2016.12.07 21:45 | URL | おばさん #.LARi0hY [edit]
おねえさん,こんばんは。

意外にはやく念願が叶いました。
つぎなる願望は,「まるちゃんで,おねえさんと食事」ですね!
楽しみです。

なお,感覚は普通です(笑)
2016.12.07 22:30 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
リキさん、こんばんは。

美しい景色ですネ。
日本の渚百選があるように干潟百選があったらきっと入るでしょう。

私なんか、素晴らしい景色と遭遇し写真を撮ってきても、そのときの感動が湧いてこないことが多いのですが、リキさんの写真は本当に凄い!

行ったことも見たこともないのですが、リキさんが感動したことが伝わってくる写真です。
2016.12.07 23:50 | URL | まっちゃん #xbzenzGE [edit]
 リキさん、おはようございます。
 干潟の曙、素晴らしいですね。
明けはじめの「青」と「藍」、大好きな色です。
この陰影、色彩、自然の驚異は、最高です。
2016.12.08 10:15 | URL | カンパチ #- [edit]
まっちゃんさん,こんばんは。

ありがとうございます。うれしいです。

百選ならぬ,十選くらいでも絶対入りますね。
まっちゃんも,是非チャンスをねらってみてください。
2016.12.08 21:33 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんばんは。

不思議なもので,肉眼はカメラではとらえる色合いがかなりちがうのですよ。
肉眼で見たときとはちがう感動が,パソコンの画面に出てきて驚きました。
一粒で二度おいしい状態です(笑)
2016.12.08 21:37 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/733-481a534f

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム