青春の光と影 (1)



日曜日,SHOROs 恒例ともなった matz さん主催の恵那ライドへ。

土岐から恵那にかけての山岳地帯を走り回り,美味いものを食べようというライドだ。



実はこのライド,「恵那を回って美味いものを食べる」 というコンセプトには似合わない厳しい面がある。

それは,matz さんの柔らかな物腰と優しい笑顔に隠された厳しさ。

matz さんの光と影 (笑)




その一つ目が,いきなり僕らを待ち受けている。

集合場所の 道の駅 志野・織部 は次月峠 (しづきとうげ) のピークにある。

つまり,どこへ向かうにもスタートは下りだ。

普通は,「楽でいいね」 と思うだろうが,決してそうではない。



恵那ライドは,日の当たらない北へと 7km も下る。

つまり,寒い。

最初の 4km は斜度も高く,速度が高くなるので,ほんとうに身体が凍える。

路面も決していい状態ではなく,油断ができない。

身体に力が入ってしまう。

こんなに厳しく始まるライドは,そうそう無いだろう。

斜度が緩くなったあたりから,もう,寒くてたまらないので,みんなガシガシとペダルを踏む。



そして,その高速巡航が終わったと思うと,そこからは,いきなり 4km の厳しい登りが待ち受けている。

上之郷への名もない峠の登りだが,平均斜度が 8%もある。

16_1106_01.jpg


ずっと日陰の道を登っていくが,少しずつ身体が暖まってくる。



それでも,日の当たるところへでるとホッとする。

16_1106_02.jpg




ピークからはまたガーッと下って,丸山ダムへ。

と思ったら,また厳しい登りが始まる。



こんどは,杉原千畝にちなんだ 「人道の丘」 への登りから始まり,潮見までの 30km におよぶ登りだ。

自転車乗りたちは,「非人道的な坂」 といってはばからない。




笑っちゃうような坂が僕らの前に立ちはだかる。

そして,カメラを構えるぼくが立ちはだかる。

仕方なくペロさん,こーさんの二人は恐ろしい斜度のインを攻める。

16_1106_03.jpg

がんばれ~!

16_1106_13.jpg

うん,こーさんの方がよりイン側を攻めたな (笑)


ここをしのげば,すぐ先に見える明るい光の待ち受けるゆるい斜面まで行けるよ!

といっても,そのゆるいところが 10%の斜度 (笑)





ようやくたどり着いた人道の丘。

ここは光にあふれている。

丘の上から,八百津の町がよく見える。


16_1106_04.jpg



しかし,このモニュメントにつけられた鐘は,影の音だ。

だれかが,一つ目の鐘を鳴らしたとたんに 「おお」 と驚いた。

ベルリオーズの幻想交響曲の第5楽章に登場する鐘と同じ音色。

音の高さこそ2度くらいちがうものの,あの魔女が踊り狂う場面や 「怒りの日」 のメロディーを連想すると,どうもこの場所にふさわしくないような気がする。



おそるおそるあと二つの音を確かめると,レファラと見事に短調の和音。

こんなところにも光と影。

杉原千畝のように,人道的な行いを進めていくには,多くの悲しみを目の当たりにするということか。





さて,ここから新旅足橋 (しんたびそこばし) までの登りもけっこうきつい。

心折れそうになる長い長い直線の登り。

16_1106_12.jpg


がんばって登っていたが,追いついた Nao さんに話しかけ,おしゃべりしながら登ることに。

ふと気づくと,みんなが固まってきて,ずいぶんとペースが落ちていた。



ゆったりと話しながら,橋のたもとに到着。

ふう。



一息ついていると,こーさんが,「きれいだね」 とつぶやく。

その指さす先には,

16_1106_14.jpg


天空の橋が虚空に描き出す光と影。




さあ,またここから,前半のピーク目指して,登ろう。





── つづく








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

matz  

タイトル

あのわずかな音でそこまで語れるなんて!

心に響きました~w

2016/11/07 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

陰影の仄かな温もり

 リキさん、こんにちは。
 晩秋に相応しい、甘さを削ぎ落とした雰囲気の
ライドですね。
ダウンヒルの風を切る音、かじかむ指先、やがて登り勾配
に入る鼓動の高まり・・・精神の集中と筋力の凝縮と放散
が繰り返されるコースに深みを与えている鐘のモニュメント
深い谷を抜ける秋風の音が聞こえてきそうです。

2016/11/08 (Tue) 11:55 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

こんばんは(^^)

さすがリキさんが記事にされるとドラマみたいないい話になるのですね〜。ヒイヒイ言ってた記憶しかない僕とは雲泥の差ですよ( ^ω^ )

2016/11/08 (Tue) 19:53 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

matz さん,こんばんは。

何度も言っているのに,ちゃんと音を聞いたのははじめてでした。
いきなり知っている音が鳴ったような気がしてドキッとしたんです。
気味の悪い音楽を連想してしまうおとなので,とまどいました。

それにしても,楽しいコースでしたね。厳しすぎますけど(笑)

2016/11/08 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

そうなんですよ。
楽しいライドなんですけど,空気感のせいか,気温のせいか,メンバーのせいか,
どことなくピリリとした緊張感があって,おもしろかったです。

2016/11/08 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは

いやいや,たんなる大げさ趣味です(笑)
ひろさんの,ヒィヒィの方がわかりやすくていいと思います。
誰も信じないけど(笑)

2016/11/08 (Tue) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply