森が好き,道が好き,走るのが好き



四谷千枚田をあとにして,迂回路を走ります。

イメージとしては,本来,長方形の一辺を行くはずのところ,それが通れなかったので,ほかの三辺を使って回り込む感じです。

その迂回路は,17km ほどですが,そのうち 14km が登りです。


そこを,チャップリンさんの容赦ない牽きで走ります。

(もう少し手加減してくれてもよかったのに)



しかし,山越えの後,東栄町までの下りはとても気持ちのいい道でした。

森の中の下り基調。

路面が荒れていたことをのぞけば,自転車で走るのには最高に気持ちのいい道でした。

そこを,チャップリンさんが,「これ以上速度が出るとちょっとコワイな」 という手前の絶妙な速度で牽いていきます。



絵になる道が続きましたが,片手を放すことが怖くて写真は撮れず。





東栄町まで抜けてきて,コンビニ休憩です。

やや遅れている後続を待ちます。



ここからは,蕎麦屋ヒルクライムの予定。

「 7km くらいかな」 とチャップリンさん。



お昼近くになっていたので,けっこう腹ぺこです。

この状態では登れません。

軽く補給を済ませます。





ところが,後続の方にトラブルが発生。

チェーン落ちと,チューブレスタイヤのパンクで,ずいぶん時間がかかってしまったようです。



予期せぬ迂回とトラブルで,時間が遅くなってしまい,予定していた蕎麦屋さんの 「茶禅一」 での昼食は難しくなってきました。

「売り切れ御免 即 店じまい」 ということだそうです。

そこで,サカガミさんオススメの店に変更。




しかし,店に行ってみると,

「本日満員,売り切れ」

とのことで,食べられず。



コンビニ休憩したとき,ケンさんが,

「コンビニ蕎麦でも食べますか」

と冗談を言っていたのが,俄然,現実味を帯びてきました。

以前,SHOROs でアワイチをしたときに,ランチ難民になったときのことが頭をかすめます。



ダメもとで,茶禅一に電話をかけてみると,何とかなりそうとのこと。

予約を入れて登ることにしました。

16_1010_09.jpg


これもいい道でした。

おそらく蕎麦を食べに行くであろうクルマと,蕎麦を食べてきたであろうクルマ以外はほとんど通りません。




しかし,クリートで固定できない脚は,負荷の高い登りに向きません。

ペダルの出っ張りを受け止める足裏が痛くなってきます。

脚が微妙にペダルからずれて,踏む力がきちんと推進力にならないような感じがします。

スニーカーのソールがしなって,無駄が出る感じがします。


やはり,ビンディングで固定できるということと,ソールのしっかりしたシューズの踏みやすさというのは,とても大きなアドバンテージだと思いました。




前を行く三人に千切られ,KOU さんと二人で登ります。

16_1010_10.jpg


いい感じの森の中をぬうように走る道は,一つ一つのカーブに表情があって,すてきなヒルクライムです。



しかし長いな。

たしか,7km とか言ってたけど,もう 8km以上登っている‥‥。

終わってみると,9km 以上登ってました \(^O^)/




40分近い時間をかけて登り,やっとの事で蕎麦屋さん到着。

ご褒美のいいながめもありました。

16_1010_11.jpg


一応予約が入れてあったものの,7人もの人数ですから

「今打っているおそばができたら,ご案内します」

「そのかわり,打ち立てをご用意できますので」

というわけで,けっこう待たされました。



これだけ待たされれば,そのおいしさも倍増するというものです。

16_1010_12.jpg


美味しい蕎麦をいただき,ゆっくりとおしゃべりを楽しんだあとは,多少の登りを含みますが,ほぼ下り基調。




そうそう,出発のとき,あるはずもない右足のクリートをはめようとして,ケンさんに見つかり,笑われました。

周りから,パチン,パチンとクリートをはめる音がする‥‥

うらやましかったです。






帰りにもいい道が用意されていました。

一番おもしろかったのは,飯田線と宇蓮川にはさまれた望月街道です。

川のむこうには 151号線が走っているのですが,あえて旧道を走ります。

16_1010_13.jpg



細い道ですが,趣があります。

特におもしろったのは,宇蓮川,別名 板敷川。

16_1010_14.jpg


川底を見ると,本当に板敷きのように平らになっているのです。

川底の色も独特で,周りの緑とのコントラストがおもしろいです。



幅2メートルくらいの崖下の道を通ります。

16_1010_15.jpg


おもしろい,おもしろい。

こんな楽しい道をよくぞ案内してくれました。





16_1010_16.jpg


このトンネルは,春に来ると向こう側の出口が桜色一色になっていて,それはそれは見事だそうです。




この川の独特な景観が続きます。

16_1010_17.jpg


やがて道は湯谷温泉の町を抜けていきます。





ちょっと茶店に立ち寄って五平餅で補給。

慣れ親しんだ東濃の五平餅とは少しちがいます。

大きなかたまりで,味噌と醤油の味が強めです。

16_1010_18.jpg



久しぶりに夕方の薄暗さを感じるライドになりました。

もう,夏が終わったことを感じます。




駐車場について空を見上げると,中層の雲の間から,高層の雲が見えていて,夕焼けの色が混じり,虹のように見えていました。

16_1010_19.jpg



いいライドでした。



行きの田口線の線路跡,帰りの望月街道。

東栄町への下り。

森の中を登っていく蕎麦屋ヒルクライム。



どれもいい道でした。

やはり,道の味わいを楽しめるライドはすてきだと感じます。

別の季節に,まったく同じコースをもう一度走ってみたいとさえ思いました。




「アイツはこんな道が好きそうだ」

と誘ってくれたチャップリンさんに感謝です。



いっしょに走ってくれた皆さん。

ありがとうございました。



またね。




写真はこちらにも。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

KOU  

リキさん、こんばんは。
ホント、素晴らしい道でしたね。
知らない場所を走るのは何もかも新鮮で楽しいですね^ ^
坂ではビンディング無しのリキさんに千切られる相変わらずの貧脚ぶりでしたが、登りきった後の景色はシンドさを忘れさせるご褒美ですね。
こんな楽しい(しんどい?)ライドに誘ってくださったチャップリンさん始め一緒に走っていただいた皆さんに感謝です。後輩も喜んでました。
今度は「やらかし」無しで坂を登りましょう!ついていけませんが…(T-T)

2016/10/14 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

リキさん、おはようございます!

思い返せば、待っている時間も楽しかったです。ご褒美(お蕎麦)を待っている時間が長ければ長いほど、美味しくなるってほんとうでした。

久しぶりにケンさんともご一緒できて大満足です。

またごいっしょしてくださいね!(*´▽`*)


DNSしちゃった友人は、まったく落ち込んでもなく(笑)来週のライドを楽しみにしてました。

2016/10/14 (Fri) 06:52 | EDIT | REPLY |   

Fosetta  

タイトル

リキさん、おはようございます。

凄く綺麗な写真ですね、実際に走ると気持ちいいんだろうな~と思いますが、同時にひと気が無さ過ぎて、ソロで走るには怖そうですね。

でも、シューズを忘れるなんて、リキさんのうっかりさん♪

2016/10/14 (Fri) 06:56 | EDIT | REPLY |   

のび~  

タイトル

リキさん こんにちは。
初心者の頃は怖がっていたビンディングも、今ではすっかり当たり前のモノになってますから、無い状態でのヒルクライムは辛いですね(>_<) 文章からもヒシヒシと伝わって来ました(((^^;)
それにしても良さそうな旧道ですね。知らない場所はメイン道を走ることが多いので、羨ましい限りです~(^^ゞ

2016/10/14 (Fri) 12:45 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん,こんばんは。

いい道でしたね~。
シューズがきちんとしていれば,言うことなしでしたが,それでも十分楽しめました。
また,走りましょう!

2016/10/14 (Fri) 17:13 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

本当にありがとうございました。
いい道を用意して下さって,感謝感謝です。

次回も楽しみにしていま~す!

2016/10/14 (Fri) 17:14 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Fosdtta 様

Fosetta さん,こんばんは。

いいところでしたよ~。
本当に気持ちがよかったです。
最近は,こんな道を一人で走るのにも慣れてしまったので,慎重さを失わないようにしないといけません。
気をつけます。

生来の粗忽者でして,うっかりとは縁が切れません(笑

2016/10/14 (Fri) 17:17 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん,こんばんは。

たしかに,ビンディングのシステムは大したものだと思いました。
大発明ですね。

道の良さは,やはり地元のローディーで走り込んでいる人に案内してもらうのが一番ですよね。
そんな人になりたいです。

2016/10/14 (Fri) 17:18 | EDIT | REPLY |   

まっちゃん  

タイトル

リキさん、こんばんは。

いや~、リキさんすばらしい!

過酷とも思えるライドに参加する、フラペでヒルクライム全コース走りきる力量はすごい。

私ならDNFですね。

2016/10/14 (Fri) 22:25 | EDIT | REPLY |   

リキ  

まっちゃん様

まっちゃんさん,こんばんは。

いや~,お恥ずかしい。
シューズまちがえた! と思った瞬間,DNS の言葉が浮かびました。
ものすごくテンションが下がって,「走りたくない」とさえ思いましたよ。
でも,仲間が用意してくれたコースですから,そんなわけにもいかず,気持ちを奮い立たせたという感じです。
もう同じ間違いは‥‥
いや,2回目がコワイ(笑)

2016/10/14 (Fri) 22:36 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

フラペで何より困るのは、下りでした。段差で足がペダルから浮いちゃって怖かったですw

リキさんのお気持ち痛切に分かります(^ ^)

2016/10/19 (Wed) 08:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モリゾー様

モリゾーさん,こんばんは。

そうそう,何か,不安がつきまとう感じなんですよね。
固定されている安心感は絶大です。
そして,あれで300kmを走りきるモリゾーさんの安定感もすごい!(笑)

2016/10/19 (Wed) 23:07 | EDIT | REPLY |   

つっちー  

タイトル

りきさん

 ご無沙汰しております。アワイチでは大変お世話になりました( ;∀;)。私の案内不足で、昼食遭難でしたね(T_T)。昼食プランは大事ですねホントに・・

2016/10/23 (Sun) 18:26 | EDIT | REPLY |   

リキ  

つっちー様

つっちーさん,こんばんは。

こちらこそ,ご無沙汰しております。
アワイチのランチ難民,思い出しますね~。
でも,あれはあれで楽しい思い出です。

2016/10/23 (Sun) 23:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply