運動とストレス



先週はとっても忙しくて,ローラーワークもできず,悶々としていました。

土日も仕事があったのですが,土曜日の早朝は,何としてでもと時間を作って朝練に行きました。

しかし,治療中の首の筋肉がピキピキに固まっていました。



ストレスのせいかもしれないと,リハビリに行ったときに療法士の先生に聞いてみました。



すると…



「そんなこともないですよ。ふだんから運動してる人はストレスには強いですね」



おお,ちょっと安心。



「忙しくても,ちょっとの時間を見つけて走りに行こうというタイプでしょ」

「ハイ,この前の土曜日もそういう感じで時間作って走りました」

「だったら,問題ないです。それはとてもいいことです」



おお,ほめられた。

リハビリに来て褒められることは,非常に少ない (笑)


「だいたい,忙しい,忙しいと言ってても,少しくらいの時間を見つけて何らかの運動することはできるはずなんですよ。そういう時間のマネージメントができる人は,仕事だってうまくこなしていけるはずだから,ストレスにもうまく対処できていると思いますよ」

「なるほど,そういうもんですか」

「そうですよ」

「そういうもんですよ。昔から本当に勉強のできるヤツって,けっこう遊んでたりして,余裕みたいな感じじゃなかったですか? すべての時間をつぎ込んでガツガツやっているヤツよりも,余裕のあるヤツの方がよくできる,みたいな感じです」






うーん,考えさせられます。



心の余裕,遊び,ゆとり,休養,そんなものをうまく取り入れていく方が効率よく進むことが多いのでしょうね。

16_0913_01.jpg




本当に忙しい時って,まさに 「心を亡くす」 という状態になりがちです。

そこに,ちょっとした余裕の時間を入れ込むだけで,心も体も,ふわっと開放されて,高い効率を取り戻すことが出来るのかもしれません。




結局のところ,トレーニングだってそういうものなのでしょう。

ギリギリのところまで追い込んで (ぼくはそこまでできませんが) ふわっと緩めて回復させる ── その繰り返しです。




今まで知らなかった,あるいは意識してこなかった,心と身体の関係を学ぶことは,とても楽しいです。


16_0913_02.jpg







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

カンパチ  

幼稚な喩ですが・・・

 リキさん、おはようございます。
 運動してるほうが、ストレス耐性が高いのですね。
そうか、獅子ヶ岳の登りがイケるんだから、こんな
仕事楽勝ゞと思う私も耐性が上がってるのカナ。
昔、過労で鬱になりかけましたwww!

2016/09/15 (Thu) 07:49 | EDIT | REPLY |   

のび~  

タイトル

リキさん こんにちは。
リハビリ通院をそれなりに楽しまれてますね。継続するのに良い理由になってる感じです(^.^)
50年60年と暮らしてたら、皆さんそれなりに厳しい状態を体験されて、1番苦しかったことが耐性の基準値になってる感じがします。私は40台前半が1番苦しかったなぁ。でも、そんな経験をしても、イヤなこと苦手なコトを先送りする癖はなかなかなおりませんです(((^^;)

2016/09/15 (Thu) 12:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

過労で鬱になりかけ…,身に覚えがあります(笑)
家内に言わせると,相当ヤバイ状態だったそうです。
その年の秋からロードバイクに乗り始めました。
救われた感じです。

2016/09/15 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん,こんばんは。

実は,リハビリが楽しいんです。
新しい知識を仕入れて,自分の身体のために投資している感じです。
いやなことを先送りするのは,人生の基本だと思っていましたが,ちがうんでしょうか?(笑)

2016/09/15 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   

うずしお  

わかります!ものすご〜くわかります!

こんばんは〜
まさにリキさんが書かれている通りのことが昨日ありました!

いつもの週1のトレーニング、
先週行き詰ってやる気をなくして今週はお休みにしたんです。
月2で教わっているヨガレッスンだけ受けたのですが、
レッスン後、ゆったり心地いい時間とともに
身体の変化を感じることができたのです。
それがトレーニングで行き詰っていた問題の解決にもつながる感覚で(*^^*)

いつも通り慌ただしくはしごしてたら感じられなかったかも?
一生懸命するばっかりがいいのではないな〜とつくづく思いました。

ものすごくタイムリーな記事で、共感できてうれしい気分♪♪♪

2016/09/16 (Fri) 01:29 | EDIT | REPLY |   

リキ  

うずしお様

うずしおさん,おはようございます。

そう言ってもらえるとうれしいです。
ときどき,焦りにも似てガツガツとやりたくなるときがあるんです。そういうときは,体との対話を忘れているんですね。
相手(身体)の言い分をよく聞いてお互いにうまくやっていく感じが理想ですが,そこまで自分の感覚が育っていないので,そこをつかみたいと思っています。

2016/09/16 (Fri) 07:49 | EDIT | REPLY |   

hamo  

タイトル

リキさん、こんばんは。

「運動してる人はストレスに強い」

なるほどですね^^;
そう言われてみれば、運動とかスポーツとかって思い通りにいかないことが多いので「そんなときもあるさ」的な受け流しが上手いのかもしれません。

以前、雨沢峠でお話した農家のおばあちゃんに「今の人間は頭ばっか使って体を動かさんもんでバランスを崩して鬱とかになる」と悟られたことがあります。根拠はないですが、人間は体を動かさないと何もしていないと脳が勘違いして無駄な焦燥や将来への不安を感じるのではないか?というのが私の持論です。

どんな忙しいときも余裕を持つ、余裕を作る、大事にしたいですね!

2016/09/17 (Sat) 00:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hamo 様

hamoさん,こんにちは。

雨沢のおばちゃんの言葉,至言ですね。
身体を動かしていると,自然と考え方や姿勢が前向きになっていくように思います。
自転車はバックができないので,ぴったりです(笑)

2016/09/19 (Mon) 13:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply