Rising チャレンジの記 2000m



これは,7月23日のことを記事にしたものです。



勝手に始めた Riki Rising も土日と2日を残すのみ。

2日で 3600m ほどを登らなければならない。



さて,どういう計画で行こうか。

とりあえず,土曜に 2000m のぼって,日曜に 1600m ほどを登るか。

1日で 3000m は絶対無理だ。



やはりこれしかない。



今までに 2000m を1日で登ったのは2回しかない。


計画は大まかに決めて走り出した。

国道 363 を中心に,下りて登るを繰り返すようなルートを計画した。

国道 363 は,尾根に近いところをずっと走る道だ。

ここから,多治見や土岐の町へはひたすら下る道が数本ある。

これを利用して,登ったり下ったりしながら標高を稼ぐ。

さらに,363 の南側は少し高くなっていて,これを越えて下ると小原へ出る道が,これまた何本かある。



イメージとしては,馬の背から左側へ下りてまた背にもどる,右側へ下りて,また背にもどる ── そんなイメージだ。

こうして,363 の北側へ下りたり登ったり,南側へ下りたり登ったりというコースを走ることにした。



とりあえず,定光寺から外之原林道へ。

16_0726_01.jpg

いきなり緑の中へ。

16_0726_02.jpg


諏訪町から古虎渓へ。

16_0726_03.jpg


ちょっと秘密の道っぽいところ。

16_0726_04.jpg




最初のうちは,順調に獲得標高が伸びていくのがうれしかった。

ところが,北側からの2回目の登り返しあたりから,なぜか獲得標高の伸びが鈍ってきた。

ガーミンのヤツが意地悪をしている。

16_0726_05.jpg


でも,ふと見上げると,すてきな道だったりする。

16_0726_06.jpg


もうしばらく,人の姿を見ていない。

16_0726_07.jpg




それでも,けっこう,イヤになってきた。

体がキツくなってきた証拠だ。



こういうときは初めての道がいい。

狛犬から小原トンネルに向けて登ってみた。

登るのは初めてだ。



とても新鮮で楽しい。

気持ちよくなってくると,獲得標高の伸びがいい。

おもしろいものだ。




トンネルを越えて下っていると,先週行った 山はげ の看板が別の場所に出ていた。

どうやら,ちがうルートで行けるようだ。


少し引き返して左折しようとすると,きれいなピンク色が目にとまった。

小さな池に,ヒツジグサ (スイレン) とハスの花が真っ盛り。

咲いたばかりで,ピンと張った花弁に勢いがあり,魅力的だ。

16_0726_08.jpg




バイクを草むらに投げ出して,しばしの休憩。

そうそう,一人で走るとついつい休憩時間が短くなってしまう。

水分は意識的にたくさん取ってはいるが,休憩が少ないのはアブナイ。

気をつけなきゃ。



しばらく走ると,先日通った道に合流した。

16_0726_09.jpg


山はげを通り,深い山の中に入る。



先日走ったときには,明るくすてきな森の中に思えたのだが,この日は昼近くにくもってきて,小さな雨粒が落ち始めた。

一気に周囲が暗くなり,その不気味さに鳥肌が立った。

昼間であることは分かっていても,一番山深いあたりで周囲が暗くなるというのは,コワイ。

幸いなことに雨が強くなることはなく,そのまま上がってくれてよかった。




田代の集落に入る手前で,また別のルートを試してみた。

こちらは,かなり路面に枝葉が落ちていて,荒れた感じ。

また,どんどん暗くなっていく。

ガサッという音にびっくりする。



やがて…。

16_0726_10.jpg

残念。



結局引き返して,田代の集落から 363 までもどった。

ここまでで,1700m ほど登った。


仕方ない。

一気に決着をつけるためには,三国しかない。

表三国をえっちらおっちら登る。

16_0726_11.jpg


これで,2000m。






何とか目標をクリアして,家に戻ると,孫たちが遊びに来ていた。

ふだんなら,少し昼寝をするところだが,孫たちがいるのでそういうわけにはいかない。

タカイタカイをせがまれ,大腿四頭筋には本日一番の負荷がかかる。



下の子はまだ1歳なので軽いものだが,上の子は4歳になったのでかなり重い。

それでも,「もう一回!」 と言われると断り切れない。



「じいちゃんは,もうダメだ~」

「ダメ。もう一回」

「ハア~」

なるべく手を抜いてゆっくり持ち上げ,許してもらった。




次の日,最終日は,1500m を登らなくてはいけない。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

まっちゃん  

タイトル

こんばんは!リキさん。

「山深いあたりで周囲が暗くなるというのは,コワイ。」
 非常に良く分かると共に自分だったら絶対引き返して、もっと明るくて開けた山道を探すだろうナと思いました。

小さい頃に、山で数匹の猿に遭遇し威嚇された時の恐怖が今でも忘れられなくてポッチでの山奥は怖いです。

2016/07/28 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

お名前  

タイトル

リキさんお早う御座います。山中一人ぼっちは本当に淋しく、怖いですよね。
私はランニングで山を登って居る時、猪に遭遇しない様犬の鳴き声しながら走っていて
下ってきたロードバイクに笑われましたよ。孫が寄って来てくれるのも今だけですから
頑張って高い高いしてください。

2016/07/29 (Fri) 07:43 | EDIT | REPLY |   

リキ  

まっちゃん様

まっちゃんさん、こんばんは。

猿に遭遇して威嚇される、それは怖い!
特に子どもの頃なら尚更ですね。

一人で山の中は、怖いんですけどやめられない何かがありまして(笑
そんな自分が怖い。

2016/07/29 (Fri) 21:20 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Re: タイトル

こんばんは。

犬の鳴き真似して走ってくる人と遭遇したら怖い(笑
でもある程度対策を考えておくことは大切ですよね。
鳴き真似してみようかな(笑

2016/07/29 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply