Riki Rising (3) 山はげ



次から次へと巻き起こるトラブルと仕事の嵐。

こつこつと獲得標高を稼いでいこうという計画が苦しくなってきました。

まあ,できることをするだけです。




ということで,18日,海の日のライドのことを書きます。


── ── ── ── ── ── ── ──


三連休三日目,気になっていた道を走ることにしました。



暑い日になりそうなので,朝の5時に出発。

まずは,矢田川沿いを走ります。

瀬戸方面へは,いつも南側の堤防を走るのですが,この日は,北側の道を走ってみました。



途中で,かわいらしい子を発見。

16_0719_01.jpg


ポニー先輩

朝日の中,優しい目でたたずんでいました。

かわいい。




戸越峠を登ります。

さすがに6時前の空気はすがすがしい。

16_0719_02.jpg



戸越峠を下って,石畳方面へ北上し,三箇町へ抜ける名もない峠を越えます。

ふだんは一人で走るのが怖くなるような薄暗くて陰気な道なのですが,この日は特別でした。



射し込むお日様の光が夢のような光景を創り出していました。


16_0719_03.jpg


虫にまとわりつかれながらも,このすてきな空間を独り占めです。



ここからは,前回コソ練で走った道をたどって小原まで。

で,この看板です。

通るたびにずっと気になっていたのは。

16_0719_04.jpg



「だるま寺」 ではなく 「山はげ」 の方です。

ネットで検索してみると,1日1組限定で予約を受けている天ぷら屋さんのようです。



どんなところにあって,どんな雰囲気の店なのか気になっていました。



ここから小原の山の中へ入っていくのですが,すっかり日が高くなってきて,すばらしい青空と,すばらしい暑さ!

16_0719_05.jpg





途中,だるま寺への分かれ道がありました。

時間の余裕があったので,ちょっと行ってみることに。


しかし,この決断を後悔することになります。



多少登っていくかも知れないことは覚悟していました。

それでも,「この先に本当にお寺なんかあるの?」 と言いたくなるような道。

16_0719_06.jpg


だからなのか,それを見透かしているかのように 「だまる寺」 の看板がときどき出てきます。


10%を超える坂を登り,10%を超える坂を下る。

その繰り返しでした。

いやになってくると,また 「ここで引き返さないで」 とばかりに 「だるま寺」 の看板が出てくるんです。



こんな山奥にあるんだから,さぞかし雰囲気のある古刹だろうと,期待は高まります。



到着。

水を補給させていただき,一礼して引き返しました。



え? どんなお寺だったかって?

それはもう,山門の下から見るとなかなかい雰囲気なんですが,

階段を上がって本堂を見ると…… \(^O^)/

失礼しました。

合格祈願に訪れる方もいるとか。





でも,乗り越えたアップダウンの一つには,こんな空がステキに見えるところもありました。

16_0719_07.jpg


ま,いいか。



気を取り直して,山はげに向かいます。



これまた手強いところでした。

えっちら,おっちら登ります。



途中,いくつもの分かれ道が有り,迷いそうでしたが,

「こっちの道の方がちょっと太い」 というような判断で進みます。

だから,不安が先に立ちます。



「山はげ」 の看板が出てくるとホッとします。



最後に通り過ぎた集落から,ずいぶん登ってきました。

どんどん山深くなり,道には杉の葉がたくさん落ちていて,車の轍が細くできています。

つまり,通る車がとても少ないと言うことですね。



本当にあるのか? と思うと,看板が出てきます。

16_0719_08.jpg


きちんとツボを押さえていますね。




それにしても,すごい山奥だ。

店どころか,人家さえもない…。

看板だけで店はずいぶん前に閉店,なんていうオチにならないだろうな。


16_0719_09.jpg




── つづく






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

まっちゃん  

タイトル

めっちゃ気になりますね! だるま寺の正体。

続きを書いていただけないような気がします。自分で確かめろツということでしょうか?

だるま寺に山はげの2つをチョイスするなんてマニアックですね。
薄々そうじゃないかナとは気づいていましたが・・・。

2016/07/20 (Wed) 22:23 | EDIT | REPLY |   

リキ  

まっちゃん様

まっちゃんさん,いつもコメントありがとうございます。

だるま寺さんのことは悪く言うつもりはぜんぜん有りません。
ただ,ぼくの趣味には合わなかったところもあるというだけのことです。
ハードなアップダウンの果てにたどり着くというすばらしいロケーションですので,行くだけでおもしろいのは間違いありません(笑

2016/07/21 (Thu) 15:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply