山の空気とペダリング



前回の記事 (削除しています) では,不快に感じられた方もおられると思います。

謹んでお詫び申し上げます。





さて,今日は,午前中の早い時間にもどってこなければならないので,久しぶりに朝の早い時間から走り出しました。

この時期ですから,6時前と言っても,日の光に早朝という感じはありませんが,それでも肌に触れる空気は爽やかでした。

時間が無いけれど,山の空気を吸おうと思い,一番近くにあってそれを味わえる 兒の森 (ちごのもり) に出かけました。



瀬戸方面に向かえば,もっとちゃんとした (笑) 山があるのですが,1時間ほどかかります。

兒の森だと40分ほどで着きますし,帰り道は下りになるので30分ほどで帰ってこられます。


小牧市から犬山市にかけての丘陵地帯にあり,周辺は車通りの少ない道も多いので,時間が無いときはこのあたりに練習に出かけることが多いです。



コースの入り口近い田んぼの中を走っていると,秋のような実りの色になっているところがありました。

近寄っても何かよくわかりません。

16_0514_02.jpg

レンゲのように,すき込んで栄養にするために植えられたものでしょうか。

そのむこうには,レンゲが一面に咲いていました。

その奥にある森の色と合わせて,見事に三色に別れた景色がおもしろかったです。



朝露に濡れる青い草もきれいでした。

朝の早い時間のご褒美ですね。(大して早くないですが)

16_0514_03.jpg




ここ 兒の森 は,1.5km ほどの短いヒルクライムコースですが,平均で8%,10%超えの部分もけっこうある,ややきつめの坂道です。

行き止まりになっているので,車はほとんど上ってきません。

16_0514_04.jpg



1本目。

木陰のコースに入ると空気感が変わります。

これが好きなんですよね。




がんばりました。

きつかった~。

16_0514_07.jpg


朝の7時前なのに,額から垂れてくる汗が目に入るほどの季節になりました。



写真を撮っている間に,少しずつ汗が引いていきます。

ハナミズキ。

16_0514_08.jpg


ありふれた草だけれど,大好きなハルジョオン。

16_0514_09.jpg

こんな優しいピンク色の花が咲く草ってなかなかないと思います。



1本目,ひょっとしたらベストタイムが出るかと思っていたのですが,遠く及ばず。

ベストタイムは,少し手前から走ってきて通過スタートしたときのものなのですが,その分を差し引いたとしても全然ダメなタイムでした。



最近,10%近い斜度の坂が苦手になってきているような気がしています。

そんなことも今日のコースにここを選んだ理由の一つですが,こうして数字が出ると,事実を突きつけられたような気がして,ちょっとショックです。




2本目は,これも課題の一つだった,スムーズなダンシング。

この練習に充てました。

途中,休憩のためにシッティングに移る以外は,ずっとダンシングで登ってみました。



無理に踏み込まず,できるだけ脚に負担がかからないダンシングを心がけました。

体重を乗せるときに,踏み込まないように気をつけると,一瞬ペダルが止まるような錯覚に陥りますが,そのままあせらず体重を自然に乗せると,筋肉への負担が少ないダンシングができました。

ケイデンスは,40以下でした。


ただし,斜度が緩くなったり,ギアが軽すぎたりすると,スカッとペダルが下りてしまい,かえってギクシャクしました。

斜度に合ったちょうどいいギアを選択することが大切なようです。



脚が楽だと,周囲がよく見えます。

途中,けっこうな長さのヘビがアスファルトの路面できれいにのびてひなたぼっこしていました。

目が合っても (笑) 逃げません。

バイクを止めて写真を撮ろうとしたら,するすると草むらに消えていきました。

ひなたぼっこの邪魔しちゃって,悪いことしました。




何かをつかんだような気持ちになれる練習は,楽しいです。

16_0514_11.jpg





3本目は,最近また意識するようになった 「膝上げペダリング」 です。

以前 sennmu さんに教わったもので,「引き足」 というより,「スッスッと膝を上げる意識でペダリングする」 というものです。

踏みすぎないような,効率的なペダリングをするための意識として,ぼくにとってはすごくわかりやすいものです。

長いライドで疲れてきたときなどに思い出して意識すると,急に脚が楽に回るようになります。


平たく言えば,いまだに踏みすぎていて効率の悪いペダリングをしているということです。

意識しないとできないわけですから。




これが,坂を登っているときにも有効であることがわかってきました。

負荷が高いと,「スッ」 とは膝が上がってきませんが,「踏みすぎ」 を防ぐ (= ハムや大臀筋を使う) のに有効だと感じています。


その証拠に,家に帰ってから確認すると,3本目はそれほどがんばった感じがしないのに,1本目と少ししかタイムが変わりませんでした。


つまり,1本目はかなりがんばって登ったつもりだったのに,効率が悪いので疲れただけ,ということになっているのですね。



ペダリングは奥が深いです。

努力に見合った成果が出ないとむなしいですよね。

ペダリングは,「筋肉のがんばり」 と 「走り」 の間に存在して,成果を左右するもののようです。





帰り道,レンゲがとってもきれいだったので,もう一度止まって,こんどは反対側から眺めてみました。

16_0514_12.jpg

このあたりの低山はすっかり早春の色がなくなり,初夏の色になっています。

近くで見ると,レンゲの花も終わる直前でした。





9時前に家までもどりましたが,太陽の光が強く感じられました。

そろそろ,日焼けに気を遣う季節になりましたね。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

KOU  

リキさん、こんにちは。
夏が近づいて来ましたね。
ペダリング、奥が深いですね。
相変わらず、坂が登れません…重いギアを踏むこともできず、軽いギアを回すこともできません。やっぱり反復練習して鍛えないとダメなんでしょうね…(^^;;

2016/05/15 (Sun) 16:40 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん,こんにちは。

もうすぐそこまで夏が来ていますね~。
坂道は,レベルの違いこそあれ,みんな苦しいんですよね。
それがわかってきました。
ぼくは,楽しむときと,トレーニングで走りを変えています。
まずは,山の楽しさを味わうことからですかね。

2016/05/15 (Sun) 16:45 | EDIT | REPLY |   

のび~  

タイトル

リキさん こんにちは。
ペダリングは基本2種類で高回転型か低回転型で、リキさんは高回転タイプですよね。自分のペダリングがどちらに属するのかよく分からなかったのですが、最近何となく低回転低トルク型?という寂しい結末になりそうな感じです。向かい風で進まない(>_<)

2016/05/15 (Sun) 17:51 | EDIT | REPLY |   

めう  

タイトル

ご無沙汰しております、めうでございます。昨日は住友さんの依頼とはいえ、ご協力?いただきありがとうございました。

ペダリング、難しいですよね。。わたしもなんとなく気づきがあったつもりでいたら、また元に戻ってたり、をずっと繰り返しています。。

またどこかで改めてご挨拶できる日を楽しみにしていますm(__)m


良くそこかしこで伺いますが、いつも写真が綺麗で感心します(^^)

2016/05/15 (Sun) 19:46 | EDIT | REPLY |   

sennmu  

タイトル

こんにちは
頑張っていますねv
ペダリングは技術と理論ですね
私も先日、峠で見かけた見知らぬ若い人に
余計な事と思いながら思わず指導をしてしまいました
やはり年寄りは一言多いものですかね。
私は「モーツァルトモード」の走りが出来るように心掛けております
・・・・難しいです・・・涙

2016/05/16 (Mon) 07:33 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

二色(ふたいろ)

 リキさん、おはようございます。
ハルジョオン、可愛いですよね。
ピンクの花と白の花と株によって
わかれてます。
隣り合っているのに、花色が違う
のが、不思議ですね。

2016/05/16 (Mon) 08:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/16 (Mon) 17:53 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん,こんばんは。

ぼくは,そんなに高回転型ではないと思っています。ぐるぐる回すとペダリングが乱れてしまうし,トルクフルな走りもできないので,「どっちつかず型」です。
今は,斜度の高いとこすでトルクフルな走りがしたいと思っているのですが,全然ダメ…。
ナニが自分に合っているのか,いまだに模索の旅です。

2016/05/16 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   

リキ  

めう様

めうさん,こんばんは。

鈴鹿でお目にかかって以来ですね。
いっしょに走る機会があるといいですね。
あのコスプレのイメージしかないので,ふつうのジャージ姿のめうさんも見てみたいです(笑)

2016/05/16 (Mon) 20:03 | EDIT | REPLY |   

リキ  

sennmu 様

sennmu さん,こんばんは。

sennmu さんにお目にかかれないかと,周回コースを少しうろつくことがあるのですが,なかなかその機会を得ることができません。
自分一人だと,どうしても独りよがりになってしまうので,sennmu さんに捕まえられて,指導を受けたいです!

2016/05/16 (Mon) 20:06 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ありがとうございます!

スミマセン。お返事書いてしまいます。
じつは,前回のコメントもすごくすごくうれしかったのです。
もちろん,今回のコメントもです!
よろしければ,気にされることなく,今後もコメントいただければ幸いです。
本当にありがとうございました。

2016/05/16 (Mon) 20:11 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

白いヒメジョオンも,集めて花束にするとすごくきれいなんですけど,やはり,ハルジョオンのピンクにはかないません。
可憐な女性は,いや,もとい,可憐な花は大好きです。

2016/05/16 (Mon) 20:13 | EDIT | REPLY |   

sennmu  

タイトル

おはようございます
最近は南の坂周回コースも多いのですが
天気で仕事の無い土曜日と祝祭日は走っておりますので見かけたら声をかけて下さいね
('ω')ノ

2016/05/17 (Tue) 08:43 | EDIT | REPLY |   

リキ  

sennmu 様

sennmu さん,こんばんは。

ありがとうございます!
しばらくはコースへ走りに出られませんが,大きな用事を済ませたら行きますので,
また,ご指導,よろしくお願いいたしまする!

2016/05/17 (Tue) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply