安全のために



伊吹山ヒルクライム,今年も安全に下ることができました。

一昨年は,すぐ前を下っていた方が急なブレーキングをして,まさかのジャックナイフ。

後輪が跳ね上がって落車されました。

その方のバイクの上にぼくの前輪が乗ってしまって,パンクとなりました。

速度がゆっくりだったので落車された方もぼくも無傷でしたが,ある程度の速度だったらと思うとぞっとします。





その後,2回落車を経験しているぼくは,最近,下りが本当に怖くてスピードが出せません。

今回の下山も,超ゆっくり下りました。

次々と抜かされていきます。



中には,恐ろしい速度で抜かしていく人もいて,あんな高速でこの長いダウンヒル,

大丈夫なんだろうかと心配になるくらいでした。

そして,その心配が現実になってしまったというか,かなり深刻な事故であろう落車を見ました。

落車された方が回復に向かっておられるとよいのですが…。




斜度の高い坂がずっと続いているわけですから,バイクはあっという間に高い速度に到達してしまいます。

それだけでも十分危険です。

下山を待つ列の中で,突然 「パーン!」 と大きな音でパンクが起こりました。

その音を聞いた周りの人たちは,一斉に空気圧を下げました。

シューッ,シューッ としばらくの間エアを抜く音が続きました。

みんな,笑いながら抜いていましたが,あのパンクがダウンヒルの途中だったらと思うと,背筋が寒くなります。

高い速度で下ることは,それだけでも大きな危険をはらんでいるわけです。




こういう下山の仕方自体にも,避けられない危険があります。

自分は安全に下っていても,すぐ前を走っている人が落車することもあります。

下山の時には,毎年落車している人を見るという話も聞きました。

たくさんの人が集団で下山するとなると,その流れに乗って,自分のスキル以上の速度で下ってしまうことがあるのかもしれません。

中には,コーナー侵入の手前で,「ブレーキ!」 と声出しをしている方もおられましたが,ごく少数です。




基本的なこととして,速度を抑えること,車間を空けることが重要でしょう。

ダウンヒルは爽快なので,爽快感と,安全意識をどのあたりで妥協させるかと言うことですね。

「減速」 「ブレーキ」 の声出しをみんなが心がければいいでしょうね。






なんとか落車をなくして,安全にヒルクライムを楽しむレースにしたいものです。






ヒルクライムとは関係ありませんが,

最近,コギコギさんがご自身のブログで 安全に関する記事 を連続して書かれています。


まだの方は,是非ご一読願えればと思います。

そして,いっしょに走られる方々と安全に関する知識とスキルを高めてもらえたらと思います。

未だ初心者のぼくがこんなことを言うのも口はばったい気がしますが,大切なことなので,あえて書かせてもらいました。



「危険を見つけるように走る」 ── 至言だと思います。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

コギコギ  

タイトル

落車や事故の中で大怪我を負うようなものの多くは
下りで発生したものなんですよね。
それは臨時漕会の落車や事故の事例からも明らかですし
私が見聞きしたものでもそうです。
下りのスピードはヘルメット以外、
体を守るものが無い私たちの命を奪うのに充分な破壊力を持っています。
プロなら下りの速さも必要なのかもしれません。
しかしホビーサイクリストの私たちにとって
下りで攻めた走りをするのは割に合わない。
天国から地獄へ落ちるのに時間は一瞬で事足りるのです。
ほんの一瞬で一生後悔するのか
最悪、命を失って後悔する事すら出来なくなるのか・・・
命あっての物種なんですよね。


2016/04/13 (Wed) 22:18 | EDIT | REPLY |   

hiro@臨時漕会  

ドクターヘリも出動する状況でしたが、大変残念なことに亡くなられたそうです
ヒルクライムレースは自転車競技の中でも唯一避けられない落車に巻き込まれるリスクがほぼゼロに近いものと言えると思います
しかしレース後の下りは自重し、ルールを守らなければ今後もこういったことが起こるかもしれません
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に今後同じような事がおこらないようにしなければいけません

2016/04/14 (Thu) 00:27 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

譲れないものに気づく時

 リキさん、おはようございます。
 下り坂の恐怖、身体の硬直する瞬間、私も
何度も経験して、以来、自分でコントロール
できない速度を出さないことに決めました。

 今の生活は、家族や勤務先はじめ様々な人
達との結び付きで支えられています。
私個人の浅い思慮で迷惑を掛けるわけにはい
きません。
これから、楽しい季節を迎えますが、素晴ら
しい思い出も「命あって」のことと肝に銘じ
て楽しみたいと思います。

2016/04/14 (Thu) 07:39 | EDIT | REPLY |   

リキ  

コギコギ様

コギコギさん,こんばんは。

こういう経験をするごとに,コギコギさんがこれまで訴えてきて,実践してきたことの大きさを思います。
そして,これからも,その理念と実践の重要性はなおいっそうクローズアップされるべきと思います。
お手伝いします。いや,自分のこととしてやっていきたいです。

2016/04/14 (Thu) 19:18 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hiro@臨時漕会様

hiro さん,こんばんは。

そうですか。亡くなられたんですか。
言葉がありません。

ブログで安全に関することを話題にする ── これで,亡くなった方を悼むことになればと思います。

2016/04/14 (Thu) 19:25 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

おっしゃるとおり,さまざまな人間関係に支えられて生きている自分です。
小さな存在ではありますが,勝手に死んでもいい存在でもありません。
自分を大切にしていきたいです。

2016/04/14 (Thu) 19:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply