初めて自転車で京都へ



お彼岸なので,柄にもなく墓参りに行くと,お寺の山門脇の大きな枝垂れ桜の木が咲き始めていました。

今年は桜にとって春の訪れが少し早いようです。



お墓を掃除しながらふと墓誌を読むと,自分が父親の死んだ年になっていることに気づきました。

そう言えばそうだったなと,あらためて思うにつれ,年月のたつ速さに驚きました。



父親には手に入れられなかった歳を取ってからの健康を,今のところぼくは得ています。

もう少し元気にペダルを踏み続けたいです。





さて,春分の日は,メタさんの主催するビワコサイクリングメンバーによるライドに参加してきました。

もともとは,ビワコサイクル紅一点の きむちぃ さんが 「女性メンバーといっしょに走りたい」 とのことで,のびこさんが手をあげ,さらにメタさんの奥さんも参加して…,という具合にまとまったライド計画だそうです。




ビワサイ朝練の集合場所としておなじみ,矢場帰帆島に集合です。

朝練を終えたメンバーが集合しており,にぎやかでした。

16_0320_01.jpg


ご挨拶させていただいたあとは,ビワサイメンバーに見送られて出発です。




少し南下して近江大橋を渡ります。

16_0320_02.jpg


大津京駅の裏から西に抜けていき,山越えです。

柳川沿いに登っていく道は,皇子山と呼ばれるヒルクライムコースのようです。

16_0320_03.jpg


ビワサイのクライマーと言えば Doggy さんです。

「Doggy さんなら○分で登る」,「Doggy さんならこの峠の名前を知っている」 などと何度も話に登場していました。


あっ! Doggy さんに昨年のお礼をキチンとしなくちゃ,と思いつつ忘れてしまいました! 

ごめんなさい!



さて,皇子山のヒルクライムはいいコースでした。

ビワサイの Daichi さんとKEN さんが牽いてくれたおかげで,いいペースで登れました。

16_0320_04.jpg


おかげで,「グルメポタ」 から伊吹山へ向けてのトレーニングとなりました。

しかし,お二人とも強度の高い朝練をこなした上でここを平然と登っていくのですからすごいです。




ここで驚いたのは,メタさんの奥様の強さ。

イニシャル d さんが到着したあと,わりとすぐに登ってこられました。

亭主置き去りヒルクライムですね。

「嫁トレ」 と称するヒルクライムトレーニングが効いているそうです。



このあと,乗り始めてまだ1年という きむちぃ さんが到着し,

のび~さん と メタさんにエスコートされたのびこさんが登ってきました。



さて,ここからは,どうしてこんなところにと思うような山の中の住宅街を抜け,京都まで下ります。



本格的な下りの前にサークル K で休憩。

おお,マル K の看板が茶色だ!

16_0320_08.jpg


あまりにも地味なので,コンビニに見えません。




自転車で初めて京都に入ります。

ちょっとした感慨があります。




北白川へ抜ける細い下りは,路面が荒れている上に,速度超過を防ぐあのだんだら模様があって,もうコワイコワイ。

前を走る イニシャル d さんがあっという間に見えなくなってしまいました。




下りきってホッとしていると,メタさんが

「ダウンヒルを楽しんでいただけましたか?」

とおっしゃいますが,

「トンデモナイ! ビビりまくりです」




Daichi さんはここでお別れです。

ありがとうございました。




下ったところからまっすぐ西へ向かうと,京大裏にあるキッチンに到着です。



キッチンごりら。

16_0320_05.jpg


店に人に

「自転車をできるだけ詰めて並べてください」

と言われました。

ローディーの来店が多いようです。





美味しゅうございました。

16_0320_06.jpg


ぼくはごく普通のロースカツを注文してしまったのですが,みんなの注文したものはなかなかユニークなものがあったので,そちらにすればよかったと,ちょっと後悔しました。




食事のあとは,白川通を北上し,高野川沿いに大原へ向かいます。

16_0320_07.jpg




市街地を抜けると,じわじわと登り基調です。

KEN さん,d さんと三人で先行させてもらいました。

ぼくにとってはいい感じの強度で,けっこうなトレーニングになります。


ぜんぜん,グルメボタじゃな~い!





── 後半へ続く







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

(KTM さん,イラストをバナーに使わせてもらいました)






関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

ドギー  

え?

ボクの話題がそんなところに?!
ただの山好きなおじさんですよ、クライマーだなんて恐れ多い(笑い
京都は意外に山間部が多く、通られた近くの百井、花背、芹生は三大峠と呼ばれる凶悪な峠なので次の機会にご賞味しては?
はじめはやさしめの花背がオススメです。

2016/03/21 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

「やらかい冬」、いいですね。

 リキさん、おはようございます。
 自転車で京都、風情があっていいですね。
滋賀~京都って古からの街道が沢山ありそ
うで、自転車で巡るスポットととしては、
穴場的存在ですね。

タイトルは、JRのポスターの文言を拝借し
ました。

2016/03/22 (Tue) 08:17 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

ドッキリをありがとうございました!

リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞチッス


日曜日には飛び込みでのサプライズ参加ありがとうございました!m(_ _)m


土曜日の夜にリキさんから連絡が入った時にはマジで驚きました~Σ(゚Д゚;≡;゚д゚ エッ、エッ、 ナンデシッテルノ~(笑)


でも、リキさんにこうして参加していただきブログ記事として取り上げていただくと、あら不思議?

いつもながらの私の稚拙なライド計画&ルートも何故かちょっといい感じのライドに思えちゃいます!(笑)

これが巷で噂の『モーツァルトマジック!』なのですね♪(≧∇≦)b サスガデス ~アリガトウゴザイマシタ !!


それでは、続編も楽しみにしております!( ゚ω^ )b ワクワク~


PS*皇子山ヒルクライムでは(ウチとは違いw)仲睦まじく息も乱さず登って行かれるのび~さん&のびこさんご夫婦の後ろを、なんとか千切れないようにハアハアとチョー荒い息遣いの変態オヤジがへばりついていただけで(涙)なんのサポートもしていないことをここに自白致します···\(T^T)/ヤクタタズデシタ~w

2016/03/22 (Tue) 21:28 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ドギー様

ドギーさん,こんばんは。

ハイ,坂を登るたびに登場するドギーさんの名前!
朝練では,ドギーさんがずっと40km/hで牽いたとかいう話題も出てました。
存在感がすごいですね。

「凶悪」な峠とはどんなものか,ちょっとのぞいてみたくなりますね(笑)

2016/03/22 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

滋賀,京都,奈良と,走ったら楽しいところがたくさんありそうです。
もう少し近ければいいですけどね。
三重からと,滋賀からと,両側から登って山の中で合流,なんていうプランも話題に出てましたよ!

2016/03/22 (Tue) 22:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

ホントにいいライドでしたね。
グルメあり,観光あり,峠あり…
とくに,峠に関しては,イニシャル D さんもおっしゃってましたが,「メタさんが引いたルートとは思えない」とね(笑)

ちなみに,メタさんの動向は偵察衛星で監視しておりますので,このライドの情報を得ました。カクシゴトハデキヌゾw

2016/03/22 (Tue) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply