小さな楽しい牡蠣ライド



JUN くんの作品展示会を十分に堪能したぼくらは,温かな余韻とともに,いつものライドコースへともどった。



今回のメンバーは10人もいるので,5人ずつに分かれて走った。



ぼくはセーテンさんが先頭で走るグループだ。

最後尾のコーレスさんからは,元気よく安全確認の声が響いてくる。

「クルマぁ」 「もう一台」

張りがあってよく通る声だ。



これこれ。

西播磨を走るときには,この雰囲気がないとね。

16_0317_01.jpg


最近は,ぼくの地元でもライド中の声出しはすっかり普通のことになった。

いいものは確実に広がっていく。





新舞子の海岸は,いつものようにおだやかな波音を響かせていた。

2月の終わりに開催された 「牡蠣ライド」 の折には,この海岸の潮が引いて干潟が現れていたという。

くやしい!

16_0317_02.jpg


ふと,おねえさんのお友だちの後ろ姿を見ると,どこかで見かけた 「だが断る」 ジャージ!

16_0317_03.jpg


雨が降るととってもおもしろいことになるそうだが,ここではその詳細は書けない (笑)




高台から海を見たあとは,一気に下って菜の花畑へ。

16_0317_04.jpg


JUN くんの絵を思わせるような,リッチな色合いの黄色だ。

伸びきった菜の花は終わりに近い感じだったが,背丈の低い方の畑はみずみずしい花が咲いていた。


こういうところでちょっと立ち止まってもらえるのがうれしい。

そう,ガンガン走るだけじゃ,もったいない。




続いて,播磨シーサイドロードを走り,室津へ入った。

味わい深い町並みには目もくれずに,牡蠣の試食へ (笑)

16_0317_05.jpg


「実は初めて」 というと驚かれた。

牡蠣の試食に並ぶ。

1軒あたり10分以上並んだだろうか。


並んでいる間にも,セーテンさんとコーレスさんがいろいろな話をしてくれて楽しませてもらった。

新聞記事になって一躍人気者になったという,コブダイ君も紹介してくれた。




それぞれの店で微妙に味がちがうのが,素人のぼくにもわかる。



すっきりとした甘みが感じられた店と,凝縮した濃い味の感じられた店が印象に残った。

16_0317_15.jpg


実は,焼き牡蠣はあまり好きでなかった。

でも,ここで試食したものは正直,美味かった。

ちょっとした敗北感だ (笑)



前回来たときには,ペーロン城の 「牡蠣巻き」 を美味いと思ってしまった。

「牡蠣はそれほど好きではない」 と公言してきたが,それがじわじわと 「美味い」 という言葉に浸食されつつある。





そんな,美味しくも楽しい時間を過ごしていると,あらら,時間がなくなってきた。


当初計画していた万葉岬も,坂越のスイーツもあきらめることになった。


ちょっと残念だが,JUN くんの作品展を見に行くという一大イベントを堪能したので,この日はこれで良し。




このあとは,道の駅 ペーロン城へ移動。

16_0317_06.jpg



ちょっとばかり特別な雰囲気の,道の駅。

16_0317_07.jpg


お昼は,ここで,牡蠣の入ったお好み焼き,通称カキオコ。



また牡蠣か…,とは思わなかった。

お好み焼きは,大好物の一つだからだ。



しかし,それほど期待していたわけでもなかった。

普通のお好み焼きで十分なのに,それに牡蠣を入れる必要はあるのかと思っていたからだ。



セーテンさんとコーレスさんが本隊よりも先に行って注文を済ませておくというサービスをしてくれたのに,そんなことを口に出すほど野暮ではない。



一人ずつカキオコのパックを手にして,船着き場に向かった。

16_0317_08.jpg


みんなで座り込んで食べた。



参った…。

玉子をたっぷり使って,粉っぽさが微塵もないカキオコは…

16_0317_09.jpg


美味かった。



それほど牡蠣は好きでなかったのに…

焼き牡蠣は美味い,

カキオコはさらに美味い,

もちろん,牡蠣巻きも…



かなり負けが込んできた。

これはマズいことになった。



「牡蠣はそれほど…」 と言ってきた手前,

ここへ来て 「やっぱり美味い」 と言いにくいではないか。




しかし,ここは素直になって言おう。

潔く負けを認めよう。




ここの牡蠣は美味い。



しかも,もうシーズン終わりの時期だから,最盛期の味とはちがうとの意見もあるくらいなのにだ。

う~ん…。








もちろん,シメはだるま珈琲。

16_0317_10.jpg


JUN くんの絵本を見ながら,ゆっくりと美味しいコーヒーをいただいた。



するとここでも,セーテンさんとコーレスさんが次なるサービスを繰り出してくれた!



坂越のスイーツを味わえなかったぼくとお姉さんたちのために,車で買ってきてくれるというのだ!



しかし,坂越はそれほど近いわけではない。

新幹線の時間もある。

おまけに人気店だけに混んでいるらしく,ちょっと間に合わないかと思われた。



次の機会に,とあきらめてだるま珈琲を後にした。



ところが!

なんと,ぼくが相生駅で自転車を輪行バッグに詰めていると,

「間に合った~!」 と二人が駆けてきてくれた。

手に,人気スイーツを持って!

16_0317_11.jpg


なんていい人たち!

ありがとう!

うれしい!





走行距離は 40km にも満たなかったけれど,今回も楽しいライドになった。

16_0317_12.jpg



いっしょに走ってくれた皆さん,ありがとう。

またね!

16_0317_13.jpg






写真はこちらにも。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ











関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

コギコギ  

タイトル

「牡蠣はそれほど・・・」の方が
西はりまの「一年牡蠣」を口にしたとたん
牡蠣が好きになる反応は
もしかしたら予定通りかもしれませんよ。

2016/03/17 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

リキさん、おはようございます!

JUNさんの絵も、リキさんの写真も、もちろん記事もやさしさにあふれてますね!(^_-)-☆

ちなみにワタクシ、牡蠣は大好物です!

2016/03/18 (Fri) 07:28 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

ジェットセッター

 リキさん、おはようございます。
 新幹線で輪行、しかも相生まで・・・
流石です。
播磨の牡蠣でハードルがだだ下がりになられ
たようなので、志摩の牡蠣も味見にきて下さ
いね。
 私は、「JUN君の個展」「ポニー先輩」
「コウノトリ」が見たいので、アチラ方面へ
行くことが多くなりそうです。

2016/03/18 (Fri) 07:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

コギコギ様

コギコギさん,こんばんは。

もはや,わたくしの記事内容は定番中の定番?(笑)
またしても,ヤラレタ!

2016/03/18 (Fri) 20:56 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは。

大好きなら,もう,行くしかない!
ワタクシ,もう案内できるほどですから(笑)

2016/03/18 (Fri) 20:57 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

わたしく,ジェットセッターに認定ですか(笑)
自家用ジェット,買おうかな~。
あ! 相生には空港がない!(笑)

2016/03/18 (Fri) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply