Loading…

輝ける人 ── JUN くんの個展を見に行く

Posted by リキ on 15.2016 お出かけ   16 comments   0 trackback


人にはそれぞれ 「その人が輝く場所」 というものがある。

それは,仕事とか,趣味とか,遊びとかいう区別とは関係のない 「場所」 だ。




よく,昔の古本屋には 「本は所を得て輝く」 なんていう貼り紙があったものだ。

その本を必要とする人の手元にあれば本は価値あるものとして存在できる。

確かな場所を得れば,本来持っている価値が輝く,というわけだ。



人もそうだ。

その人が輝ける場所が見つかれば,生き生きと活動を始める。







日曜日,すばらしい輝きを放ち始めた若者の作品展に行ってきた。



コギコギさんが偶然の出会いから知ることになった 絵かきや JUN くん

16_0313_01.jpg



その個展が,西播磨の定番コース,播磨シーサイドロードのすぐ近くで開かれることになった。

サイクリングのついでに,いや,個展を見に行くついでのサイクリング…,

コギコギさんが提案・計画した。






ふつうで言ったら,愛知に住んでいるぼくが,知らない若者の個展を見るのに,相生まで出かけていくことはない。

それでもぼくが行きたくなったのは,コギコギさんが呼びかけているから…,ということもあるが,それだけではない。

もっと大きな理由がある。




そこには輝ける若者の姿があるにちがいない,と直感したからだ。



人が生き生きと活動しているのを見るのは,幸せなことだ。

その躍動する様を見るのも好きだし,その結果生み出された 「もの」 を見るのも好きだ。

だから,兵庫まででも行きたいと思った。

おまけに,好きな仲間と自転車に乗れるのだから,こんなに楽しみなことはない。




家を6時前に出た。

新幹線での輪行。

少しは慣れたとはいえ,バイクをばらしたり,組んだりするはやはり面倒。

でも,このワクワク感にくらべたらなんと言うこともない。





開店前のだるま珈琲で着替えをさせてもらう。

16_0313_02.jpg


きびきびと開店の準備をするマスター。

マスターの輝く場所はこの店だ。



着替えをしつつ,マスターの動きをチラ見する (笑)

人の仕事ぶりを見るのがけっこう好きだ。

プロの仕事というのは,美しい。




準備を終えて,集合場所の相生駅前に向かう。

すでにたくさんの人が集まっていた。

16_0313_03.jpg


島根からお姉さんも来ていた。

初めてお目にかかる人が半分くらい。





5人ずつ,2つの班に分かれて出発。

たつの市にある御津文化センターを目指す。

16_0313_04.jpg



走り慣れたともいえる道を気持ちよく走っていると,あっという間に会場に到着。




会場前にはずらりとロードバイクが並んだ。

16_0313_05.jpg


明らかに,いっしょに来たメンバー以上の数だ。

コギコギさんの呼びかけに応じた人たちだろう。



なんでも,コギコギさんは 「呼びかけをしたもののみんな来てくれるだろうか」 とずいぶん気をもんでいたようだ。

杞憂だったね,コギコギさん。





個展が開かれている部屋はすぐにそれとわかるほどの賑わいだった。



たくさんの人が奏でる幸せな声と優しい色の光が,開かれたドアからふわりと流れ出てくる。


いい香りに誘われてレストランに入るかのように,すてきな温かさにつられて会場に入った。





JUN くんとコギコギさんが挨拶を交わしていた。


シルクハットをかぶって正装した JUN くんは,上気した顔で自己紹介していた。

コギコギさんが,何ともいえず可愛らしい口調で JUN くんに話しかける。




そのむこうにはたくさんの笑顔と,JUN くんの作品。




ぼくは,おもちゃ屋さんに連れて行ってもらった子どものようになってしまった。



JUN くんの作品,

ところどころに置かれたメッセージ,

それを見る人々の表情,

挨拶を交わす大人たち,

記念写真を撮る JUN くんなど,

見たいものがあふれていたからだ。

16_0313_12.jpg



軽い興奮状態から我に返って,やっとゆっくりと作品を見せてもらうことができた。





すばらしい作品の数々。

16_0313_06.jpg

色使いがいい。

優しさにあふれている。

愛されて育ったことが伝わってくる。




幼いころが忍ばれる,思わずほおがゆるむような展示。

さらりと書かれているけれど,重みのあるお母さんのメッセージ。

16_0313_10.jpg





ゆっくりと楽しませてもらった。

すてきな時間だった。

温かで,柔らかな空間だった。



それでいて,ひとつひとつの作品の持つ力も感じた。

一枚の絵に注がれた集中力,制作のための濃密な時間が一つ一つの作品の存在感につながっている。

16_0313_07.jpg




そして,ここに集まっているたくさんの人の持つ力も感じた。

JUN くんや,その作品展に寄せる思いがこの場所に集まり,高まり,笑顔に昇華する。

16_0313_11.jpg




まさに輝ける場所。





すべての人がそんな場所を持っているわけではない。

まだそういう場所に出会えていなかったり,出会っているのに気づいていなかったりする人も多いことだろう。



幸運を得てそういう場所に巡り会ったとしても,そこで光り輝くためには,努力や忍耐,そして多くの支えが必要であったりする。

輝ける場所を手に入れるためには,相応のエネルギーも必要とされるのだ。




それでも,そこが好きな場所であれば,人は,他人から見て驚異的ともいえる行動力や集中力を発揮する。



それが,「所を得て輝ける人」 なのだ。

16_0313_09.jpg




ここに集まっている人は,JUN くん本人も,彼を支える人たちも,見に来た人たちも,等しくそんな 「輝ける人」 ではないかと思った。


この展示室から流れ出ていたかぐわしき光は,それだったのだ。


ここに集まった人すべてに,

すてきな時間をありがとう。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ











関連記事
スポンサーサイト

こんばんは!
自分の気持ちを すべて代弁して頂き 感無量!
コギコギさんへのお礼の自転車の絵を見て 、改めて 雨が降ってサイクリングが中止になっても展示会には行きたいと思いました。
何か 力を貰えるような気がしたんです。 癒して貰えるような気がしたんです。
そして…温かい空間にドップリと浸かり 作品を何周回したやら…σ^_^;
行って良かった!
2016.03.15 22:48 | URL | おばさん #.LARi0hY [edit]
じゅん君の優しい絵画に
リキさんの優しい言葉
自分は行けてないですが
ホッコリさせて頂きましたm(_ _)m
2016.03.15 23:40 | URL | masterーD #/pdu0RA. [edit]
JUNくんに元気を頂いた一人です\(^^)/
私も輝ける様に…
そんな前向きな気持ちになれたと
想います!
自転車部屋には、私が一目惚れしてしまったJUNさんの作品を飾らせてもらってます。皆さんと同じ気持ちになれてHappy!♪
リキさん
またご一緒よろしくお願いします。
2016.03.16 03:53 | URL | ONI #/uyp0qAk [edit]
 リキさん、おはようございます。

 JUN君の個展、端正で力のある絵ばかりで
素晴らしいですね。
コギコギさんはじめ、皆さんの輝きを包む心も
すばらしい!
 私もいつか、JUN君の作品を個展でみたい、
もっと輝きの輪を広げたいと思います。
2016.03.16 07:20 | URL | カンパチ #- [edit]
リキさん、おはようございます!

こんなお話に弱いおじいちゃんがおりました!(T_T)
2016.03.16 07:30 | URL | チャップリン #- [edit]
作品展来てくれてありがとう。うれしいきもち。愛知県知ってます。ひつまぶし食べておいしかった。自転車のキーホルダーありがとう。うれしいです。自転車けがしないようにね。淳君26才カフェのマスターになりたいです。がんばります。
2016.03.16 09:16 | URL | 絵かきやJUN #s5RVRKAk [edit]
コギコギさんの記事を見て私も興味はあったのですが、いかんせん距離が・・・・

でも、行動してしまうリキさんを、凄いと思うと同時に見習って行かないとイカンと思いました。

JUN君の絵は、写真で見て感じるものがありますので、生で見たかったです。
2016.03.16 12:01 | URL | Fosetta #- [edit]
コギコギさんとの出会いから、こんなに沢山のロードバイク仲間の皆さんとの繋がりをいただいて何て言葉にすればいいのかわかりません…。
ただただ感謝で胸がいっぱいでうまく表現できません。
淳の事を一少年として取り上げて頂いて、本当に私達が皆さんに感じてほしいことがそのまま言葉になっていました…。
嬉しさの余りブログを読みながら涙が止まりませんでした。
人にはそれぞれ「その人が輝く場所」がある。
本当にそうですね。

リキさん ロードバイクの皆さん
本当に遠い所からありがとうございました。
皆さんの逞しい肉体にも魅せられてしまいました(笑)
私達もこれからロードバイクの方を見かけると、頑張れ~と心の中で応援しますね。
2016.03.16 18:14 | URL | ゆかいな仲間たち #- [edit]
おねえさん,こんばんは。

いい場所でしたね~。
行ってよかったです。ひさしぶりにお姉さんともいっしょに走れて楽しかったです。
おたがいに,行きたいと思った自分の直観をほめてやりたいですな(笑)
2016.03.16 19:59 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
マスター,こんばんは。

だるま珈琲とマスターの淹れるコーヒーにも,みんな同じことを感じていると思いますよ。
JUN くんの絵もマスターのコーヒーも「いい仕事」ですね。
2016.03.16 20:01 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ONI さん,こんばんは。

ご一緒できるかなと思いましたが,ちょっと残念。
「一目惚れ」,いいですね。
絵でも,女性でも(笑)
いっしょに走れなくても,そんな気持ちは,ONI さんといっしょに味わえたんですね。
2016.03.16 20:05 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんばんは。

あらためて,ロードバイク仲間というのはいいものだと思いました。
いっしょに走るだけでなく,こうしたことが共有できるのはカッコイイですよね。
2016.03.16 20:06 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
チャップリンさん,こんばんは。

どうぞ,泣いてくださいまし。
歳を取ると涙腺がゆるくなりますよね。
ま,他にもいろいろゆるくなりますけど(笑)
2016.03.16 20:08 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
絵かきやJUN くん,こんばんは。

コメントありがとう。
そして,すてきな作品展をありがとう!
カフェのマスターになったら,コーヒーを飲みに行くよ!
楽しみにしています!
2016.03.16 20:10 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
Fosetta さん,こんばんは。

自分でも,「行こう」と思ったことに驚いているくらいです(笑)
絵は,誰のものでもそうですけど,写真と実物では迫力がぜんぜん違いますね。
ローラーと実走くらい(笑)
2016.03.16 20:12 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
愉快な仲間たちのみなさん,ありがとうございました。

みなさんのおかげで,とてもすてきな時間を過ごすことができました。
そして,いまだにこうしてその余韻に浸っています。

これからも,微力ながら応援します。
機会があれば,次の作品展にも行きたいと思っています。
みなさんが健康で,「ゆかたな仲間たち」を続けて行かれますようにと願っております。
2016.03.16 20:29 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/625-7bbef82c

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム