Loading…

理想と憧れと ── アルゴンの話

Posted by リキ on 23.2016 ロードバイクの理科的考察   12 comments   0 trackback


自転車雑誌の表紙に載っていたロードバイク。

16_0223_00.jpg

ダウンチューブに大きく 「ARGON 18」 と書かれている。

おやおや,おもしろい名前のメーカーだと思った。




アルゴンと言えば,原子番号 18 の不活性ガスだ。

16_0223_06.jpg


どうして原子の名前なんかをメーカー名としたのかはわからないが,アルゴンを選んだのはおもしろい。



ほとんどの原子は,他の原子と結びついてこの世の中に存在している。


たとえば酸素なら,CO2(二酸化炭素)だったり,H2O(水)だったり,他の原子と結びついて,さまざまな物質を形成している。

しかし,酸素原子だけで存在することはない。

酸素原子2つで 「O2 (オーツ-)」 という形はとるが,酸素原子1つで存在することは絶対にない。

そのほかの原子だってそうだ。

水素,窒素,炭素,鉄,アルミニウム …,どれも,その原子1つでこの世に存在することはないのだ。




ところが,アルゴンの仲間だけは,原子1つでこの世に存在する。

それどころか,他の原子と結びつくことがない。

アルゴン原子同士でさえ結びつかない。

きわめてまれな独立孤高の存在である。



ゆえに,「希ガス」 と呼ばれる。

また,「貴ガス」(noble gas) とも呼ばれる。

noble = 高貴な存在なのだ。




他の原子は,その構造上,他の原子と結びつくことで安定するが,

アルゴンの仲間だけは,電子配列が理想型で,それひとつで完全に安定している。

だから,他者と結びつく必要がない。



他の原子は,アルゴンの仲間のような理想型と比べると,いくつか電子が足りなかったり,余っていたりする。

そこで,その過不足を他の原子と融通し合い,理想型に持ち込む。

アルゴンの仲間と同じ形になりたいがために,他の原子と結びつくのだ。



いつも,原子たちは理想型を求めている。

つまり,アルゴンの仲間は 「理想」 であり,「あこがれ」 なのだ。




独立,高貴,理想,あこがれ ── そんなイメージを,このメーカーも思い描いたのだろうか。

だとしたら,すばらしいセンスだと思う。



ちなみに,このメーカーのバイクには,そのほかにも原子の名前を冠したモデルがある。

ニトロジェン(窒素),ガリウム,クリプトン。

これは,クリプトン。

16_0223_01.jpg

クリプトンは貴ガスだ。






そういえば,リドレーというメーカーのバイクに 「ヘリウム」 というモデルがある。

16_0223_02.jpg

ヘリウムも,貴ガスだ。



このモデルは 「究極の軽量」 を謳っている。

ヘリウムは原子番号 2 のとても軽い原子だ。

風船に入れると,空高く登っていく。

さらに軽い原子番号 1 の水素を入れるという手もあるが,水素は少し危険なヤツだ。

だから,安全で軽量なヘリウムが風船にも使われる。




ぼくの友人も,このヘリウムというロードバイクに乗っている。

16_0223_07.jpg

「高貴」 で 「孤高の存在」 ともいえる人物だ。

そして,ヘリウムらしく 「軽い」。

もちろん,人間が軽いと言っているのではない。

ひょうひょうとして軽やかに生きているという意味である。

そしてこの人物は,そう,みんなの 「あこがれ」 だ。





これは,きっちさん からもらった分子模型ストラップ。

16_0223_04.jpg

水分子 (H2O) と,アンモニウムイオン。

原子同士ががっちりと組み合わさっている。



ところが,アルゴンの仲間 =希ガス は独立している。

16_0223_05.jpg

(紫がアルゴン,橙がヘリウム,桃がネオン)

1個の原子なので,ただの球だ。

分子模型としてはつまらない (笑)

しかし,これこそが 「理想」 であり,「あこがれ」 なのだ。





きっちさんが,「リキさん,こういうの好きでしょ,プレゼントするからどれか一つ選んで」

と言ってくれたとき,迷わずぼくは希ガスの模型を選んだ。

noble gas = 貴ガス,という言葉が好きだったからだ。

きっちさんが,「一番地味なのを選んだね。もう一つどうぞ」

と言ってくれたほどだ。



ぼくのような淋しがり屋は,「孤高」 などという言葉からは縁遠い。

それでも,このストラップを見て

「理想を高く掲げていよう」

と思ったりするのだ。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

リキさん こんばんは。

そうすると、リキさん愛車はTIMEとanchorですから、
過去~現在~未来に跨がるロードバイク人生の拠り所となる人ってことで、
やはり「師匠」となる人ってことで(^^;

師匠!暖かくなってきましたので、またご一緒してください♪
よろしくです~(^^ゞ
2016.02.23 22:01 | URL | のび~ #- [edit]
…なんてアカデミックなblog…殆ど意味がわかりませんでしたww
ARGON18ってそんな意味がある込められてるとは…なんかカッコいいな( ´ ▽ ` )
僕も孤高や理想とはかけ離れていますがなんとなく憧れちゃいますねw
2016.02.24 00:04 | URL | hiro@臨時漕会 #MByLbG9. [edit]
あの時さし上げたストラップが、こんな素敵な記事になるなんて( ´∀`)
ARGON18は、今年からインタマで取り扱いが始まったんですね。
メーカー名にそんな意味があったなんて…気づきませんでした。
周期律表って、縦のラインが同じような性質なんでしたっけ?
↑ド文系なもので(^^ゞ

NEXTバイクはここのもありかな~。
2016.02.24 00:35 | URL | きっち #wLpetrSQ [edit]
 リキさん、おはようございます。
 アルゴンには、そんな意味が隠されていたんですね。
うーん、勉強になります。

私の場合は、自転車と結合しているときが精神的に一番
安定してるような気がします。
ただ、生来のバランス感覚オンチなので身体的には、一
番不安定な状態なんですケド!
2016.02.24 07:56 | URL | カンパチ #- [edit]
のび~さん,こんにちは。

まあ,お上手(笑)
ぼくのような初心者に毛が生えた程度の者が「師匠」など,あり得ませんから。
「支障」が出ては困ります。

また,いっしょに走りましょう!
2016.02.24 16:27 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
hiro さん,こんにちは。

スミマセン,ややこしいこと書いてしまって。
ぼくは,hiro さんに憧れます。
今のトレーニングに対する考え方をつくってくれた人であり,それを実行されている先輩として!
2016.02.24 16:30 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
きっちさん,こんにちは。

あのときいただいたストラップが,こんな形で活躍してくれるとは,
さすがブログ友だち!と思いましたよ(笑
あのメーカー名にそんな意味があるかどうかわかりませんよ,ぼくの勝手な想像ですから。

NEWバイクにいかが?
2016.02.24 16:39 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんにちは。

いやいや,これはぼくの勝手な想像ですから(笑

フランシウムなる元素は,さらにレアなもののようですね。
単体が存在したとしたら,アルカリ金属ですから,そうとう激しいヤツですね。
まわりのものを巻き込んで,激しく変化していく物騒な,活性のかたまりのような。
おまけに放射性ですから,そうとうキケンですね。
カンパチさんのような元素?(笑
2016.02.24 16:43 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ARGON18の由来、以前雑誌で読んだ記憶がありますけど、リキさんの仰る通りアルゴンガスが由来で「周りから影響されない」=「独自性を保つ」。
そんな意味だったような気がします。
2016.02.24 20:10 | URL | バスク輪 #ZPZR469g [edit]
ARGON18ってそんな意味があったんですね。
何にも意識してませんでした笑

2016.02.25 18:16 | URL | hamo #- [edit]
バスク輪さん,こんばんは。

そうですか!
なんか,予想が当たるとうれしいですね。
もっとも,言い影響は受ける方かいい,とも思いますが(笑)
2016.02.25 19:06 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
hamo さん,こんばんは。

ぼくが勝手に考えているだけなんですけど,あながち違っていないようですね。
「アルゴン」と聞くと,頭の中に紫色の玉のイメージが自動的に浮かんでしまうので(笑)
2016.02.25 19:13 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/616-5c522ad5

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム