田舎道と林道の冷や汗ライド (2)



小牧から犬山に抜ける田舎道の先にあった抜け道。

それは,どんどん藪の中に入っていくダートの道だった。



進んでいいものかどうか迷いながら行くと,人気のないところに人の気配。

そして,ちらりと見えた迷彩模様。


それは,ぶっといカメラのレンズだった。

望遠レンズのカバーの模様だった。




「こんにちは」

「ここまで自転車で?」

「はい」



鳥の写真を撮っている地元の方だった。

ぼくよりもだいぶ年上のおじさんだ。



「どこへ行くつもりか」 と聞かれたので,この先,少し行くと池があるはずなので,その畔の道を通って犬山の方へ出るつもりです」

「道はないよ」

「え? でも,この道を通るつもりなんですけど」

とガーミンの地図を見てもらうと,

「ああ,その道,ないよ。Google とかでも,地図が最新というわけじゃないからね」

「その地図の道はもう通れなくなっているよ。だから,その分かれ道を右に行くと,ぐるっと大回りして抜けられるよ。」

「そうなんですか~,残念です」

「あ,でもね,自転車担いでいくつもりなら,案内しようか」

「いいんですか? じゃ,お願いします」

16_0209_04.jpg


と,案内してもらった道は,途中までガーミンに入れた道と同じ。

しかし,完全に道ではなくなっている草むらの中。



「ほら,ここからは池まで道が通っていたんだが,通れなくなってるだろう。だから,ぼくらはこっち側の竹藪の中を抜けていくんだ」

と,今度は竹藪の中に入っていく。

16_0209_05.jpg


自転車は完全に担ぎの状態。

クロモリで来なくてよかった。



竹藪の中を進むが,おじさんが立ち止まる。

「あれ? どっちだったかな?」

16_0209_06.jpg


(大丈夫なのか…)


「ああ,こっちだ,こっち。ここ,よく迷うんだ」


(助かった…)


竹藪の中を歩く途中も,タケノコや自然薯の話をしてくれたり,このあたりの道の変遷を聞かせてくれたりした。

「ぼくも自転車に乗るんだ」

と,MTBやロードの話もしてくれた。




明るい草むらへ抜けたときにはほっとした。

この脇にも小さな池があって,ここへはよくカワセミの写真を撮りに来るという。

カワセミを狙うには,お弁当を持って一日がかりになるそうだ。

そんな話をとても楽しそうにしてくれた。





とんでもない道に入り込んでしまったが,おかげで,楽しい出会いがあった。



舗装路に出たが,かなり細い道。

これを先に進めば,予定していたルートに戻れそうだ。



誉高校の野球部練習場の横を抜け,大きな池に出た。

16_0209_07.jpg

人気がないところなので,池にはたくさんの鴨がのんびりと浮かんでいた。

いい感じの道を抜けて,

16_0209_08.jpg

犬山南高校の正門前に出た。

ここからも,細い道をつないで走る。




途中からは,木曾街道を走って寂光院の裏山に入った。

16_0209_09.jpg





寂光院まで下った後は,浮浪の滝,もとい,不老の滝で休憩。

16_0209_10.jpg


木曽川沿いの道を少し走って,ひろ@bike さんに教えてもらった林道へ入る。

大平林道と言う道だそうだ。

16_0209_11.jpg


2度目だが,本当にいい道だ。


森の表情が次々と変わるのがおもしろい。

きちんと管理されている杉林あり,小灌木あり,雑木林ありと,飽きさせない。



今回は,あとで,この道から出ている枝道も試してみようと思っている。



林道のピークを過ぎ,下ってくると,道はゴルフ場へ続く。

16_0209_12.jpg

そのあと,里の中を抜けて,四季の丘という新興住宅街から,また,大平林道へと続く道を上ってみることにした。



住宅街の裏手には,古い里の名残があった。

ここから山の中へはかなりの斜度で登る道が続いていた。

16_0209_13.jpg




きれいな竹藪の中を道は登っていく。

きちんと手入れがされている。

16_0209_15.jpg


しかし,舗装路の下に竹の地下茎が縦横無尽に走っており,アスファルトが持ち上げられて,もう,たいへんなガタガタ。

時速 5km/h 以上で走ることはできない。

おしりがボワンボワンしながら,でこぼこの少ないところを選んで走る。



竹藪が切れて,雑木林になったときには,ほっとした。

路面が平らであることは,なんとすばらしいことか。



快調に登っていくことができた。








しかし…






ここでも,道はダートへと。

ああ,無情。

16_0209_16.jpg




そして,ここでも,人と出会う!

こんどは,ママチャリのおじさん。

ママチャリ!?




こんな山の中のダート道で,何をやっているのだ…。

自転車を停めて,荷台のチラシの枚数を数えている。

なぜ,ここで…。

人生には不思議がつきものだ。




ここでもしばらくは乗ったまま走れたが,やがて大きな粒の砂利道になったので,バイクを降りて押し歩き。


残念。




10分ほど歩くと,前が開けてきて,舗装してある林道が見えた。

先ほどゴルフ場まで下りた道だ。



と,横に道しるべを発見。

16_0209_17.jpg

どうやら,このダートの道の方が犬山へ抜ける古い道のようだ。

先ほど走った,舗装してある大平林道の方がむしろ新しいのだろう。








結局,この日は,すてきなコースの発見には至らなかったが,楽しい冒険ができた。

16_0209_18.jpg




人生,決められた道を安定して進むだけじゃつまらない。

ええっ!?

ギョギョっ!

なんていう驚きがあり,大失敗があり,ドキドキハラハラがあり,新しい発見があり…,

そんな人生の方が楽しいと思う。


これからも,そんな歩み方で,楽しく人生を生きていきたいと思うのであります。

今日で,59歳になりました。

16_0209_20.jpg






写真はこちらにも。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

matz  

タイトル

おお~
オムライス!

誕生日おめでとうございます!

2016/02/11 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

gottu  

おめでとうございます。
前に見たオムライスの写真からはや一年!
本当に日々が速く過ぎて行きます。速く感じるのは忙しいから?それとも充実しているから?後者である事を願いますね。
さあ!誕生日の自分へのプレゼントは荒れた道も走れる素敵な乗り物なんていかがでしょう(^-^)

2016/02/11 (Thu) 23:19 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

隠れB・・・

 リキさん、おはようございます。
私も、鳥好きです。
高い望遠レンズは、持っていませんが
双眼鏡は、いつも準備してます。
ご存じの剣峠は、昔からの自然林が広
範囲に残っていて、探鳥には格好の場
所です。夏の早朝ロードで登っている
と数人の方が、望遠レンズを構えてオ
オルリやサンコウチョウの姿を求めて
ます。 パールロードは、南方系の鷹
の渡りが見られる場所として有名です。
同じ道を、様々な趣味と思いを持った
人達が通ってるんですね。

2016/02/12 (Fri) 07:45 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

オムライスでしたっけ⁉︎

しかも59歳?確か49歳だったような!

ともかく、おめでとうございます!(^ ^)

2016/02/12 (Fri) 07:54 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

随分大変な目に遭われたようで・・前回で「迷彩」と書かれていたのでサバゲーに巻き込まれちゃったか?と思いました(笑)

まあ、日本で良かったです。ここが中東なら今頃リキさんは・・w

2016/02/12 (Fri) 17:02 | EDIT | REPLY |   

のび~  

おめでとうございます♪

リキさん こんばんは。

59歳おめでとうございます(*^o^)/\(^-^*)
私が59歳になった時、リキさんみたいなダンディになれるにかしら?たぶん無理だな……( ̄▽ ̄;)
今週末は「春一番」が吹いて荒れるみたいですが、春が来るなら我慢ですね~♪

2016/02/12 (Fri) 21:01 | EDIT | REPLY |   

いま  

タイトル

リキさん今晩は
お誕生日おめでとうございます。

田舎道探訪楽しまれていますね。
リキさんに教えて頂いた月見林道。
多治見散歩からのお気に入りの帰り道になっています。

2016/02/12 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

matz さん,こんにちは。

ありがとうございます!
毎年,オムライスと決まっています。
子どものころからの大好物で。
ただし,フワフワ玉子のはダメです。
トロトロ玉子もダメ。
昔ながらのヤツです(笑)

2016/02/14 (Sun) 17:04 | EDIT | REPLY |   

リキ  

gottu 様

gottu さん,こんにちは。

ありがとうございます。
毎年この写真です。
自分へのプレゼントは…,自粛します。
部屋の片付けが終わらないと,言い出すことはできません(笑)

2016/02/14 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんにちは。

鳥の鳴き声で名前がわかる人,憧れます。
双眼鏡を背中にしょって,ロードで峠に向かう,なんて言うのもすてきですね。
いずれ,挑戦してみようかな。

2016/02/14 (Sun) 17:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モリゾー様

モリゾーさん,こんにちは。

オムライスです。
そして,59歳ですよ~。
49歳なんて,うれしいこと言ってくれるじゃないですか。
ありがとうございます。
こんどいっしょに走るときに,何かごちそうしますよ(笑)

2016/02/14 (Sun) 17:09 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんにちは。

大変でしたよ。
これも,ひろさんのせいです。
あんなおもしろい道を教えてくれるものだから,他にもあるのかと期待してしまうんです。
あの迷彩柄のぶっといのが,バズーカじゃなくてよかったです(笑)

2016/02/14 (Sun) 17:11 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん,こんにちは。

ありがとうございます!
ぜんぜんダンディーなんかではありません。大いなる勘違いですよ。
へっぽこジイチャンです。

2016/02/14 (Sun) 17:12 | EDIT | REPLY |   

リキ  

いま様

いまさん,こんにちは。

ありがとうございます!
お気に入りの道はいくつかありますが,新たにリストに入れるような道はなかなか見つかりません。
まあ,それだからこそ,こういった探索がおもしろいんですけどね。

2016/02/14 (Sun) 17:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply