山の音



今日は山へ。

久しぶりに山の空気が吸いたくなった。



朝,家でゆっくりしたいという思いを断ち切って出発。

自転車には乗りたい。

だけど,休日の朝ゆったりした時間を過ごしたいという気持ちもある。

ぜいたくだ。




ともあれ,出発。

久しぶりの定光寺。

朝の光が川面に反射している。

冬は,光が恋しく感じられる。

16_0131_01.jpg


城嶺橋からの激坂も高トルクのトレーニングと思えばそんなに辛くはない。



お気に入りの下半田川沿いを登る。

ここはいつ来ても,射し込む光がきれいだ。

16_0131_02.jpg

川のせせらぎが聞こえてくると,ああ,来てよかったとしみじみ思う。



雨沢を登ると,ピークにはまだ少し雪が残っていた。

16_0131_03.jpg

9時に家を出たので,凍結は一カ所もなかった。

冬に朝は凍結が一番怖い。



雨沢からは,三国山へ登った。

森の様子が,少し春めいて感じられるのは,暖かい日になったからだろうか。

16_0131_04.jpg

三国山への登りも,半分ほどが川沿いだ。

自分の呼吸音とタイヤの音,川のせせらぎしか聞こえない。

なんてすてきな時間かと思う。




展望台からは,中央アルプスが見えた。

16_0131_05.jpg

少し霞んでいる。

きりりと澄んだ冬の空気感がなかったから,余計に春らしく感じた。



三国山からは,豊田側に下りた。

日陰が多いので,夏は気持ちがいいが,冬は寒い。

ブレーキをかける手が痛くなってくる。

日差しが入るところで,ちょっと手を休めるための休憩。

16_0131_06.jpg



冬の長い下りは,休憩を入れた方がいい。

手を休められるし,集中力をリセットさせるのにもいい。



昼は,沖縄料理店でソーキ丼をいただいた。

そのあと,少し登り返して,試してみたかった林道に入った。



県道 352号線が大きくカーブするところから,めぐみの森キャンプ場方面へ登っていく道だ。(キャンプ場は閉鎖されている)

16_0131_08.jpg


少し登ると,三十三観音があった。

16_0131_07.jpg

地域の人によって,きれいに掃除されている。

掃除をしている人の気持ちがこもった,美しい空間だ。

説明書きがあったので読むと,ここはもともと,戸越峠の瀬戸側に抜ける古い街道だったようだ。



センターラインのあった広い道が,キャンプ場を過ぎると狭くなり,さらにどんどん狭くなっていく。

16_0131_09.jpg

斜度も,どんどん上がって,10%超えが続くようになる。




そして,戸越方面と三国山方面が分岐するあたりから,とうとう砂利道になった。

16_0131_10.jpg


どうしようか迷ったが,三国方面に抜けるまであとわずかとふんで,進むことにした。

幸い,砂利は角の立ったものでなく,丸い石ばかりで走りやすかった。

タイヤが砂利を踏む音だけの世界。

まったく人気がない。



途中,低く大きな羽音を立てて大形の鳥が飛び立った。

たぶん,キジだろう。

あまりに大きな音だったので,びっくりした。



慎重に進むこと数百メートル。

舗装路が戻ってきた。

16_0131_11.jpg

やったー!



そして,空が近くなって,森が途切れると,ちょっとしたご褒美。

このあたりでは珍しく,見晴らしのいいところに出た。

16_0131_12.jpg

先ほどまでいた三国山展望台周りの電波塔群が見えた。



ピークを過ぎて下っていくと,三国山周辺おなじみの,舗装の痛みが酷い道に出た。

本当にいやになるほど,路面が荒れている。

それでも,知っている道に出ると少しほっとする。

裏三国と呼ばれる,三国山へ上るルートだ。

このルートを瀬戸までもどることにする。

16_0131_13.jpg



ちょうどこのあたりから,裏三国ルートは川沿いの道になる。

せせらぎが心地よい。

16_0131_14.jpg

雪解け水が豊富なようで,せせらぎが盛大な音量だ。




山の中は,すっきりとした空気感とほとんど音がしない空間を楽しめる。

自分の五感がリセットされる感じだ。



メガネをていねいに洗って視界がすっきりしたような感覚。

鼻づまりが一瞬で治った感じ。

飛行機に乗って耳がおかしくなり,ツバをゴックンしたときの快感。

心配事が解決して,もやもやが晴れた気分のようだ。



ただし,足は筋肉痛だけどね。

ああ,来てよかった。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

カンパチ  

ピュア

 リキさん、こんにちは。
静謐な空気、いいですね。
冬の山道は、凍結がコワイですが、この空気を
味わうために登りたくなります。

2016/02/01 (Mon) 16:35 | EDIT | REPLY |   

いま  

タイトル

今の時期 凍結路は怖いですが、凛と張り詰めた空気がいいですね。

三国山は裏から上るのが好きです。
車は殆ど通りませんし、せせらぎも楽しめます。

舗装だけなんとかしてほしいだけで・・・


三国山は上れるのですね。
貴重な情報ありがとうございました。

2016/02/01 (Mon) 20:00 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

たくさん登られたようですね。冬眠中の熊を起こさないようにってあの辺りにはいませんね(笑)
それはともかく、山中の日陰などは水たまりに見えて実は凍結してる箇所も多いので、気をつけてくださいね。落車は免れましたが、何度か経験済ですw

2016/02/01 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

いつもすてきな題とすてきな言葉のコメントをありがとうございます。
ピュア,静謐,いいですね~。
まさに冬はそんな空気なんですよね。
家を出るまではイヤなんですけど,いったん入り込むと快感です。

2016/02/01 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

いま様

いまさん,こんばんは。

たしかに裏三国はせせらぎとともに標高を稼いでいく感じがいいですね。
ただ,ぼくにとってあの舗装の悪さはそれを完全にスポイルしてしまう感じで,ダメなんです。
とくに冬は,あの舗装の割れ目が凍結ですからね。

雨沢のピーク下の三国への道は,まったく問題ありません。
ただ,この時期は,落石が割れてとがった石になっていますので,パンクは要注意です。

2016/02/01 (Mon) 22:01 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは。

凍結は怖いですね。
ありがとうございます。気をつけます。
ただ路面が光っているだけと思ったら,うすく氷が張っていることもありますね。
最近は,日が高くなってから走ることにしています。
朝ゆっくりできますしね(笑)

2016/02/01 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

のび~  

タイトル

リキさん こんにちは。

三国山に上がれたんですね。貴重な情報ありがとうございましたm(__)m
敦賀も「大寒波」の際にはある程度の積雪となりましたが、市内はほとんど融けてしまいました。県境の峠にも山肌に残る雪以外、道路に雪はありません。春は早そうな雰囲気です♪
我が家も来週、チタハンで活動再開予定です~(^^ゞ

その他、どうやら4月から名古屋勤務になりそうです(^^;

2016/02/02 (Tue) 13:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん こんばんは。

名古屋勤務ですか!
よかったですね。いっしょに走れる機会が増えるかな?

三国山は,この季節,運がいいととてもきれいに雪山が見えますからね。
きれいに晴れて,ピリリと寒い日は狙い目です。

2016/02/03 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply