天井の高さは?



トレーニングの本を読んでいて,ちょっとショックなことがありました。

まあ,大したことはないのかもしれませんが。



それは,ぼくは,トレーニングをしても伸びしろが小さいのではないかということです。





トレーニングをして伸ばしたいのは LT 値です。




運動の強度を上げていくと,やがて加速度的にキツくなってきて疲労が溜まるようになってきます。

そのターニングポイントが LT 値です。

筋肉へのエネルギー供給システムが切り替わるポイントです。

その値が高くなれば,強度を上げていっても耐えられわけです。



読んだ本には,

「 LT 値は50代後半でも伸ばすことができる」

と,うれしいことが書いてありました。

ぼくのために書いてくれた文か,なんて思いました。



しかし,そうでないことも書かれていました。



それは,VO2max に関することです。

これは,「身体に酸素を取り込める最大量」 のことです。



人間の筋肉は,ATP という物質を生産し,これを使って筋肉を収縮させています。

その ATP を作る過程で酸素が必要となります。

運動強度が上がればたくさんの ATP が必要となり,酸素もどんどん取り込む必要が出てきます。



しかし,酸素を取り込める量には上限があって,それが VO2max です。

LT 値をどんどんトレーニングで伸ばしたとしても,その上限は VO2max で頭打ちになるのです。

ATP の生産量を増やしたくても,酸素の取り込みが追いつかなければ,生産が増やせないからです。




ここからがショックだった内容です。

LT 値は,先ほど書いたように歳を取っても伸ばせるのですが,

VO2max は,成人した段階でだいたい決まっているというのです。

若いうちにトレーニングを積んだ場合には,VO2max が高くなり,大きな伸びしろが確保されるんだそうです。

成人後,まったく伸びないわけではないのですが,あまり期待できないようです。




やっぱり,若いうちにスポーツをやっていた人が強いのは当然ですよね。




ぼくなどは,若いうちにとくにスポーツをしていたわけでなく,やせっぽちで身体も貧弱。

VO2max の天井は相当低いだろうなと予想できます。

腰を伸ばせないほどの低さだろうか…。

161586view004.jpg
 (映画 『マルコヴィッチの穴』 より)



その天井まで,もうすぐ到達してしまうのか,

まだまだそこまではかなりの伸びしろがあるのか…。

考え方によっては,限界まで伸ばせたら,それはそれですごいことなのかもしれませんから,天井が猛烈に低くてもいいとしましょうか。

いや,はっきりしていないような自分の限界など,最初から気にしてんじゃねえよ,と自分をしかりつけましょうか。



ペダルを踏むのが楽しいんだから,つまらないこと気にするな!

と自分に言っておきましょう。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 12

ひろ@bike  

タイトル

面白く考えさせられる話題ですね〜。
同年代より上目指すか、若いモンには負けないぞ!っていう領域まで頑張るか、という感じでしょうか(笑)
僕はバイクで面白いコースを緩急つけて楽しんで、結果、体力がつけばいいぐらいのゆるい考え方ですのでw

2016/01/19 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

リキさん、おはようございます!

お爺ちゃんの頭では、難しいことはよく解かりませんが。


置いていかれようが、迷子になろうが、ガンガン踏むだけです!<(`^´)>「わしゃそれだけで満足じゃ!」

2016/01/20 (Wed) 07:24 | EDIT | REPLY |   

ダイズ  

私はその天井のあまりの低さから、ヒルクライムを完全に捨て去るという判断をしました(笑)

おかげで迷わず進めてます\(^o^)/

2016/01/20 (Wed) 09:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは。

若いもんには負けへんで…,これは絶対無理(笑)
同年代よりも上を目指す…,あまり競争意識がありません。
やはり,自分の中でのがんばり,達成感や充実感でしょうか。

2016/01/20 (Wed) 22:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは。

スミマセン。できるだけ面倒な議論にならないように書いているつもりなんですが,力不足です。
「ガンガン踏むだけ」というチャップリンさんの潔さに憧れます。

2016/01/20 (Wed) 22:25 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ダイズ様

ダイちゃん,こんばんは。

ダイちゃんの天井はきっと高いでしょうね。ぜ~んぜん低くない。
若いころの水泳なんて,理想的ですよ。
ヒルクライムも捨て去ったわりに早すぎる。
過小評価はやめましょう。もっと自分を知るべきです(笑)

2016/01/20 (Wed) 22:29 | EDIT | REPLY |   

のび~  

タイトル

リキさん こんばんは。

速さや強さを求めるのも、お気に入りのパーツを入手してニヤニヤするのも、どっちも楽しければ良いんです♪速さや強さをを求める場合、日々の継続は必要ですし、パーツ入手のためには働かないといけません(((^^;)
継続は力なり ということでm(__)m


2016/01/20 (Wed) 22:31 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

最大酸素摂取量、、、VO2maxもトレーニングによって向上させられることは間違いないですし、若い時に運動していたからといって、その限界まで引き出せる人は少ないと思います。

つまり、天井があるとしても、そんなに気にするほど低くはないです。

ただ、、、もうリキさん、これ以上速くならなくてもいいんじゃない(笑)一緒に走れないよ〜(^ ^)

2016/01/21 (Thu) 08:27 | EDIT | REPLY |   

hiro@臨時漕会  

Vo2maxの限界が人によって違うのは事実ですがトレーニング続けていれば上限は上がるような気がします
最大限使えてる人なんてプロでなければ滅多にいないと思いますし
それにL5をどんどん食いつぶしてL4が広範囲になっていけばそれだけ楽に追い込んだ走りを長時間継続出来るということになりますし悲観することはないですよ!

2016/01/21 (Thu) 09:14 | EDIT | REPLY |   

リキ  

のび~様

のび~さん,こんばんは。

アハハ,おもしろいですね。
日々,働かないと好きなパーツ変えませんものね。
継続は力なりとね。

2016/01/21 (Thu) 21:22 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モリゾー様

モリゾーさん,こんばんは。

やっぱ,そうですか。
限界まで引き出せるなんて,ぼくにはあり得ませんよね(笑)
気にせずローラー回します。
ありがとう!

2016/01/21 (Thu) 21:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hiro@臨時漕会様

hiro さん,こんばんは。

そうですね。
やっぱり,楽観的に考えて,楽しくやっていかないとダメですよね。
ありがとうございます。
ということで,今日も元気に回します!

2016/01/21 (Thu) 21:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply