Loading…

初アワイチ (3) 俺たちのメシはどこだ

Posted by リキ on 27.2015 お出かけ   6 comments   0 trackback


淡路島最南端の平坦直線を楽しみました。

15_0924_13.jpg

海がきれい。

海の向こうの島影がきれい。

ときおり風の具合でしぶきが道まで上がってきます。



みんなでかっ飛ばして楽しみました。

ペダルの踏みごたえと風を切る感覚が,「生きてる」 っていう感じです。



今までのぼくは,たいていガンガン走る人たちの一番後からゆっくり着いていったのですが,今回はちょっとだけ,そういうのに加わりました。


このあと,灘大川のヒルクライムが待ち受けているのですが,そんなことお構いなしにガシガシ漕いで遊びましたね。

こういう無鉄砲も楽しいものです。




しかし,この直線平坦の快走路は突然の終わりを迎え,

路面はグイッと天に向かってその角度を上げます。

15_0924_14.jpg

灘大川の坂はきつかったですね~。

平均で11%の坂が 700m ほど続きます。




この峠を下り,福良へ抜ける道はちょっと予定を変更してもらって,コギコギさんたちがよく通っているルートにしました。


吹上町からの分かれ道で左へ進路を取り,小さな集落を抜けて 「ホテルニューアワジプラザ淡路島」 へ登る道です。


この道であっているのか? という坂を登りきると,大きなホテルと風車が見えてきます。

15_0927_15.jpg

ここの展望台からは,大鳴門橋方向の眺めが抜群。

芝生の広場があって,休憩にはちょうどいい感じです。

15_0923_12.jpg


こーさんがアベを気にする中,ゆうゆうと長いおしゃべり。

楽しいですね~。



しかし,こーさんの心配通り,遅れ始めています。

予定では,昼食をとる 道の駅うずしお へは11時頃に到着の予定でしたが,すでに12時近い時刻になっています。

ま,お昼ご飯なんてどこでも食べられますからね。


しかし,この甘い考えがこの大型連休には通用しないことを,痛いほど思い知らされるとは,まだ,誰も知りません。



ホテルニュー淡路をすぎて少し走ったところにも,これまたコギコギさんオススメのビューポイントがあります。

ちょっと立ち止まって景色を楽しみます。

15_0927_17.jpg


田畑の美しい色が織りなす上質のタペストリー。

あそこから登ってきたという満足感。




さ,ここから一気に下って福良まで。

下りは怖いので慎重に行きます。



と,後ろから,ガシャーン とバイクの倒れる音が!

この下りで一番深いコーナーでした。

NAO-TCR さんが段差に前輪をとられての落車でした。

幸い,左側手足の擦過傷だけで済みました。

バイクも無事。



不幸中の幸いでしたね。

やっぱり下りは怖いです。



福良のコンビニでサランラップと包帯を買って応急処置です。

傷口には空気を触れさせない方が圧倒的に早くきれいに治ります。

15_0923_15.jpg

ジャージのポケットにラップを入れてる人って,あまり見ませんね。


6時から走り始めて,お昼を過ぎればさすがにお腹が減ってきます。

距離的には 道の駅うずしお まで大したことはないのですが,アップダウンを含む道を走らなければなりません。

腹の減った集団は,食い物のためにひたすらガンバリマス。

15_0924_19.jpg


先ほどのコンビニで食べるのは止めて,ジュースで糖分を補給するだけにとどめました。

あと少しで,淡路島バーガーにありつるからです。

こーさんのリサーチでは,道の駅にオニオンキッチンという店があり,かりっとしたタマネギと牛肉のマッチングが絶品とか。


このバーガーのために,行き止まりになっている道の駅をわざわざ寄り道してまでも目指すのです。

いくつのもアップダウンを越えてね。



お腹もいい具合どころか,グーグーに減ってきました。



着いた~!

15_0924_20.jpg

大鳴門橋だ!

バーガーだ!









と,ところが…。

バーガー屋さんから階段の下まで,延々と行列が続いていたのです。

見た瞬間,これはダメだと思いました。

30分待ちなんていうレベルではありません。



あきらめて,レストランへ向かいます。

しかし,ここでも30分以上待たなければならないという宣告を受けました。




ただでさえ遅れ気味になっているので,あきらめることにしました。

仕方なく,試食のタマネギチップスを二枚 (笑)

つっちーさんによると,もう少し走って 「一山」 越えたところにお店がけっこうあるそうです。

どんな 「一山」 なのか… (笑)



仕方ありません。

ガンバリマス。



しかし,こういうときというのは,その距離が長く感じるものです。

これがその 「一山」 なのか。

これなのか,これなのか,が続きます。

なかなか,その 「一山」 が越えられない一同 (笑)



さすがに疲れてきました。

masa さんの後ろに着かせてもらいます。

15_0923_21.jpg

噂通り,最高の無風地帯。

腹減りでパワーダウンしていたぼくには,ありがたい場所です。

ただし,前は見通せません (笑)

masa さんの前には こーさんがいるのですが,皆既日食状態です。



途中,ところどころで食べられそうなお店があったのですが,何となくみんなの意見が一致せず,スルーしたお店もいくつかありました。

生しらす丼を食べたいという意見が強かったのです。



かなり走ったところで,コンビニを発見。

「どうする?」

「どうする?」


たしかに腹は相当減っていますが,ここまで来てコンビニでは,さすがに寂しすぎます。

「せっかくだからもう少し行こ!」

「そうしよ!」


パスします。

また,背中にくっつきそうなお腹にむち打ってペダルを回します。

ああ,空に浮かぶ雲が大きなシラスに見える。

15_0924_28.jpg




しかし,ここまで過酷なライドになるとは…。

ちょっとしたアップダウンが,超級山岳レベルに感じます。




結局,五色まで来ました。

道の駅 うずしお からはるか 30km も昼ご飯を求めて流れてきました。


小さな峠を越えて街並みが見え始めた時には 「助かった~」 と思いました。

ここなら食べられる店がいくつもありそうです。



「食べられるところがありますよ」 と言ったつっちーさんは,責任を感じてか店を探しに一人でダッシュしていきました。


残ったメンバーでも近くの店を探しました。







しかぁし…


「終わりました」

「もう,食材がありません」

「あと少しでオーダーストップです」




もうダメだ…。

十五少年漂流記ならぬ,中年九人漂流記。

ペダルに込める力もなく,食べ物を求めて漂います。



と,目の前にファミマが!

「しかたないね」

「ははは,けっきょくこれだ~」



自嘲気味の笑いとともに,食べ物にありつけるありがたさをかみしめました。

いいんです。

おいしいし,楽しいし,お腹がふくれるんですから。



責任がある訳でもないのに落ち込むつっちーさんに

KTM さんの名言。

「大丈夫。みんなお腹ふくれたら,すぐ忘れるから!」



アハハハ,その通り!

なんてすてきな仲間たちでしょう。

実際,コンビニ飯でもみんな楽しく済ませましたよ。

15_0923_22.jpg


補給完了。

みんな晴れやかな顔で出発。

残りは 30km です!







── つづく






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

リキさん はじめまして。こんばんは。のび~と申します。
いつも楽しく読ませていただいてます。

アワイチとても良さそう&楽しそうですね♪
海峡を渡る大橋は、港や川を渡る大きな長い橋に比べて迫力が違いますが、
コンビニ駐車場のバイクラックも規模が違いますね(^^;

今は敦賀に居て若狭湾を望む海岸線を1人で走ることが多いのですが、
交通量が少なくて良い道なのに、ロードバイクも少ないです。
10月になるともう時雨てくると地元の方々が言われるので、
アワイチに負けないように私も頑張って走り回ります~
2015.09.28 00:05 | URL | のび~ #- [edit]
淡路島ナメてました。あんなに賑わっているとは(^_^;)
(関西圏の皆様ごめんなさいw)
代替案のひとつもリサーチなく、本当にすいませんでした。この反省は次回、弾丸サドイチ!に活かします!
2015.09.28 12:03 | URL | こー #- [edit]
リキさま

アワイチ無事走ってきましたよ〜。そしてリキさんが断念した玉ねぎビーフバーガー、アドバイスのおかげで?食べれました!美味ですよ〜www 普通の日曜日でしたが結構混んでました。淡路島の道はなかなかドラマチックですよね。行きの車中でshorosが先週走ってたねと、みんなで盛り上がってましたwww
2015.09.28 13:44 | URL | snail #- [edit]
おお,のび~さん,こんばんは!

ぼくも,ときどきブログ拝見していますよ!
すてきなお店をいろいろと紹介していただけるので興味津々で読ませてもらっています。
また,時々のぞいてやってください。
ぼくも見に行きま~す!
2015.09.28 19:53 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
こーさん,こんばんは。

たしかに! あんなすごい観光地とは思いませんでしたよね。
(淡路島の方,ごめんなさい)
こーさんのせいじゃないですよ。
むしろ,あんなことがあったおかげで,ブログネタにもなるし,深く印象に残るライドになりましたよね。
辛いことが楽しい思い出になるのがローディーの世界!
2015.09.28 19:58 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
snail さん,こんばんは。

よかったですね~。
(ちょっと悔しい 笑)
アワイチ,けっこう変化があって楽しいですよね。
なにより,海がきれいでした。
2015.09.28 20:05 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/553-78992ff3

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム