初アワイチ (2) 青い空,青い海



淡路島へ向かうのに,京都出発とは言え,3時起床4時出発とあってはさすがに眠く,車の中ですっかり眠ってしまいました。

ごめんなさい。



気がつくと,明石海峡大橋!

大きな吊り橋と日の出間近の海と空の色に,一気に気分が高揚します。



淡路サービスエリアにトイレ休憩で寄りましたが,駐車場はほぼ満杯。

朝の6時前なのに,さすが連休です。

15_0923_00.jpg



名古屋出発組も近くまで来ているとのことで,すぐに出発地の 「美湯 松帆の郷」 へ向かいます。


ところが!


幹線道路から左に入ったとたん,急坂が現れたんです。

見晴らしのよいところに作られた施設ですから,当然とは言え,平均 10%の坂が 600m ですよ!


出発地点がここにあるということは,150km 走った最後にこれを登るということですよね。

なるほどね。

こーさん,やりますね (笑)

みんなにけっこう言われていましたね。



でも,こーさんはいい人ですからいいんです。

だって,ぼくのタイヤに空気を入れてくれたんです。


前日に空気を入れてきているんですが,チューブラータイヤの空気は次の日にはかなり減ってしまっています。

借りたフロアポンプで入れようかと思ったら,ヘッドがバルブに咬んでくれません。

ホイールからバルブの頭がちょっとしか出ていないからです。

そこで,こーさんの携帯ポンプで入れることになったんですが,ほとんど,こーさんに入れてもらいました。

15_0923_000.jpg


それにしてもこの写真,既視感にあふれています。

こーさんほど,いろんな場面で人のタイヤに空気を入れている人はいませんよね。

ありがとう!




さあ,出発!


松帆の郷からの坂をシャーッと下って,

15_0923_01.jpg


まずは明石海峡大橋の下で観光です。

15_0923_07.jpg


力学的に考え抜かれた建造物は見ていて美しいです。

この巨大なコンクリート塊は,吊り橋全体を支える縁の下の力持ち。

15_0923_06.jpg

カッコイイです。





ここから本格的なライドの始まりです。


こーさんの設定した今日の目標は,休憩を含めてのアベレージが15km/h を下回らないこと。

出発が6時,帰着が4時という設定ですから,150km を10時間で走るためには当然の目標です。



アベが 15km/h というとそんなに難しそうな設定には思えないんですが,ブルベは基本的にこの設定だそうです。

休憩も,昼食も,おしゃべりも含めてのアベですから,こーさんの予想によれば,けっこうギリギリかも,とのこと。


経験上,SHOROs メンバーでのライドはおしゃべりが果てしなく続きがち。

その辺りサッと切り上げさせるのがこーさんの今日の役どころのようです。



ぼくも,こーさんにならって,ガーミンのオートストップを切り,止まっている時間も含めてのアベを表示出来るようにしました。




滑り出しはきわめて順調。

佐野のローソン,洲本のファミマでの休憩をはさみますが,巡航時はほとんどが 30km/h オーバー,アベは 20km/h を上回っていました。



途中,海が見え始めると一気にテンションが上がります。

15_0923_02.jpg

青い空。

15_0923_03.jpg

太陽の光を反射する海。

15_0923_04.jpg

海岸線そのままの道。

15_0923_08.jpg

仲間の背中。

ほんのりと潮の香り。

最高!





コンビニの駐車場には多くのロードバイクが止まっていて,アワイチの人気ぶりに驚きます。

15_0923_05.jpg


休憩中に 「いつもブログ読んでいます」 という方に声をかけられました。

15_0923_16.jpg

それがなんと,コギコギさんや住友さんのブログに登場するコルナゴ紳士さん (凝るな郷さん) でした。

こんなところでお目にかかれるとは驚きです。

いっしょに走れたらよかったのですが,「着いていけないからと」 遠慮されました。

また,どこかで!




さて,50km 弱を走ったところで,水仙郷の登りにさしかかりました。

ここまで多少のアップダウンはありましたが,こうして峠が出てくると,ライドに変化が出て俄然面白くなりますね。

15_0923_09.jpg

さきほどまでは,空と海を感じながら走っていたのに,もうここでは山の合間を縫ってうねる道だけです。



二つ目のピークを越えると,道幅の狭い,ブラインドコーナーの連続区間になります。

慎重に下ります。



ここを下ると,また海沿いに下りてきます。


アワイチは6回目という大阪のローディー,つっちーさんが

「ここから気持ちいいですよ~。クルマもほとんど来ませんから」

と言った道は,本当に気持ちがよかったです。

15_0923_10.jpg


淡路島の最南端。

延々 12km の快走路です。

コンクリート舗装の部分は少し乗り心地がよくない感じもありますが,直線平坦で,ここまで気持ちのいい道はなかなかないでしょう。



よく晴れた空に,紀伊水道の深い青色。

おまけにほとんど風もありません。



最初は,気持ちいいね~といいながらのんびりペダルを回していたのですが,

当然の帰結として,

速度が上がっていきます。

15_0923_11.jpg


そのうち誰かがガーッと走り始め,(たいていは KTM さんか,NAO-TCR さん)

それを誰かが追いかけて,

次々とそれを追う人が後ろから現れて

という展開ですね。



車の心配をせずにガンガン漕いで,速度を上げて,風を切る。

みんな,笑顔でペダルを踏んでいます。

アワイチ,楽しい!








── つづく




写真はこちらにも。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

ダイズ  

タイトル

>車の中ですっかり眠ってしまいました。

路さんと私の、旅の最初の「楽しみ」でもあります\(^o^)/

2015/09/25 (Fri) 22:49 | EDIT | REPLY |   

住友輪業  

おぉ!コルナゴさんだ♪
楽しい方だったでしょ?
いつかリキさんとコルナゴさんが一緒に走るライドなんてのも企画してみたいです!

そしてアワイチですが、この辺りまでは気持ちいいんですよねー。
この辺りまでは(笑)

2015/09/25 (Fri) 22:52 | EDIT | REPLY |   

バスク輪  

おおっ!コルナゴさんだ!\(◎o◎)/

2015/09/26 (Sat) 15:17 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ダイズ様

ダイちゃん,こんばんは。

こんどから,まぶたの上に黒目をかいて乗車することにします。

2015/09/26 (Sat) 21:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

住友輪業様

住友さん,こんばんは。

ぜひ,その企画お願いします。
今回はゆっくりお話し出来なかったんです。

そう,このあたりまではね(笑)

2015/09/26 (Sat) 21:11 | EDIT | REPLY |   

リキ  

バスク輪様

バスク輪さん,こんばんは。

雰囲気のある方でしたね~。
無理にでも誘っていっしょに走ればよかった!

2015/09/26 (Sat) 21:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply