笑顔の輪が出来て,「またね」



頼りになる背中


アップダウンの繰り返される道。

坂を登った先にあった激坂展望台。



コースディレクター カンパチさんの黒い思惑に乗せられ,

さらに,調子に乗ってはしゃいでしまったぼくの脚は,かなり削られていました。


後半の巡航時にはかなりのヘロヘロ状態。




そういう所へ救世主のように現れる人がいます。



まず,シガさん

以前からずっとそうでした。

シガさんと走るようになったのはいつ頃からでしょうか。

初めて KTM さんのブログに登場 した時には,恐ろしい人がいるもんだと思いました。


ところが実際にいっしょに走ってみると,なんと優しい人かと思いました。



ぼくはそのころ,長いライドでは後半まったくみんなに着いていけず,一人旅になることが多かったのです。

そんなとき,いつも颯爽と現れて向かい風の中を牽いてくれるのがシガさんでした。

何度もそんなことがありました。



徳の高い修行僧のような風貌は,まさにその通りだと思ったものです。


そして,今回もシガさんがスーッと現れて牽いてくれました。

ありがたかったです。





住友さんも助けてくれました。

これがまた,粋な助け方でしたね~。



ぼくが信号スタートからの出遅れで列車から切れてしまったところへ住友さんが登場。


「入るよ」 とハンドサインを出して,ぼくの前に入ってくれました。

そして,絶妙なさじ加減で加速し,列車までもどしてくれたのです。



「ありがとうごぜえますだ。せめてお名前を」

「名乗るほどのもんじゃ,ございやせん。ただのとおりすがりで」



そして,風のようにどこかへ去って行ったのでした。




さらに,最近よくぼくを助けてくれるのが,ひろ@bike さんです。


今回も,先頭を牽いてキツくなっていた時に,す~っと現れて助けてくれました。

ひろさんは背が高くて背中も広いので,前を牽いてもらうと本当に楽なんですよね。

しかも,近鉄特急と同じくらいの速さで牽いてくれるのですから,すごいもんです。

15_0920_01.jpg



ぼくには一生出来ないかもしれませんが,いつかはこんな役回りをしてみたいものです。


自転車に乗っている時は出来ないかもしれませんが,人生のほかの場面では,そんな役割をすることは出来るかもしれません。

頼りになる背中を,自分の中にも育ててみたいと思っています。






大団円


ライドも最終盤にさしかかりました。

最後のおやつポイントは 豆乳ソフトです。

15_0920_02.jpg

糀屋さんという,気さくなおばちゃんがやっている小さなお店です。

おばちゃんとの楽しい会話を楽しみながらいただきました。

店の中を陣取るたくさんのローディー。

おばちゃんの楽しいお話と仲間の笑い声。

15_0920_05.jpg

あっさりした豆乳感たっぷりのソフトクリーム。



旅にはこういう幸せな時間がよく似合いますね。



このあとは,鳥羽水族館の近くで最後の休憩。

15_0920_06.jpg

そして,また走ります。




最後のなだらかな峠道で,カンパチさんとコギコギさんがなにやら楽しそうに話しています。

15_0920_07.jpg

何の話をしているのかな?

傾いた太陽の光と,仲間の会話と,脚で感じる坂道の負荷。


ライドの終盤はちょっとした寂しさが漂います。




しかし,そんなことを言っている場合ではないというように,下り基調の道は速度が上がっていきます。



そしてまた最後は,シガさんが牽いてくれました。

速度はけっこう高めです。


途中,一人で風と闘っていたチャップリンさんも吸収します。


思いやり特急 信楽号,無事,出発地の公園に到着。

15_0920_11.jpg




この日も一日,よく遊びました。


走り終わっても,しばらくおしゃべりが続きます。

みんないい顔をしています。

15_0920_08.jpg


美味しいものも,すてきな景色もいいですが,

人の楽しそうな顔を見ることほど幸せなことはありませんね。



名残惜しいですが,解散。

すっかり日も傾いて,山が夕暮れの色に染まっています。

15_0920_09.jpg


「また,いっしょに走りましょう」

「また,よろしくお願いします」


という言葉が温かい響きで耳に届きます。




カンパチさん,ありがとうございました。

いっしょに走ってくれた皆さん,ありがとうございました。



またね!

15_0920_10.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

カンパチ  

sigaさん 再拝!

 リキさん、こんばんは。
 私もsigaさんに何度も助けてもらいました。
苦しい時にスッと前に入ってくれるんですよね。
しかも早すぎず適度なペースで牽いてくれるの
で、とてもありがたいです。

風貌に関係なく、心の中で手を合わせました。

2015/09/21 (Mon) 18:11 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

またそんな風に書いていただいたら・・木に登っちゃうじゃないですかw
列車を牽くというのは簡単なようで難しいですね。速くても遅くてもいけないし。その点、shigaさんは巧みですね。
まだまだ声出しなど未熟な僕です。精進しますw

2015/09/21 (Mon) 21:22 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

そうですか~。
ホントにありがたい人なんですよね。
仏様のような。
だから,ぼくのパソコンには,シガさんの後ろ姿の写真がたくさんあるんです(笑)

2015/09/22 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは。

はいはい,キャンペーン中ですから,どんどん登ってくださいね~。
シガさんの後を継いでいけるのはひろさんですよ。
行動から髪型まで,ぜひまねしてもらいたいものです。

2015/09/22 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   

住友輪業  

一方で鬼のようなshigaさんを僕は体験しました。
剣峠での強烈なリードアウトや、志摩までの上り基調で「前追うよ~」って言いながら千切りにかかるスピード差で追い抜かれたり(笑)
その時はさすがに潔くちぎれてやりましたよ!

2015/09/22 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   

リキ  

住友輪業様

住友さん,こんばんは。

あ~,それ,ぼくもよく知っています。
一度は本当に「鬼だ~」と恨めしく思いましたよ(笑)
でも,それもシガさん,これもシガさん。
ま,住友さんと同じね(笑)

2015/09/22 (Tue) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply