Loading…

賢島ローディーサミット

Posted by リキ on 15.2015 お出かけ   10 comments   0 trackback

ローディーサミット

日曜日は,大人数のライドを楽しみました。


伊勢のカンパチさんがコースディレクターとなり,ダイズさんが幹事です。


元々はカンパチさんに 「こんど伊勢のあたりをいっしょに走りましょう」 とお願いして始まった企画なのですが,声をかける範囲が次々と広がり,大人数のライドとなりました。


西は山口,兵庫から,東海三県の自転車乗りまで,20人以上が集まる計画となりました。



そんな計画を進めていた折のことです。

政府関係者が 「伊勢に各地の自転車乗りが集まるらしい」 との噂を聞きつけて,各国首脳が集まる 「主要先進国首脳会議」= サミットを同じ地で開くことにしたようです。



日本国政府がまねしてくれたので,ここは敬意を表して,われわれも 「サミット」 という名前を拝借することにしました。



賢島ローディーサミット。





コース案内の冊子が!


そんなわけで,伊勢,内宮近くにある運動公園に集合です。

集まったのはぴったり20人。

15_0913_01.jpg


お互い初対面のメンバーもけっこういます。


ブリーフィングが始まると,カンパチさんからレジュメが配られました。

何という準備の良さ!



聞くところによると,臨時国会の タイプ R さんがコースディレクターを務められた四国ライドでも,写真入りの資料が示されたそうですが,カンパチさんとタイプ R さん,雰囲気が似てるんですよね。

とても誠実な方であるところが共通点ですね。


ぼくが一緒に走っている仲間内では,カンパチさんほどまじめな方はいないと言ってもいいでしょう。
(俺がいるじゃないかという方,すみません)



コース図には,主な転換点,コンビニ,トイレの場所などが細かく記載されています。

転換点となる交差点や分かれ道は,番号が振られており,その番号に対応する写真までが添付されているという念の入れよう。

A4,11ページ,総天然色 (古っ) のりっぱな冊子です。

すべてが下見をして準備されたものなのだから,頭が下がります。



20人以上もの人が,しかも初対面の人たちも多く集まるのだから,カンパチさんもさぞかし気を遣われたことでしょう。

ありがとうございました。





二人きりで森の中


15_0913_02.jpg

さて,ライドはおかげ横丁を抜け,神宮の鳥居の前を過ぎ,駐車場でいったん点呼。

15_0913_03.jpg

そして,いきなりの山場を迎えます。



内宮駐車場の一番奥から始まる坂道は,剣峠へとつながっています。

15_0913_04.jpg

今年の春,向こう側から登り,頂上でばったりカンパチさんに出会った,記念すべき峠です。




みんな張り切っています。

ぐいぐいと登っていきます。



車一台分の幅しかない細い道です。

五十鈴川沿いにずっと森の奥へと入っていきます。


カンパチさんの話に寄れば,このあたりの森は神宮のものだとか。




今週中頃の台風で,道は荒れ気味。

枝葉や小石が散乱し,山肌から水が流れ出して,あちこちに水たまりを作っています。

中には,川のような流れになっているところもあります。



剣峠の北側 (神宮側) は,とてもいい雰囲気の峠道なので,ゆっくり登りたかったのですが,みんながビュンビュン登っていくので,ゆっくりもしていられません。



調子よく走っていると,急に後輪の違和感。


止まってみると,後輪のブレーキがリムに当たっていました。


実は以前からブレーキの取り付けが甘く,わりとすぐ左右のクリアランスがアンバランスになってしまうんです。

ボルトを締めた時にフレームからパキッと音が聞こえて以来,心配で強く締め付けられないんです。



それを調整している間に,みんなはずーっと先に行ってしまいました。

そんな中,最後尾から来たカンパチさんが止まってくれて,いっしょに登りました。

ポツリポツリと話しながら,二人でこのすてきな峠道を上っていくのは,何とも言えず気持ちよかったです。



いつもカンパチさんがくれるすてきなコメント。

その雰囲気のままの,おだやかで優しい人柄を感じながら,ペダルを踏みました。


自転車乗り同士は,それほどおしゃべりをしなくてもいっしょに走るだけで仲良くなれるし,お互いを感じ取れるような気がします。


全くの山の中。

時折聞こえるミンミンゼミの声と,バイクが立てるわずかな音だけの世界。



恋人同士じゃないけれど (笑),二人きりの時間です。

いい時間です。



といっても,カンパチさんのペースは決してゆっくりでもなく,ガンガン飛ばす訳でもなく,適度な強度を保っています。


だから,けっこう息が切れました。

でも,楽しい!


「ああ,今日はやっぱりいいライドになりそうだ」 と勝手に思っていました。

15_0913_05.jpg




剣峠ピークにて


剣峠のピークが見えると,談笑する声が聞こえてきました。


切り通しのむこうに,明るい景色とたくさんの仲間。


いい光景です。




全員がそろって,ここで自己紹介。

それぞれが簡単な自己紹介とともに,ブログなどで話題になった小ネタなどを紹介し,楽しいひとときです。

15_0913_06.jpg


笑顔の輪。

笑い声が響く剣峠のピークです。


15_0913_07.jpg


たたずむshiga さんの後ろ姿は,この時間を愛おしく感じているようでした。





臨時漕会の下り


下りは緊張しました。

以前登ったときも,南側は相当荒れていたので,何となく雰囲気はわかっていました。

しかし,この日は,それにくわえて水がかなり出ていて怖かったです。



ぼくのすぐ後ろにコギコギさんたちがついてくれました。

「砂利!」 「水たまり!」 「枝!」 「落石!」

ぼくが言う言葉を大きな声で後続に伝えてくれたり,

ぼくよりも先に発見して声を出してくれたり,

「危険をいち早く見つける」 という積極的安全運転で下ります。


安心感が高いし,何より,自分が目の前にある危険を意識しながら走れるのがいいです。


斜度がけっこうあるため,ちょっとした直線で速度が乗ってきて,そこへきついヘアピンが現れたりします。

そういうときには,

「ブレーキ!」 の声がかかります。

こういう,コースの読みも絶妙で,ちょっとした感動ものです。


安全のためにしていることですが,声を掛け合って走るとなにやら不思議な一体感が生まれてくるのも楽しいです。




かなり危険な峠の下りでしたが,落車もパンクもなく里まで下りてこられました。






腕の見せ所


さあ,休憩場所に向かって下り基調を気持ちよく走ろうというところで



パンッ!



ケンさんがパンク。


サイドカットのようです。



すかさず shiga さんがスペアタイヤを取り出します。

そして,手際よくタイヤを外します。

15_0913_08.jpg


ぼくも山中でパンクしたとき,shiga さんに助けてもらったことがあります。

ぼくが交換するよりも数倍速いんです。

タイヤの外し方,異物のチェック,チューブとタイヤの装着,空気の充填と,流れるような作業でした。

気がついたら,自分のパンクを修理してもらっているのに見とれていました。



そのすばらしい技術を仲間のために惜しみなく使う shiga さん。

なるほど,こうすればいいのかと勉強になります。



自転車乗り,かくあるべし。



15_0913_09.jpg




みんなで修理を待つ間にも,話が弾みます。


パンクしたケンさんは気の毒ですが,こういうゆったりした時間も楽しいものです。



しかし,このときはまだ今回のライドが過酷なものになるとは夢にも思っていませんでした。

15_0913_10.jpg








── つづく







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










関連記事
スポンサーサイト

 リキさん、こんばんは。
 えーっと、剣の登りは、リキさんのペースについて行っただけです。
私は、シッティング下手なので中途半端な立ち漕ぎでリキさんを追いか
けてました。 でも、あの奇跡の偶然の出会いの地を再び走ることに
なるとは・・・感無量!

 皆さん喜んで頂いたみたいで、私を雨沢峠のライドに誘ってくれた
ダイさんの顔にドロを塗らなくてよかったです。

コースディレクターと言っても大したことはしておりません。
タイムスケジュールもズルズル遅れっぱなしでしたし・・・

まぁ、私という頼りない竹竿に巻きついた朝顔のようなライドに

皆さんの笑顔という大輪の花が咲いた そんな感じでした。

ありがとうございました。
2015.09.15 21:27 | URL | カンパチ #- [edit]
まじめなのは僕もじゃないですかあ(´;ω;`)
ま、それはともかくw 剣峠の下りはヒヤヒヤしました。あんなに徐行して下ったのは初めてです。
2015.09.15 21:30 | URL | ひろ@bike #- [edit]
同じ日の同じ時間に同じ場所を走って同じように感じていたはずなのに・・・やはりリキさんの言葉の選び方はキレイですね♪ 学びたいけど学べない(泣)

カンパチさんがまじめで誠実な方というのには異論はありませんので、僕はこの日の2番ということでお願いします\(^o^)/
2015.09.15 21:56 | URL | たかじん #- [edit]
今回も新たな構成にチャレンジされてますね♪

私は事前に何度かカンパチさんと打ち合わせしてましたので冊子の存在は知っていましたが、予想以上のクオリティにビックリでした。
一応幹事としての心構えしてたつもりですが、カンパチさんが全てを担っていただいたのでついついいつも通り遊んじゃいました(笑)

今度はリキさんのホームコースをカンパチさんにご案内…ですかね?

あ、モチロン私もご一緒させてください♪


ちなみにあの過酷さは私が一番驚きました(笑)
2015.09.15 22:10 | URL | ダイズ #JalddpaA [edit]
カンパチさん,こんばんは。

不思議ですね~。ぼくは,カンパチさんのペースに合わせていたつもりだったんです。
いい峠ですね。

頼りないなんてとんでもない。
ガッチリとたくましい竹竿に,やんちゃな花たちが遊ばせてもらった感じですね。
支柱がなければ,みんな地べたを這いずり回っていましたよ。

本当にありがとうございました。
2015.09.16 20:25 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ひろさん,こんばんは。

あ~,ごめんなさい。
すこしエロな(あくまで噂)所をのぞけば,ひろさんはりっぱに「まじめな人」の範疇ですよね。
ウッカリしていてスミマセン。
明日の朝刊に訂正とお詫びを掲載します。
2015.09.16 20:29 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
たかじんさん,こんばんは。

スミマセン。
あの二人の話によると,「アカン人」というイメージしかなくて,申し訳ありません。
休憩中のたかじんさんしか見ていないんですよ。
いずれこの目で確かめ,真実を報道します(笑)
2015.09.16 20:33 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ダイちゃん,こんばんは。

そうですね。
こんどは,ぼくの好きな道をカンパチさんに紹介したいと思います。
過酷なライドにならないようにしますね(笑)
2015.09.16 20:36 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
最後の写真、デリさんのサドルにトラップが(笑)
もちろんそのまんま、座ってくれたんですよね!?o(^o^)o
2015.09.16 21:52 | URL | 住友輪業 #- [edit]
住友さん,こんばんは。

気づいていただき,ありがとうございます。
誰もツッコんでくれなかったので(笑)

ちなみにデリちゃんは,「落ちそうなので乗る前にケツに刺しときますか?」
と言っておりました。おもわず,うなりました(笑)
さすがです。
2015.09.17 20:47 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/547-352ae0d1

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム