Loading…

緑陰の飯田峠

Posted by リキ on 24.2015 お出かけ   10 comments   0 trackback


ああ,乗鞍。



乗鞍に,自転車で登りたい。

でも,機会になかなか恵まれなかった。

いつもいっしょに走る仲間で乗鞍に登っていないのは,ぼくくらいのものだ。



しかし,ついにその機会が訪れた。

先週の土曜日,路くんとダイちゃんに誘われて登ることになった。




ところが,お天気に恵まれなかった。


スタート地点にするはずだった平湯に入っても,雨は降り続けている。

予報とは大違いだ。

スカイライン側からエコーライン側に移動してみたが,天気は変わらず。

駐車場で天気の回復を待ったりしたが,雨は降り止まず,山にかかる分厚い雲が晴れることもなかった。

残念…。

ここは無理せず,次の候補を探し,移動することにした。




移動した先は,飯田峠。

野麦峠を越えての大移動だ。




飯田の町から数分西へ向かったところにある妙琴公園に車を止める。

朝4時に出発しているのに,ペダルに脚をかけたのは12時半になっていた。




いきなりの激坂を登って,大平 (大平) 街道 (=県道8号線) へ向かう。

笑っちゃうほどの激坂だった。

15_0824_01.jpg

あまりの急傾斜と,深いハニカムパターンの滑り止めが怖いので,ぼくは自転車から降りて歩いた。



つづいて,街道へ出るまでの道をショートカットした狭い林道へ入ると,ここも20%はあるかという激坂で,おまけに雨で濡れた落ち葉だらけ。

ダンシングでずるっと後輪が滑り,左に倒れた。

うわ~,やっちゃった~!



と思ったら,まるで羽布団のようなふかふかの中に着地。

倒れたところが厚く落ち葉が積もったの林床で,身体もバイクもまったくダメージなしだったのは不幸中の幸いだった。



【教 訓】

アブナイと感じたら,躊躇せずバイクを降りよ




いきなりのドキドキが続いたが,無事街道へ出て,快適なヒルクライムの始まり。

15_0824_02.jpg



ここ,大平街道は,飯田から南木曾までの最短ルートとして栄えた街道。

伊那谷から木曽谷まで抜けるわけだから,当然山越えが必要だが,この街道ができるまでは困難なルートしかなかったらしい。

物資輸送の要衝として,街道にあった大平宿も往事はかなりの賑わいを見せていたとのこと。

そんな歴史ある街道だが,戦後,新しい交通ルートがどんどん開かれていき,村を支えていた炭焼きの仕事も成り立たなくなり,宿場町とともに街道もすっかりと寂れてしまったそうだ。




さて,走り始めた街道は,路面もきれい,交通量も非常に少ない,斜度もそれほどではないという理想的な峠道だ。

古い峠道だけあって森を構成する木々の樹高が高く,ずっと木陰を走ることができる。

真夏のライドにはもってこいの峠道だ。



トレーニング大好きな路くんとダイちゃんは,ぼくとは登り方がちがう。

ここでは,「ダンシング縛り」 なるトレーニングを始めた。

15_0824_03.jpg


20分間,ダンシングを続け,5分休んでまたダンシングに移るというものだ。

シフトする時も座ってはならないらしい。

緩い斜度でのダンシングとなると,当然速度が上がってくる。

二人とは大きく脚力が劣るぼくだ。

シッティングで着いていくのもたいへん。


こんなぼくを誘ってくれるのだから,いい人たちだ。



大小様々な沢を横切る。

この日の午前中まで雨が降っていたらしく,路面もけっこう濡れているし,沢の水量も豊富だ。



飯田峠のピークまでは約 15km。

緩い斜度の緑陰コース。

15_0824_04.jpg


歴史ある峠道らしい風情。

沢の一つ一つに名前が付き,ところどころに歴史を感じさせる大木が姿を見せる。


近いところにこんなヒルクライムルートがあればなあと思う。




峠の頂上は,切り通しになっている。

展望が大きく開けるところではない。

15_0824_05.jpg


大平街道と書かれた石碑がある。





ここから 1km ほど下ると,大平宿に出る。

戦後,村の人たちは集団で移住してしまったが,古い家屋は今も保存されている。

15_0824_06.jpg



その中でも,1軒だけはお茶屋さんとして営業していた。

15_0824_07.jpg


気さくなおばちゃんが招き入れてくれた。

ちょっとここで休憩。

そういえば,お昼ご飯がまだだったね。




── つづく






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










関連記事
スポンサーサイト

乗鞍はとても残念でしたが、下見が出来たことは大きな収穫でしたね。
走ったらアカン道が分かったのは大きいです(笑)

来年は必ず再挑戦しましょう!
ルートもほぼ決めましたし♪
2015.08.24 10:45 | URL | ダイズ #JalddpaA [edit]
 リキさん、こんにちは。

 うーん、イイ道ですね。
緑が濃くて、空気が澄んで、サイコー!
2015.08.24 17:06 | URL | カンパチ #- [edit]
実は僕も乗鞍走ったことないっす
今度一緒にいきますか?
2015.08.24 20:08 | URL | hiro@臨時漕会 #MByLbG9. [edit]
僕の乗鞍は途中から天気が崩れて雨と霧で視界50mぐらいでしたから、ローラーやってるのと何ら変わりませんでしたよ・・・

あの2人は・・・決していい人ではないことだけは言っておきます\(^o^)/
2015.08.24 21:57 | URL | たかじん #- [edit]
ダイちゃん,こんばんは。

飯田峠,思いの外すばらしいところだったので,満足ですよ。
乗鞍の予定コースはアカン道の連続でしたね。
ぼくとしては,あの駐車場からの往復で十分です(笑)

また,よろしく!
2015.08.24 22:48 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんばんは。

まだまだ知らない,いい道が山ほどあるのですね。
一つでも多く走ってみたいし,もう一度走りたい道もたくさんあって,困るほどです。
2015.08.24 22:49 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
hiro さん,こんばんは。

そうなんですか。
ぜひ,ご一緒させて…
もらうとしても,スタートとゴールで一緒になれるだけかな(笑)
2015.08.24 22:51 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
たかじんさん,こんばんは。

乗鞍とローラーがいっしょとは!(笑)

あの二人はいい人じゃなかったんだ! 気がつかなかった(笑)
でも,その二人がさかんに「アカン人」の代表のように言う たかじんさんって,いったい…。
2015.08.24 22:53 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
リキさんこんばんは。

お疲れさまでした。
乗鞍は残念でしたが、総獲得標高は乗鞍よりも稼げましたね(笑
こう平うどんが食べれただけで、今回の旅行は満足でした\(^o^)/

あんなどうでもいい短い激坂、降りて歩けばいいだけなのに、、、
なぜかチャレンジしてしまいますね〜( ´艸`)
2015.08.24 23:01 | URL | #- [edit]
路くん,こんばんは。

乗鞍が登れなくても,十分楽しめる峠でした。
調べてくれた路くんのおかげです。ありがとう。

こう平うどん … あえて触れませんでした(笑)
2015.08.24 23:12 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/537-79b14827

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム