Loading…

水遊びライド 青いガラスの川

Posted by リキ on 20.2015 お出かけ   18 comments   0 trackback


これは,8月2日のことを記事にしたものです。



円原の伏流水を後にして,

もう一度,北山交流センターまでもどり,こんどは神崎川の本流沿いに遡上する。



この川筋をたどっていった先に,「ごろごろの滝」 がある。

5km ほどの道のりだ。



細い道が続くが,滝は 「突然」 といった感じで左手に現れる。

15_0816_14.jpg


去年,なかさんとここへ来たときにも感じたのだが,

「ごろごろの滝ゾーン」 というのがある。

川沿いの道をずっと走ってきて,このゾーンに入った瞬間,

「お!」 と思うのだ。



見えないカーテンをくぐって別の部屋に入ったかのように,

空気感がさっと切り替わる。

おそらく,見えない滝の飛沫のせいで,体感温度が変わるのだろう。




バイクを道ばたに止めて,みんなはさっそく川まで下りる。

ぼくはちょっと気になるところがあったので,この道の少し先まで行ってみた。

もどってくると,みんなが滝の下に入ろうとしていた。




「滝」 というと,

「打たれる」 が基本。

gottu さん,なかさん,ケンさん,みんな打たれていた。

15_0816_15.jpg



もちろん,これは煩悩を追い出すためだろう。


煩悩をすっかり洗い流し,清いものだけが残る。

つまり,彼らは聖人となって滝から出てくるのだ。




いや,待てよ…。



急に心配になってきた。

彼らからすっかり煩悩を追い出したら,ジャージだけになってしまうのでは…。



まずい!

止めなければ!

ぼくは,声を限りに叫ぶ!

しかし,写真を撮るために上の道にいたぼくがいくら叫んでも聞こえない。

遅かったか …。



ぼくは,ドキドキしながら見守った。

とくに,ケンさんとなかさんが滝に入ったときには,心配計が最大値まで振り切れた!


… … …

… … …

… … …


結果は大丈夫だった。

あまりの冷たさと痛さに,長い時間打たれることができなかったからだ。

もうあと少し打たれていたら,危なかったことだろう。

抜け殻になったジャージだけをぼくが持ち帰るライドにならなくてよかった!






このあとはもちろん,水遊び。

円原よりも水温が多少高いようで,しばらく足を付けていても痛くなることはなかった。




ここでも主役は gottu さん。

流れの細くなった所で ウォータースライダー!

15_0816_16.jpg

15_0816_17.jpg

おしりを石にぶつけて痛いと言いながらも,何度もやっていた。

足にはところどころ血がにじんでいるのに,楽しそうに遊んでいる。




ぼくは,足をつけるだけにしておいた。

年寄りの冷や水を地でいくことになりかねないからだ。

もう,救急車に乗るのはごめん被りたい。




持ってきたオレンジを川で冷やすことにした。

去年はナシと包丁を持ってきたが,銃刀法違反に問われても困るし,

ケンさんが梨アレルギーとあって,オレンジを選択。

この日は,2個のオレンジを運ぶために小さなバックパックを背負ってきた。

ふふ,楽しみ。




ところが事件発生!

2個あったはずのオレンジが,いつの間にかひとつない!

15_0816_18.jpg

どうやら,水の出入りがほとんどないと思った水たまりにも流れがあったようだ。

思わぬ方向に出ていく水に流されてしまったのだ…。


あ~あ,一人半分ずつ食べられると思っていたのに …。

仕方なく,一人4分の1ずつ。




でも,こういう場所で食べるとうまい。



その後,また水遊び。

すると,gottu さん,こんどは下流の方へどんどん行ってしまった。

何しに行ったんだろう。




しばらくすると帰ってきた。

なんと,その手には!

15_0816_19.jpg



ありがとう,gottu さん!

少し下った所に引っかかっていたそうだ。





いい時間になったので,お昼を食べに川沿いの道をもどる。


北山交流センターは,小学校が廃校になった所を利用した施設。

ここに,田舎料理を食べさせる店ができている。

15_0816_20.jpg

地元のおばちゃんたちが運営しているようだ。



出てきた料理を見ると,何とも言えずホッとする感じ。

15_0816_21.jpg

「こういうのがうまいねえ」 とケンさん。

たしかに。

ま,お互い歳を取った証拠ですな。





おなかがふくれたら,もう少し川沿いを下って,また水遊びの場所を見つけることにした。





北山交流センターからしばらく下ったあたりの神崎川は最高だ。

15_0816_23.jpg


「板取川の美しい緑色の水は最高」 とも思うのだが,

「神崎川の深い青緑色は日本一だ」 などと叫びたくなる。




曲がりくねる川は,カーブの頂点で深い淵を作り出す。

そこにたまった水は,深く透き通った青に染まる。

15_0816_22.jpg

昔ながらのラムネ瓶の色と言ったらわかりやすいだろうか。

いや,若い人にはわかりやすくないね (笑)


子どものころ,ラムネびんには2種類あった。

緑色が強いものと,水色が強いものだ。

神崎川の色は後者のラムネ瓶の色なのだ。





走っていると,ときどき木々の間からのぞく青緑色は宝石のようだ。

15_0816_24.jpg


ただし,よそ見は危険!

こんな山奥なのに,水遊びや釣りで訪れる人も少なからずいるので,車が少ないわけではない。

バスも走っている。

ガードレールがないところも多くある。

ブラインドコーナーも多く,道幅が狭いところも多い。

川の色を楽しみたい時には,必ず立ち止まってね。




ところどころに,

「ここから川に下りられます」

という親切な看板も数カ所ある。



どこで遊ぼうか,いろいろと探して,

こんどは,広い河原のようになっている所に下りることにした。

15_0816_25.jpg



膝までの川を渡ると日陰に行ける。

ところが浅いので流れが速く,渡るのには一苦労。

足を一歩前に出そうとすると,その足が水流でぐっと押し流される。

一歩一歩が戦いだ。

数メートルを渡るのに,かなりの体力を使う。



家に帰ってから猛烈な筋肉痛に襲われたのは,このせいか。




淵がどれくらい深いのか,gottu さんに試してもらった。
(危険です。よい子はまねしないでね)

一番深い所に到達するかなり手前で,すでに gottu さんの身長を優に超える深さになっていた。

深い所は,4~5m になっているのかもしれない。




歩き回ったり,寝転んだり。

水切りをしたり,ゴルフの練習をしたり。

野球のまねごとをしたり,ダムを造ったり。

まるで 「子どもか!」 とばかりに遊ぶオッサン達。

15_0816_26.jpg



なんとすてきな時間の使い方だろう。

なんとすてきな仲間だろう。




ふと時計を見ると,3時を回っていた。

あ~,今日もよく遊んだ。



下界に下りてくると,とんでもない暑さが待っていた。

15_0816_27.jpg

信号待ちのたびに,くらくらするような熱気がおそってくる。


駐車場について,シューズを脱ごうと下を向くと,額から汗がぽたぽたと流れ落ちた。




真夏のライドは,どこを目的地にするのかがなかなか難しい。

標高の高い所へ行くのもいいが,きれいな川での水遊びライドも捨てがたい。




いいところを見つけてくれた なかさん,ありがとう!

いっしょに走ってくれたケンさん,gottu さん,ありがとう!

また来年も行こうね!






写真はこちらにも。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










関連記事
スポンサーサイト

いつも、長崎の方から楽しく拝見してます。
とくに今回ばかりは楽しそうで羨ましすぎてコメントしてしまいました。

ワタシも50から自転車に乗り始めたんですが、リキさんほどの成長も無く、
半島の海沿いをぽたりぽたりとやってます。

怪我もずいぶんと快復されたようでなにより。
これからも楽しい報告をよろしくです。
2015.08.20 20:40 | URL | さかきん #- [edit]
ほほう~、私となかさんは煩悩のみで出来ていると仰りたい訳ですね!

ほほう~・・・
2015.08.20 21:58 | URL | ケン #Kzb4soLg [edit]
リキさん、こんばんは!

今回、写真も力作が多いんですが、なんかリリ-フランキ-?を彷彿とさせるような、小説みたいな作品、・・・・・・・・良いですなぁ!!!(^_^)
2015.08.20 22:27 | URL | チャップリン #- [edit]
フム…
ケンさんは牡蠣の他に梨も、ですか…フムフム。

来年は私も是非ご一緒させてください♪
gottuさんに対抗してバタフライを披露します\(^o^)/
2015.08.20 22:33 | URL | ダイズ #JalddpaA [edit]
川遊び良いですね、最近は川遊び出来る所も減ってるので、貴重な場所ですね。

2015.08.21 02:37 | URL | Fosetta #- [edit]
 リキさん、おはようございます。

 涼しそうですね。
 河原で、冷えた果物ってサイコー、子供の
頃を思い出します。

皆さん、心から楽しそうですね。
ラムネの瓶のなかのビー玉みたいです。
2015.08.21 08:22 | URL | カンパチ #- [edit]
ほほう~・・・煩悩の塊ですか・・・

私から見れば、やらかしたすぐ後に新車選びでウキウキしたり、いい歳して食べ物の好き嫌いで我が儘言う人のほうが・・・・・www
2015.08.21 08:47 | URL | なかさん #- [edit]
さかきんさん,こんにちは。

うれしいコメント,ありがとうございます。
ケガはしっかりと跡が残ってしまいましたが,自分への戒めとして,いつもなでております(笑)

写真のすてきなブログですね~。
夜にゆっくり見させてもらいます!
2015.08.21 10:17 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ケンさん,こんにちは。

いやいや,そういうわけではなくて,(^^ゞ
そのぉ,なんと言いますか,え~っと,(^_^;)
お二人の聖人ぶりをちょっとからかってみたかったというか,(しどろもどろ…)
ま,そういうことでして(笑)
2015.08.21 10:25 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
チャップリンさん,こんにちは!

ありがとうございます。
ぼくの文章なんか,あの川の色に比べたらかすんでしまいます。
やっぱり,自然の力は偉大ですね。
2015.08.21 10:27 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ダイちゃん,こんにちは。

バタフライがあの川でできるかどうか,楽しみですね。
全身生傷を覚悟してくださいね\(^O^)/
2015.08.21 10:29 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
Fosetta さん,こんにちは。

ぼくの住んでいる近くにもありませんね。
やっぱり,特別な場所です。
でも,そういうところを走らせてもらえるだけでも幸せですね。
2015.08.21 10:32 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
カンパチさん,こんにちは。

河原遊びは楽しいですね。
ぼくにとっては子どものころにできなかったことをしているような感じです。
ラムネ瓶の中のビー玉,うまいこと言いますね。
まさにその通りです!
2015.08.21 10:33 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
なかさん,こんにちは。

アハハ,その通り!
わたくしこそ煩悩の塊!
それこそが,滝に入らなかった理由です。

でも,いい年してそうしていられることが楽しくてたまりません!
2015.08.21 10:35 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
こんにちは!
川遊びしたのは もう50年以上昔の事になってしまいました。
送り盆のお供えを載せた舟が どんぶらこと 上流から流れてくるのを ガキ大将だった兄が 竹竿で手繰り寄せようとしている側で 子分達が 期待に胸ふくらませて 待っていた記憶が有ります(^^;;
川遊び…近くに どこか 無いかなぁ…
2015.08.21 15:27 | URL | おばさん #.LARi0hY [edit]
おねえさん,こんにちは!

それはまたすばらしい思い出を持っておられますね。
ドキドキワクワクする様子が目に浮かびます。

そちらは山が近いので,川遊びできるようなところがたくさんありそうですけどね。
2015.08.21 16:58 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
あれ?コメント表示されないのでもう一度w
遅ればせながら主役登場です!
待望の川遊び、最高に楽しかったです。岐阜の川は長良に吉田、板取とほんと魅力的で美しい。翌日は足の裏が傷だらけでスネも皮下出血と大変でしたが堪能出来ました。来年はシュノーケル持ってきますので、リキさんはスイカを背負って来てくださいね*\(^o^)/*
2015.08.21 20:25 | URL | gottu #- [edit]
gottu さん,こんばんは。

gottu さんの泳いでいる姿を見るだけで涼しい気分でしたよ。
では来年はスイカ持って行きますので,包丁とまな板はお願いします(笑)

2015.08.21 21:49 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/535-b92f5a1f

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム