水遊びライド 円原の伏流水



これは,8月2日のことを記事にしたものです。



暑い。暑い。暑い。



Rapha Rising の挑戦が無事終わり,その後は東京へ仕事で行っていたこともあり,一週間ローラーもまったく回さない完全休養期間にした。


その後の週末ということで,土曜日はどこかへ走りに出ようかと思っていたけれど,あまりの暑さにどこへも行かず。

日曜日も暑い日になるという予報だったが,この日は水遊びライドに出ることになった。




向かうのは岐阜県山県市にある 「円原 (えんばら) の伏流水」 というところ。



朝7時前に道の駅 むげ川 を出発。


武儀川沿いに北上する。

この時間帯は,まだそれほど暑くないのが助かる。

それでも,少し走るだけで額に汗が浮かんでくる。



「今日はホントのまったりだから」

15_0816_00.jpg

と前を牽くなかさんが,30km/h を越えるとすっと脚を止める。

「まったり」 を信じて,超重いシクロバイクを持ってきた gottu さんは胸をなで下ろす。




美山に入り,朝早くからやっている補給ポイントに立ち寄る。

お豆腐屋さんだ。

なんでも,辛子豆腐がうまいという。

15_0816_01.jpg


辛子豆腐の存在を,大学のときに北陸で初めて知った。

ぼくは辛子が苦手だ。

あんな優しいおいしさの食べ物に,なぜ刺激的なものを入れるのかがわからない。


ともあれ,ちょっとしたスペースで食べさせてもらうことになった。

「醤油の持ち合わせがない」 というと,醤油まで用意してくれた。


辛子入りだから遠くから見ていた。

でも,できたての豆腐は魅力的だ。

だから,まわりだけ食べさせてもらった (笑)

おいしかった。



こんど行ったら,辛子の入っていない 「ざる豆腐」 をいただくことにしよう。

醤油はボトルに入れて誰かに持って行ってもらおう。

夏は塩分の補給にもなってちょうどいい。





ここからは,県道 200 号線ぞいに北上する。

武儀川の支流,神崎川沿いの道だ。


円原へは,山形市役所 北山交流センターの分かれ道で右へと進む。

川もここで,左が神崎川,右が円原川と分岐する。





豆腐休憩を含めて,ここまで1時間半ほど。


円原川には濃い川霧が立ちこめていた。

15_0816_02.jpg




ここからは,朝早い時間帯だけに見られる幻想的風景の連続。

15_0816_03.jpg

水温がかなり低いので,水面近くの気温がかなり低いのだろう。

水蒸気をたっぷり含んだ夏の空気が冷やされて,そこから小さな水滴が生まれ,霧になるのだ。

15_0816_04.jpg




緑のトンネルの中を流れる円原川。

15_0816_05.jpg

川面にたまる霧に,木漏れ日が差し込む。

15_0816_06.jpg




あと1時間出発が遅かったら,見られなかったかもしれない。



たくさんのアマチュアカメラマンがレンズを向けている。



小さな集落を抜けたところに湧水地があった。



伏流水というのは,もともと地面の中を流れる地中の川を指す。

「円原の伏流水」 と呼ばれる場所は,この地中の流れが地上に顔を出すところだ。

つまり,わき水。

すごいのは,その尋常でない水量だ。

川の両岸からすごい量の水がわき出ている。

15_0816_08.jpg



もう少し川をさかのぼっていくと,急に水が涸れたようになって,ちょろちょろとしか流れていない。

つまり,このあたりでは川が地中に潜っているのだ。

だから,伏流水。





ビンディングシューズを脱いで河原へ下りる。



水にちょっと足を付けてみる。

驚くほどの冷たさ。

年間を通して水温は 13度だという。

数秒で足が痛くなってくる。



岩から岩へと移動し,川の中ほどへと入っていく。

茶色の藻類が着いている岩はとっても滑りやすいので危険!

何度がひやっとした。



「ここで滑ったら救急車が来にくいから気をつけてね」

となかさんに釘を刺される (笑)


安全なのは,三点支持だ。

手を着いた方がいい。




岩の間からすごい勢いで出ている水を見ているだけで,気持ちがいい。

15_0816_07.jpg

透き通った水は,どこまでも美しい。

清涼感は満点。



両手ですくって飲む水の美味さよ。




さあ,水遊びの開始。


あまりの冷たさに心臓麻痺寸前のケンさん。

15_0816_09.jpg

このあたりには AED ないよ!


なかさんは余裕の表情に見えるが…,

15_0816_10.jpg

シャッターを切り終わったとたん,ひゃあ~と言いながら上がってきた。



所詮, gottu さんにはかなわない!

gottu さんの大きなサドルバッグからは水泳用のゴーグルとウェアが出てきた!

準備万端である。


一同が目を丸くする中,水温13度の川へダイブする gottu さん。

15_0816_12.jpg

楽しそう。

見ているだけで,こちらまで爽快。

15_0816_11.jpg




30分も遊んでいるうちに,川霧はすっかり消えてしまった。

ケンさんは太公望の気分である。

15_0816_13.jpg



川から上がって,道で足を乾かし,靴下とシューズを履いて出発。

こんど来るときは,水遊び用の靴を持ってこよう。

ビーチサンダルでは無理だ。




もう一度,北山交流センターまでもどり,こんどは神崎川の本流沿いに遡上する。







この川をずっとたどっていった先に,「ごろごろの滝」 がある。

15_0816_14.jpg





── つづく






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

カンパチ  

まさに避暑!

 リキさん、おはようございます。

 水温13℃ですかー。 サイコー!
gottuさんのスイム・アップが涼しげで
いいですね。

 んー、行ってみたい!

2015/08/19 (Wed) 08:39 | EDIT | REPLY |   

snail  

タイトル

リキさん、おはございます。
なんですかこれは!すごく楽しそうです!
自転車乗りのいでたちは水陸両用だったのですね〜。

綺麗なとこだな〜。

2015/08/19 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |   

yam  

リキさん、こんにちは!しばらくバタバタしてて拝見してなかったのですがいっぱい素敵な絵が溢れていますね^ ^武芸川とか七宗とか時間帯も近いときソロで走っていたのでそのうち生リキさんを拝見できるかな?と楽しみにしてます(^^)夏もあと少しですがたくさん素敵な絵を楽しみにしてます‼

2015/08/19 (Wed) 13:56 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

いいでしょ! ここ。
来年の夏はいっしょに行きませんか?
ぜひ,gottu さんといっしょに泳いでください!

2015/08/19 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

リキ  

snail 様

snail さん,こんばんは。

いいところでしょ。
自転車用のジャージはすぐに乾くので,夏には水に入っても大丈夫みたいです。
走ればすぐに乾くようですし。

神崎川,とにかくきれいです!

2015/08/19 (Wed) 22:06 | EDIT | REPLY |   

リキ  

yam 様

yam さん,こんばんは。

同じようなところを走っておられたんですね。
夏はやっばり,緑の木陰と,水ですね!
お目にかかれる日を楽しみにしています。

2015/08/19 (Wed) 22:08 | EDIT | REPLY |   

ポン太  

タイトル

リキさん、こんばんは。
昨年のごろごろの滝の記事を読んでからいってみたいと思っていて
なかなか行けなかったのですが、今度行ってみますね。
コースの途中で○○の店とか書いてあるので大変助かります。

2015/08/22 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ポン太様

ポン太さん,こんばんは。

いいところですよ~。
是非,行ってみてください。
川に入るとしたら,水遊び用のシューズがオススメです。
裸足だとケガします。
ビーチサンダルや,クロックスでは流されてダメ(笑)
国道418号線,谷合の交差点角にある生ジュースとかき氷の店もオススメです。

2015/08/22 (Sat) 23:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply