Loading…

瀬戸内を走る 牛窓・前島 その2

Posted by リキ on 31.2015 お出かけ   6 comments   0 trackback


思いがけず出会った宝物,前島展望台。

15_0730_01.jpg


コギコギさんからは,

「ザ・瀬戸内だね」

「瀬戸内海の宝石だ」

と絶賛の言葉が続いて出てくる。

15_0730_02.jpg




「下りたくないね」

「ずっと見ていたい」

「登ってこなきゃもったいないよ。バイソンさん,どうした!」




こんなすばらしい展望台に,ぼくたちのほかは誰も登ってくる気配がない。

それほど隔絶された孤島でもないのに。





後ろ髪を引かれつつも,展望台を下りて,島の周回路に入る。

15_0730_03.jpg

このあとも自由に走り回った。



多少のアップダウンはあるが,それほどきつい登りはない。

大きな花崗岩の露頭があった。

15_0730_04.jpg

その反対側には,畑も広がっている。

15_0730_05.jpg

島の様子は変化に富んでいる。


行き止まりの道に入ってしまって,もどったりするのさえもおもしろい。



道には台風の影響か,枝や葉が散らばっている。

補給のための店や,自販機がかんたんに見つかるところではない。

それだからこそ,おもしろいし,楽しい。

15_0730_06.jpg



通りかかったカリヨンハウスという研修施設に自販機を発見。

空調の効いた部屋でのどを潤す。


カリヨンハウスというのだから,決められた時刻に鐘の音が響くのだろうか。



わりと短時間で島のほとんどを回ってしまった。


フェリー乗り場まで戻ると,出発までまだ少し時間があった。

みんなは水分を補給したり,おしゃべりしたり,自由に過ごしている。



走りに出たメンバーもいた。


ぼくもふらっと走りに出た。



気になる細い道を発見。

幅 1m ほどの狭い急坂を登ってみた。

危なくなってきたので,脚をついて自転車を押していると,コギコギさんが後ろから着いてきていた。



二人で,もう少し上まで行ってみた。

すると,まだ走っていない地域に出た。

15_0730_07.jpg

「下まで降りられそうですね」

「降りてみましょうか」



すばらしいプライベートビーチにつながっていた。


と思ったら,先客がいた。

15_0730_08.jpg

なんだ,路くんとダイちゃんだ。


フェリーの時間まで,ぼんやりと海を眺めて過ごした。

なんともぜいたくな時間の使い方だ。

近くだったら,気の向いた時にふらっときてみたい島だ。

でも,また来たい!





フェリーで牛窓に戻る。

15_0730_09.jpg









こんどは,また別の小さな路地を探検。

古い井戸がある。

急坂と狭い階段がある。


どこへ行くのかわからない階段を上ってみる。

高台にお墓があった。

故人には,見晴らしのよいところから見守っていてもらいたい,との願いだろうか。



これが瀬戸内の典型的な風景だとコギコギさんが言う。

15_0730_10.jpg





このあと,リアディレイラーの不調や,ややこしいチェーン落ちなどのトラブルを乗り越え,

セーテンさんが絶賛するジェラートの店へ向かった。



ところが,この店,山の中腹にある。

ここへの登りがなかなかのものだった。

ヒイヒイ言いながら登った。



お店は,老若男女で大賑わい。

15_0730_11.jpg



おっさんたち十数名がうれしそうにジェラートを頬ばっていてもまったく問題ない。

15_0730_12.jpg

もちろん,おいしかった!




さあ,本日も終了が近い。

駐車場まで戻ろう。


バイソンさんが 「下の道を行く」 というのに対して,

セーテンさんが 「上のオリーブ畑を通る道の方がおもしろい」 という。



もちろん,ぼくは上の道を選択。

15_0730_13.jpg

車がほとんど通らず,オリーブ畑や,森の中を行く。

ばっちり,ぼくの好みだ!



セーテンさん,いい道だったよ,ありがとう。






シメはもちろん,だるま珈琲!

15_0730_14.jpg

完璧だ。





雨が心配されるお天気だったからこそ立ち寄れた前島。

災い転じて福となす


いい一日になった。



コギコギさん,臨時漕会の皆さん,ありがとう!





写真はこちらにも。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










関連記事
スポンサーサイト

のんびりと海を眺めたり良いですね~、瀬戸内の景色は「いつか見てみたい景色」の一つなのでリキさんが羨ましいです。
2015.07.31 21:44 | URL | Fosetta #- [edit]
瀬戸内の住人でありながら瀬戸内の風景に感動したサイクリングになりました。
恐ろしく走行距離が短いのに一日かかっても足りなかったような気がします。
前島の展望台からの風景は
そこから立ち去るのに決心を要しました。
それ程の風景は
なかなか出会えるものではありませんよね。
リキさんに牛窓を案内してほしいと言われなかったら
私も前島の風景に出合うことはありませんでした。
天気が悪かったことで車載して行ったことイイほうに転びました。
リキさんは、持ってますねぇ~(幸運を)
また違う天気に、あの風景を見てみたいですね。
2015.07.31 21:44 | URL | コギコギ #nZwKOC6o [edit]
リキさん、おはようございます!

早く写真がUPされないか、待ってましたよ。
写真を見るのが、・・・・・楽しくてしょうがない!(^_^)

行ってもいないのに、一緒に走ったような?(?_?)

なにげない1枚が、まるでア-ト!


ここなら、自分でも走れるかもしれないなぁ!!!
2015.08.01 06:08 | URL | チャップリン #- [edit]
Fosetta さん,こんばんは。

お加減いかがですか?
いいところですよ。ぜひ。
ぼくは,佐渡も走ってみたいです。
2015.08.01 22:13 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
コギコギさん,こんばんは。

そういえば,走行距離,短かったですね。
つまり,密度が高いと言うことですね。
佐用の散り始めた大イチョウといい,雨の犬山城といい,運がいいです。
ぜひ,前島と小豆島はアンコールライドをしたいです。
よろしくお願いします!
2015.08.01 22:17 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
チャップリンさん,こんばんは。

楽しみにしてくださってありがとうございます。
ほめられると舞い上がってしまいます。
あ~,空も飛べそう(笑)
2015.08.01 22:21 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/524-71989a61

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム