醒ヶ井の澄んだ水



前回から話を少し戻して,土曜日朝のことです。

米原駅でメタさんとイニシャル d さんと待ち合わせです。



初めて会うわけではありませんが,ちょっと緊張して向かいました。

駐車場に着くとすぐにお二人を発見。

Biwako Cycling のジャージと笑顔に迎えられて,すぐに緊張がとけました。



さっそく準備して,10km ほどの道のりを醒ヶ井に向けて走ります。



メタさんがあらかじめ下見をしてくださったということで,快適な裏道を走ります。

メタさんは,速すぎず,遅すぎず,ちょうどいいペースで牽いてくれます。

ガルマさんのブログによると,最近のメタさんはガツンとアタックをかけるようなすごい練習をしているとの噂です。

いつそのアタックが炸裂するかとヒヤヒヤしていましたが,ぼくに遠慮してか,おだやかなペースでした。

ただし,メタさんは0発進時の加速度が大きいので,止まるたびに離されていました。




いい感じで脚が回ってきたなと思った時には,もう醒ヶ井駅に到着していました。

あら~,米原駅からは近いのですね。

15_0714_01.jpg




さっそく,湧水池まで行ってみます。

15_0714_02.jpg


醒ヶ井宿は地蔵川という川に沿って作られた宿場町です。

この地蔵川,どこかから醒ヶ井に流れ込んでいるのではありません。

醒ヶ井宿の中から忽然と姿を現す川なのです。

湧水池周辺は神社の聖域になっています。

15_0714_03.jpg

とにかく水がきれいです。



生い茂る樹木の陰に横たわる池は,深さがわかりにくいほどの透明度の高さ。

ひんやりとした空気感が,水の透明度をさらに高く感じさせます。

木々の緑が映り込んだ水は,水に触れるのをためらうほどの気高さ。

15_0714_04.jpg








もう少し歩くと,川の上にかかる木々が減り,明るくなってきます。




ありました,ありました。

梅花藻です。

15_0714_05.jpg


ちらほらと小さな小さな白いものが着いています。

花はあんなに小さいのかと,驚きました。



ところどころに,川まで下りられる場所が作ってあります。

昔は生活のために使っていた場所なのでしょう。

そっと水に触れてみると,かなりの冷たさです。

きりっとした感覚が指先に伝わってきます。




メタさんが,

「水の上に出て咲いているものはもう少しよく咲いていますよ」

と教えてくれました。

15_0714_06.jpg


その通り,見事でした。

花の直径は 1cm 前後です。



梅花藻 (ばいかも) という名前の通り,花の形がかわいらしいウメの花の形です。

古来,中国や日本ではウメの花が理想的な花の形とされてきました。

花びらは縁起のいい5枚。

奇数を尊ぶ思想の影響もあるのでしょうか。

ランの花でも,梅の花びらのような丸い形は 「梅弁」 と呼ばれて珍重されました。

こんな小さな花でも,その美しさは古人を魅了してきたに違いありません。




朝の早い時間帯で,ほとんど観光客らしき姿も見えず,ゆったりと楽しませてもらいました。



自転車で,しかも仲間と見に来たら,梅花藻を愛でる楽しみは,倍かも。

(失礼)




「ここへはあとでもう一度,水饅頭を食べに来ましょう」

と美味しい予告を聞いて,次に向かいます。






醒ヶ井宿から10分ほど走ったところにある 醒ヶ井渓谷 です。

川沿いに渓谷へ向かう道も,醒ヶ井の水のような澄んだ空気感を感じさせる道でした。




醒ヶ井渓谷は数百メートルの短い谷ですが,美しいところでした。

こんな感じです。

15_0714_09.jpg


つねに湿度が高いのでしょう。

苔が美しい渓谷でした。




途中,思わず立ち止まりました。

二人が止まってみているものは,神秘的な光景。

15_0714_07.jpg



渓谷の美しい水の上に,川霧が立ちこめているのです。

15_0714_08.jpg

それをスポットライトのように照らす朝の陽光。

見事でした。




この日はものすごく湿度の高い,蒸し暑い日でした。

当然,空気中に含まれる水蒸気量は相当なものだったことでしょう。

それが,冷たい渓流の水に冷やされて凝結したわけですね。


まさに,この季節,この時間でなければ見られないものでした。

人との出会いもすばらしいものですが,こうした自然との出会いも一期一会を感じさせます。



もっとこの道が続けばいいのにと願いましたが,あっけなく終わってしまいます。





この先の養鱒場を少し見学して,また,この美しい渓谷を走って醒ヶ井宿まで戻りました。




水饅頭をいただきます。

15_0714_10.jpg

よく冷えていて,つるっと一口。

3つは軽くいけますね。

美味しかったです。




大満足の醒ヶ井ライドでした。


琵琶湖周辺のライド記事,もう少し続きます。





写真はこちらにも。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

Comments 12

いま  

タイトル

森林コースを走り抜け梅花藻の咲く清流と水まんじゅう

何とも風情がり涼しげですね~

湧水の醸し出す澄んだ雰囲気が味わえそうですね。

2015/07/15 (Wed) 20:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

いま様

いまさん,こんばんは。

夏にぴったりのライドでした。
涼を求めると,どうしても,水と緑ですね。
コンパクトなライド,汗の量も少なめ。
いい感じでした。

2015/07/15 (Wed) 23:30 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

リキさん、おはようございます!

ワタクシむきの、景色を楽しみながら、ぽたぽた走るのに最適なル-トみたい。
しかも水まんじゅうは大好物です!(^-^)


気になる写真が。・・・・・・・中山道?(?_?)「まさか?読み方が、なかさんみち???」

2015/07/16 (Thu) 07:17 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

清澄

 ダイさん、おはようございます。

 梅花藻、素晴らしいですね。
澄み切った湧水が好きらしくて、以前三島の
柿田川で見ましたが、透明な水のなかでしな
やかに揺れ動く萌葱色が鮮やかで癒されまし
た。
名の通り、白梅の花が水面に咲いているのは
、奥ゆかしさが溢れていて話しかけたくなり
ますね。

2015/07/16 (Thu) 08:16 | EDIT | REPLY |   

晃司  

初めて書き込みさせていただきます。

リキさん、はじめまして。
晃司と言います。

初めての書き込み、失礼いたします。

自分は三月に初めてロードバイクを購入した、まだまだ走りも知識も全くの素人です。
自転車にハマッてしまい色々とサイクリストの方々のブログを拝見している中でリキさんのブログに出会いました。
とぉぉぉっても素敵なブログですね!
文章も写真も本当に素敵で過去のブログも一気に拝見させていただきました!

周りに自転車乗りがおらずいつも1人でユルユルとポタリングしております。
名古屋市在住ですが、知多方面に行くことが多いです。

これからチョクチョクコメントさせていただくかもしれませんが、宜しくお願い致します!

2015/07/16 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャップリン様

チャップリンさん,こんばんは!

なさかんみち!
そう読むのか!(笑)

2015/07/16 (Thu) 21:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん,こんばんは。

川の流れにたゆたう草姿は,動画に保存したいと思うほどでした。
透明な水が余計に引き立つ美しい緑でした。

柿田川も行ってみたいなあ。

2015/07/16 (Thu) 21:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

晃司様

晃司さん,こんばんは。
コメントありがとうございます。おほめのうれしいです。

瀬戸や時,多治見方面へお越しの際はご案内させていただきますよ。
仲間と走るのも楽しいです!

2015/07/16 (Thu) 21:52 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

遅ればせながら…

リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞチッス


醒ヶ井ライドは梅花藻の撮影の為にも~お天気だけが心配でしたが私の日頃の行いがよほど良k··(もとい···w)イニシャルdさn··(もとい···笑)えぇ~っとあと誰だっ···(爆)


リキさんの日頃の行いが、聖人君子の如く非の打ち所がなかったおかげで(リキさんイメージupキャンペーン···笑)望んでいた通りの素晴らしく良い天気となりホストとしましては本当にホッと致しました!(*-`ω´-)9 ヨッシャァ !!


そして、初めてリアルに目にしたリキさんのモーツァルトモード~やはり我々凡人とは違う感性でシャッターをお切りになるその神々しいお姿に畏怖の念(ⅹアヤシイヒト)すら感じるほどで(笑)本当に感動させて頂きました!♡(´,,•ω•,,`)キュン


しかし醒ヶ井でのあれだけ少ない素材の中でこれだけの記事を書き上げられるとはさすがはリキさん素晴らしいの一言に尽きます~洗練された小粋なジョーク(ⅹオヤジギャグ)もなかなか素敵でしたよ♪(・ω≦)テヘペロ


それから私が速すぎず、遅すぎず、ちょうどいいペースで牽くとか、0発進時の加速度が大きいので止まるたびに離されるとか、上手に書いて頂きましたが···( *´艸`)


リキさんはあまりにもキレがなくお気づきにはならなかったかと思いますが···実はあれが平地での私の持てる力を出し切った渾身のアタックでした~(๑و•̀ω•́)و<オソッ !!


しかし、振り向くとすでに笑顔のリキさんがピッタリと···振り向くとピッタリと···後半の信楽ライドを想像すると恐怖すら感じましたよ~(;゚Д゚i|!) ガクガクブルブル


さて、次はそのアカン予感が見事に的中することになる信楽ライド編なのですが···いよいよガルマさんのブログによって虚像にまみれた私の正体(実力)が白日の元に晒される時が来たのですね~(´Д`;)


リキさん、もう覚悟はできております~遠慮なくバッサリやっちゃって下さい!\(^o^)/オワタ(爆)


PS*醒ヶ井の銘水を使った水饅頭はツルッとして冷たくとても美味しく~もう2・3個と思いましたが誰も逝かないので泣く泣く我慢したのは内緒ですww···(*´﹃`*)

2015/07/17 (Fri) 17:45 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

イメージアップキャンペーン,ありがとうございます。
最近,いろいろなところでイメージダウンキャンペーンが張られているだけに,助かります。

メタさんに一度はなされると,なかなか追いつかなくて困りましたよ。
本格的に鞭を入れたメタさんの走り,見てみたいですね~(怖いもの見たさ)。

水まんじゅう,あと二つくらい,行けばよかったですね。
それだけが心残り(笑)

2015/07/17 (Fri) 18:42 | EDIT | REPLY |   

カンパチ  

申し訳ありませんでした。

 リキさん、こんにちは。

申し訳ありませんでした。
挨拶冒頭 ダイさんで始めてしまいました。

すみません。

2015/07/21 (Tue) 17:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチさん,気にしないで

カンパチさん,ノープロブレム(笑)

マブダチですから。
ダイちゃんとぼくも,カンパチさんとぼくも!

2015/07/21 (Tue) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply