新緑のトンネルにはヤツらが



これは,今年の大型連休最終日のライドのことを書いた記録です。

ケガをしたせいで,記事を書くタイミングを逸してしまいましたが,記録にとどめておきたいので書きました。







「ギャア~」

「やめてくれ~」

デリちゃんの叫びが山中に響く。

前例のない恐ろしいライドとなった。



それはコイツのせいだ。

15_0530_00.jpg




美しい新緑を愛でるコースを牽いてくれた ひろ@bike さん。

交通量の少ない,雰囲気のいい道をつないでライドの計画を立ててくれた。

ところが,新緑のトンネルを抜ける道の多くには,虫嫌いを震え上がらせるトラップが仕掛けてあったのだ。






ひろさんのブログには,数回にわたって犬山から御嵩へ抜けるすてきな道が紹介された。

以前から ひろさんが犬山方面でいろんな道を開拓しているのを知っていたので,すぐに 「いっしょに走ろ!」 と申し出た。

すると ひろさんがすぐにコースを組み立ててくれた。

目的地は,御嵩にあるおしゃれなカフェ

ここでランチをいただく計画。



しかし,ロードバイクのライドは,道そのものを楽しむ旅でもある。

その点もぬかりはない。

カフェへ行くための道もすばらしいルートが用意された。

ハイキングコース,林道風の道,田んぼの畦道,川沿いの道など,マイナーなルートがつなぎ合わされたコースだ。




みんなはスイトピア江南をスタート。

ぼくは犬山で合流。

15_0530_01.jpg



木曽川沿いの道を少し走ったところで,いきなりすごい脇道に入る。

15_0530_02.jpg

ふつうに通りかかったら,絶対に自転車で入ろうとは思わない道だ。

おまけに激坂。



最初の激坂は 100m ほどで終了し,あとは楽しい山の中の道となった。

わずかなアップダウンがあるものの,明るい森の中の道は楽しくて仕方がない。

15_0530_03.jpg

ときどきハイキングをしている人がいるので,その点は注意が必要だ。

また,道は多少荒れている部分もある。パンクにも注意。

15_0530_04.jpg


もう,ここを走っただけで,今日は来てよかったと思わされるような道だった。

ひろさん,よくぞ見つけてくれた!

15_0530_05.jpg




この道は可児までつながっていた。

ザーッと下って,しばらく走ると,また犬山市内へ戻ってきた。

どこかで見た道だと思っていたら,ほとんどホームコースのようにして走っている今井の周回路に出てきた。




ここからまた御嵩町に向けて登り基調の道を走る。

いや,上り基調と言うよりは,はっきりした上りだ。

これも走ったことのある道だが,ひろさんが速い速い。

今日はこういう走りをするライドのつもりじゃないんだけど…。



まあ,ひろさんはもともと速い人だから,仕方がない。

ひろさんは重いギアを踏んで,スーッと走っていく。

アウターのみ。

上半身にブレがなく,美しいペダリングだ。

かなりのトルクをかけいるはずなのに,力強さよりなめらかさを感じさせる走り。

お見事。

お見事だけど,もうちょっとゆっくり走ってね。



御嵩に入ると,林道風のちょっとした小さな峠を抜けた。

最初の洗礼はここだった。



美しい新緑のトンネル。

つまり,頭上にも木の枝が重なっているということ。

そこから,白く光る美しい糸が何本も垂れている。

そして,その糸の先には,素知らぬ顔をして毛虫が昼寝しているのだ。

こいつらは,一体何のためにこうして糸一本のハンモックに身をゆだねているのか。



そんなことをのんきに考えている暇はない。

ここでライドの様相が一変する。

先頭を牽くひろさんの動きがシャドーボクシングのようだ。


瞬間的に頭や身体を左右に振る。

相手から繰り出されるパンチを俊敏な動きでかわすかのように。



ヤツらは,目の前に車で見えないことがある。

ふと気づいたときには,目の前に来ていたりするのだ。



しかし,数限りなくぶら下がっているこの糸を,よけようがない場合も多い。

そして,このような事態となる。

15_0530_06.jpg


休憩して止まると,

腕,胸,背中,頭,はてはスポークまで,ありとあらゆるところから毛虫が発見される。



ほとんどの場合,正面から毛虫を受け止めているはずのなで,背中から発見されたということは,ヤツらはそこまで這って移動したということなのだ。

虫嫌いの人はその様子を想像したくないだろう。



これは,ランチのあとで走った 「みたけの森」 でも同じだった。

写真で見ると,美しい新緑の森だ。

15_0530_11.jpg

それはまったく正しい。

楽しく,気持ちのいい道だった。

ひろさんに感謝したい。




しかし,ここで SHOROs の面々は,さらに多くのトラップにさらされることになった。

垂れている糸の本数はかなりのものだった。



ぼくは,小さな毛虫くらいなら平気で触れる。

だから,自分に突いた毛虫をつまんで落とすくらいは造作もないことだ。

だが,デリちゃんなどは身の毛もよだつほど嫌いらしく,大声を上げて真剣に逃げ回っていた。

毛虫をつまんでデリちゃんの方へ投げるなんていう,意地悪をしていた人もいた。

「ホント,真剣にダメですから!」

と哀願するようなデリちゃんをいじめるなんて。

15_0530_10.jpg



さらに,坂道を高速で逃げ回るデリちゃんを,毛虫をつまんだまま追いかけ回す人もいた。

まあ,楽しい大人の遊びである。



そんなこんなで,休憩すると,また一斉ボディチェックが始まる。

15_0530_14.jpg

かなりの数が発見されるので,もう,笑ってしまう。



町中とは思われないヘアピンを抜け,

15_0530_12.jpg

川沿いの細い道を走り,

15_0530_13.jpg

また犬山まで戻ってきた。

いい道だった。






あ,そうそう。

ランチのお店もとってもよかった。

15_0530_07.jpg

日曜休み,要予約,という難しい店だが,ひろさんがきちんと予約を取ってくれていた。

自分の分をカウントし忘れていたらしいが (笑)



出てくる料理は,彩りがきれい。

鮮やかで明るい色合い。

15_0530_09.jpg

軽くお腹の中にスーッと収まっていく。

美味しかった。





犬山でみんなとは別れて,ホームコースの帰り道をたどった。

途中,ふと気づいて寄り道。



忘れていた。

ヒトツバタゴの自生地に行ってみたかったのだ。

まだ咲いていた。

15_0530_15.jpg


新緑をバックに,真っ白な花が映える。


国指定の天然記念物。

樹齢は 400年だという。



そうそう,もう一つ。

このあと近くのコンビニで休憩したのだが,レジでお金を払おうとしたら,財布の上を毛虫が這っていた。

店員さんがぎょっとした目で見ていたが,素知らぬ顔で支払いを済ませた。




コースを組んでくれたひろさん,ありがとう!

いっしょに走ってくれたみんなも,ありがとう!

またね!




写真はコチラにも。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

ひろ@bike  

タイトル

こんにちは!

僕としてはまったりと森林浴&ランチライドにするつもりだったのに、masaさんが煽ってくるおのですからw、ちょっとペースを上げてしまったこともありましたね(笑)。でも全体的にはまったりライドだった・・はずです・・

あの辺りは他にも楽しい(険しい)道がありますから、またいつかご一緒してください!

2015/05/30 (Sat) 13:18 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

ひろさん,こんばんは!

楽しいコースでした!
また,あんなコースを見つけたら,開発段階でも完成後でもおつきあいしますので,誘ってください。

ほんとうにありがとう!

2015/05/30 (Sat) 21:47 | EDIT | REPLY |   

hamo  

タイトル

犬山から可児に抜ける林道は知る人ぞ知るって感じでいいですね!
毛虫は遠慮なので、毛虫が収まった頃にでも行ってみようかなって思います!

2015/05/31 (Sun) 07:34 | EDIT | REPLY |   

ハマ  

リキさんお早うございます

リキさんお早うございます、ハマです
私も昨日(30日)は走ってきましたよ、私は知多半島の真ん中あたりに住んでいるのですが、豊田安城自転車道を通って、小渡から矢作ダムまで行きダムカーをゲットし、そこから19-357-366号線で足助まで行き加東屋さんで冷たい冷菓をいただき帰ってきました、走行距離は157kmでした、山越えが少し疲れましたね。
昨日同行した相棒とは二人合計で128才(歳がバレてしまいますね)と言う高齢年金受給者コンビでした。
まだまだガンガン走りますよ、リキさんも頑張ってください。

2015/05/31 (Sun) 07:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hamo 様

hamo さん,こんばんは。

いい道なんです。
山の空気を思い切り楽しめます。
この道は,毛虫,ほとんどいませんでしたよ(笑)

2015/05/31 (Sun) 22:01 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ハマ様

ハマさん,こんばんは。

おお,合計128歳!
恐れ入りました!
見習いたいです。
ぼくも,ガンガン行きます!

2015/05/31 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply