美濃の山で想う (1)



ライド前日,ちょっと忙しくて参っていた。

ケータイなんか全然見る余裕もなく,夕食をとってゆっくりした後,何気なくケータイを見ると,ライドのお誘いが入っていた。

あわてて 「行くよ」 と返信。

8時間後には,ケンさんがお迎えに来てくれる!(笑)

大急ぎで準備。



今年初の美濃ライド。

美濃はぼくにとって,心のふるさと…

とまでは行かないかもしれないけれど,それほどまでに好きな場所。

とくに,青く澄んだ川の色は 「ここが最高」 と言い切りたいほど。

独特の空気感は,呼吸するのが楽しくなるほど。



いつものように、道の駅 にわか茶屋 に集合。

といっても,ケンさん,こーさんとぼくがいっしょに出かけて,なかさんと合流するだけ。



久しぶりに見る板取川。

この日も なかさんが快調に飛ばす。

15_0430_01.jpg

走り始めて 15km ほど信号がない。

そこをけっこうな速度で走る。

3年前に比べたら,速度が 3km/h は上がっている。

最初の信号でいつもなら小休止するのだが,この日はスルー。

結局,20km ほど走りっぱなし。

今日も 「ゆったり」 「ボタですから」 は言葉だけのスローガンになりそうだ。



いつもの場所で休憩。

なかさんが 「今日のトレーニング終了!」 と高らかに宣言。

ふ~,ここまでけっこうな強度だった。





美濃はまだ八重桜が咲いていた。

15_0430_02.jpg

濃いピンクと深い緑。

かの国の傾城,楊貴妃の愛した色の組み合わせだとか。




出発してしばらく走ると,橋にさしかかるたびに,板取川が美しい姿を見せてくれる。


とくに,この橋からの眺めは,板取川にかかる橋の中でも一番!

深い淵の水は,ほとんど流れていないかのように鏡面を作り,対岸の山を映し出す。

15_0430_03.jpg

どの季節に来ても,その季節ならではの山が美しさを演出してくれる。



… なんて,写真を撮っている間に三人は遙か彼方まで消えていた。

高めの巡航速度で走る三人に追いつくのはたいへんだった。

漕いでも漕いでも,三人の姿が見えてこない。

孤軍奮闘。

でも,けっこう楽しかった。

ちらりと三人の姿がカープの向こうに見えたときはうれしかった。

相当脚を使ってしまったけれど。





少しずつ登り基調になっていることを,脚の筋肉に溜まる乳酸が教えてくれる。

板取川温泉で休憩。

15_0430_05.jpg

ここから見える山は牛の背中のようにユーモラス。

のんびりと浮かんだ雲が愉快だ。



しかし,ちょっとした悲劇が こーさんに降りかかる。

ある事情で,ちょっと元気がない こーさん。

ある事情で,今日はカーボンディープホイール。

そのチューブラータイヤに,スカッと 5mm ほどの裂け目が!

15_0430_06.jpg

チューブラーのパンクなら,なかさん。

その なかさんのサポートを受けて,シーラントを注入。

あっという間に走れる状態に。

シーラント剤,すごい!

このあと,70km 以上を走りきったのだから。


ぼくはまだチューブラーでパンクしたことがない。

いい勉強をさせてもらった。



ここからは板取川から離れ,山を越えて郡上大和へ向かう。

はっきりした峠の名前はわからない。

地図に記載もない。

西峠とも,黒田峠 (くろんだとうげ) とも呼ばれるらしい。




いい道だった。

道も,仲間も,お天気も。

三拍子そろったライドになった。




── つづく







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

Comments 14

改め直して カンパチ  

明鏡止水

 リキさん、こんばんは。

 板取川の澄み切った水が織りなすせせらぎと
淵、吸い込まれそうになりますね。

 峰々の緑が滴り落ち翡翠を流したような川面
に春の終章を惜しむかのように八重桜が艶やか
に微笑む。

 僅かずづ力強さを増す日差しは、夏の序曲の
旋律を秘め、絶え間なくクランクを回し続ける
かつての少年たちにエールを送り続ける。

磨き上げられた鏡のような水面に時間の凍った
風景が映り、その中を今も少年の心を持ち続け
る自転車乗り達が走り抜けてゆく。

今日も疾風になろうとして・・・。

2015/04/30 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

新緑、萌え萌えで川が綺麗!まさに清流!
最高の時期なのに、GW後半天気悪いの(泣)

2015/05/01 (Fri) 09:31 | EDIT | REPLY |   

たかじん  

タイトル

板取川はいつみてもキレイですよね~♪
美濃は道も景色も走っていて気持ちいいですから大好きです!



心のふるさと。。。までいっちゃってください\(^o^)/

2015/05/01 (Fri) 09:38 | EDIT | REPLY |   

ダイズ  

ココは本当にイイ道ですよね。
真夏に走る時は補給を間違えると大変ですが(笑)

しかし「ゆっくり」「ポタ」詐欺にはホント困ったものです。
私以外に真実を語る人は居ないんじゃないかと思う今日この頃です。

2015/05/01 (Fri) 10:20 | EDIT | REPLY |   

リキ  

カンパチ様

カンパチさん こんばんは。

まいったな~。
ぼくの記事がかすんでしまいますよ!
もう,この続き書いてもらえます?(笑)

やっぱり,カンパチさん,ブログ始めなきゃ!

2015/05/01 (Fri) 20:28 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shiga 様

shiga さん,こんばんは。

清流の名をほしいままにする板取川!
もう少し暑くなってきたら,足を浸したくなります。
GW後半,何とか持ちませんかね~。

2015/05/01 (Fri) 20:30 | EDIT | REPLY |   

リキ  

たかじん様

たかじんさん,こんばんは。

美濃,いいですよね~。
心のふるさとになるまで,十年くらい,走り続けたいと思います!

2015/05/01 (Fri) 20:31 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ダイズ様

ダイちゃん,こんばんは。

走ってみて,真夏はヤバいと思いましたよ。
山の中なのに,日陰が少ないんですよね。
ドリンクが切れたら終わりですね。

ただし,山の中の水場も見つけました。
飲んでみましたが,大丈夫そうです(笑)

真実を語る人 ── ヤレヤレ。

2015/05/01 (Fri) 20:34 | EDIT | REPLY |   

INA55  

タイトル

リキさん、こんにちは

わがままな人たちの引率ご苦労様でした。

こーさんはまだ負のオーラを引きずっているみたいですね。
元気出せよ

2015/05/01 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   

チャップリン  

タイトル

リキさん、こんばんは!

板取川行かれたんですか、雨は大丈夫でしたか、なかさんが御一緒してますよ!


雨さえ降らなきゃ、大好きじゃない坂を登ってみたかったな。



こーさんへ
お見送り行けずにすんません、いくら早起きのお爺ちゃんでも5時はむりでした!<(_ _)>

2015/05/01 (Fri) 22:06 | EDIT | REPLY |   

住友輪業  

いいな~、羨ましい!
僕が美濃を走りたい、そう思うようさせた景色が詰まったかのようなライド。
6月が待ち遠しいです(*_*)

2015/05/01 (Fri) 22:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

INA55 様

INA さん,こんにちは

> わがままな人たちの引率
INAさんには,よくご理解いただけているようで(笑)

こーさん,ちょっと元気なかったです。
負のオーラはそれほどでもありませんでしたけどね(笑)

2015/05/02 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   

リキ  

チャップリン様

チャップリンさん,こんにちは!

雨のあの字もなかったですね。
日焼けするほどのお天気でした。
誰がいなかったせい?

2015/05/02 (Sat) 18:06 | EDIT | REPLY |   

リキ  

住友輪業様

住本さん,こんにちは。

住友さんを案内するために,ああでもない,こうでもないと,美濃を走り回りました。
乞うご期待!

2015/05/02 (Sat) 18:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply