2015 伊吹山ヒルクライムの結果



伊吹山ヒルクライムのリザルトが発表になりました。

が,順位とタイムが確認できただけで,客観的に自分がどれくらいがんばれたのかは,わかりません。

このレースの参加は2回目。

昨年はフルコース。

今年は短縮コース。

比較対象がないので,わからないのです。



それでも,自分の感覚的なことから言えば,以前と比べて持久力が上がったと思います。

まず,終盤に向けて少しずつペースを上げていくことができました。
(ガーミンに平均速度を表示させていました)

ゴール直前の斜度が上がったところで失速することはありましたが,大きく垂れることなく走り切れました。

なにより,走り追えて満足感があったことが大きいと思います。




これは,普段のトレーニングの方向性が合っていたと思っています。



昨年11月からローラートレーニングの方法を変えました。

臨時漕会の hiro さんのアドバイスで,持久力アップのメニューに取り組んできたのです。

その方針と考え方は,

・ LTワーク 20分 × 2 を基本とする。

これだけです。



LT とは,Lactate Threshold (=乳酸閾値) のことで,血液中の乳酸濃度の変化が転換するポイントのことです。



運動のし始めからだんだん出力を上げていくと,それに比例して血中乳酸濃度も高まっていきます。

しかし,ある出力の値を転換点として,急激に乳酸濃度が上がり始めます。

グラフの傾きが大きくなるのです。

つまり,強度を上げるのが急に辛くなるポイントのことです。

「AT値」 とほぼ同義と考えていいようです。

心拍をもとにして考えると,メディオ (最大心拍数の80%程度) という領域です。

パワーメーターを使うともう少し厳密に定義・測定することもできます。



その領域での 20分間走を 3分程度のレストをはさんで 2本。

これを二日以上の間隔を空けないように続けます。

土日は実走が入るので,一週間に2回,多くて3回でした。

これが,hiro さんから教えてもらった持久力アップのトレーニング方法です。



しかし,最初は,設定した出力では10分ちょっとしか回せず,参りました。

それを,12分,15分,20分と,徐々に時間を延ばしてきました。

一番キツイのは気持ちを保つことです。

何度も何度もくじけそうになるんです。

15_0414_01.jpg



hiro さんは,ヒルクライムレースの前には,30分 × 2 にも挑戦するとよいと教えてくれました。

「レースの時にタレない脚と、折れない精神力を手に入れることが出来ます」 と。

まだ,30分 × 2 は回せませんが,この春からのトレーニングでは,そこを目標にしてみようと思っています。


今考えているもう一つの目標は,低ケイデンス・高負荷への対応です。

ケイデンスが70以下になったときの速度低下が著しいのです。

わかっていたことではありますが,ガーミンのデータを見ているとそれがはっきりしていました。

もちろん,ギアはインナーローですから,これ以上ギアを落としてケイデンスを上げることはできません。

負荷が高くなった時にも,ある程度のケイデンス (80以上) で回せるようになることが必要なのです。

これについては,練習方法をどうするかが,まだ決まっていません。



未だ記録更新できていない雨沢峠のタイムも,なんとかがんばってみたいです。

これは,Toy さんやこーさんからもアドバイスをもらいました。

よし,がんばる!

15_0412_03.jpg

ぼくはG組ですが,その上のH組でも,とんでもないタイムで登っている人がたくさんいます。

「負けられない」 という発想は,ぼくの中にあまりないんですが,刺激は大いにもらっています。

ぼくももう少しがんばります。



加齢に抗って,華麗に走力を高めるという挑戦です。

来年の伊吹山では,どちらのコースになっても,今年の自分との比較ができます。

今から楽しみです。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

Comments 6

ケン  

タイトル

地道で科学的なトレーニングはうそをつきませんね!
結果が物語っています。

リキさんの事をライバルと言っていた自分が恥ずかしい・・・
なんか遠い存在になっちゃったなぁ・・・w

2015/04/16 (Thu) 10:16 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

レース時間踏み続ける事ができるかですね。
RUNでも20km×2をこなしても40kmは走れません。
結局走っていない領域は未知数なんですよね~。

ですので、60分踏み続けてください(笑)
更なる進化を期待しています!

2015/04/16 (Thu) 16:27 | EDIT | REPLY |   

hiro  

頑張った成果を肌で感じる事が出来たようで僕も嬉しい気持ちになりました
お伝えした内容はパワーメーターを使ったトレーニングの基本部分でまだまだ奥は深いです
パワートレーニングバイブルに載っているメニューを色々試して効果ありそうなものをどんどん取り入れていってくださいね
僕も今一緒に練習させて貰ってるJPTクラスタや実業団の選手に色々アドバイスもらいながら試行錯誤してやってます>_<
強くなるのは千里の道というのを日々感じています…が諦めたらそこで試合終了なんでまだまだ頑張りますよー^ ^
そういえば僕まだリキさんとご一緒させてもらってないなぁ(´・_・`)

2015/04/16 (Thu) 18:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ケン様

ケンさん,こんばんは。

そんな遠い存在だなんて…。
たまたま今回はぼくが少し先にゴールできただけ。
これから,これから!

sennmu さんに誘われたライドで,初めてケンさんの後ろを走ったときに,あまりに衝撃的だったケンさんのきれいなペダリングを,ぼくはいまだに追いかけているつもりですよ。

2015/04/16 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shiga 様

shiga さん,こんばんは。

20分でやっと継続できる強度で,30分は絶対無理!
と今は思っています。

これを少しずつ伸ばしていこうと思っています。
でも,60分は真剣に無理!(笑)

2015/04/16 (Thu) 22:10 | EDIT | REPLY |   

リキ  

hiro 様

hiro さん,こんばんは。

教えてもらったことをただひたすら続けてきました。
それだけでけっこう手応えを感じられたのは,うれしい限りです。
今の方針だけで,もう少し続けてみたいと思っています。
それと平行して,『バイブル』の勉強もしてみようと思います。

いちど hiro さんともご一緒させていただきたく,その日を待っています。

2015/04/16 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply