Loading…

雨の中を走った,その先にあったものは

Posted by リキ on 08.2015 お出かけ   14 comments   0 trackback


臨時漕会から,コギコギさんと住友さんを迎えてのライド。

あいにくの雨になってしまったが,意を決して出発した。



雨の中,薬師川沿いに進む。

何度も太い道路を横切るので,決して走りやすい道ではない。

それでも,次々と現れる桜並木に目を奪われる。



川面に大きく枝を張り出すソメイヨシノ。

サクラ天井となっている通りもある。



圧巻は,数百メートルにわたって続くベニシダレザクラ。

15_0405_04.jpg



そこを抜けると,鮮やかな花色の桃畑。

最後は,五条川と新郷瀬川沿いの桜並木。



だいぶ散りかけてはいるが,どこも見事だった。

その魅力と,雨ライドの辛さを秤にかけたら,どちらに傾くだろうか。



そのあとは,犬山城下へ移動。

まず,桜の名所である桃太郎神社へ向かった。



ところが,驚いた。

木曽川沿いの道に入ったとたん,ため息が出るほどの光景がそこにあった。

15_0405_08.jpg

あの広い木曽川の川面が,川霧に覆われている。

しかも,その川霧は水面からかなりの高さにまで溜まっていた。


おそらく,空気中に含まれる大量の水蒸気が,水面近くで冷やされて凝結したものだろう。


うっすらと川霧がかかっていることはよくあるが,ここまで量の多いものは初めて見た。



大きな水たまりのできている道を走り,神社に到着。

15_0405_05.jpg

山にも霧がかかっている。

15_0405_06.jpg



桃太郎神社は,ユーモラスな神社だ。

荘厳さや,歴史の重み,畏怖を感じる空間,などというものとはキッパリと縁を切っているのが潔い。

B級グルメの味わい (笑)

15_0405_051.jpg



しばらくあちこちを見て回り,茶屋で休憩となった。

昔懐かしい円筒形の石油ストーブ。

15_0405_07.jpg

白雲母の窓からのぞくオレンジ色の炎が温かさを演出してくれる。

そして,実際,ほっとする温かさだ。



注文を済ませたのに,いすに座らず,ストーブを囲む仲間たち。

田楽やみたらしをいただいて,ゆっくりさせてもらった。

ここでも自転車乗りのたちの話に花が咲く。

雨の中をずぶ濡れになって走ってきたというのに,なぜこんなに明るいのか。



今まで何度か雨の中のライドを経験している。

その経験からすると,雨中のライドはなぜかみんなのテンションが高い。

異様に明るかったり,はしゃいだりするのだ。

体温や気力を奪う雨の冷たさから,本能的に体を守ろうという反応だろうか。



そしてもう一つ,妙な一体感が生まれる。

「オラオラ,行くぞ~」

「ようし,行くぞ~」

というような感じ。

困難に立ち向かうためには,これが効くのだ。




さて,休憩は終了。

再び雨の降りしきる道を犬山城へと向かう。



しかし!

ここに立ちはだかった大きな壁!

いったん休憩をすると,体が冷える。

そこへやや下り基調の高速巡航は,体を切られるような冷たさをもたらす。

もう,とんでもない冷たさだった。



これは,「妙なテンション」 で乗り切るしかない。

インナーロー縛りで思いっきり回転させて走る人。

叫びながら走る人。

おとなしく震えながら走ったぼくが一番フツーだった。



でも,ほとんど思考停止だったらしく,犬山城までのわずかな道のりで二度も道を間違えた。

全然フツーじゃなかったかもしれない。



そして,ふつうではなかったものがもう一つ。

それは,木曽川と犬山城の姿だった。

それまでビルに隠れて見えなかった城と川が,橋のたもとに出たとたんに見えた。

15_0405_10.jpg



「これは写真が撮りたい」 とコギコギさんが立ち止まる。

「わあ」 と声を出しながら,みんなが橋の中程へと移動する。

思わずため息が出る。

15_0405_09.jpg




川面にふわりと霧をのせた大河。

岸辺には満開の桜。

かすむ山の上にそびえる古い山城。

小雨に降りしきる中,それらが一つの壮大な絵になる。



僕たちは,自身もその絵の中に入り込んで,絵を眺める。

15_0405_11.jpg



予想外の雨中ライドのご褒美に,うれしさがこみ上げてくる。

満開の桜の印象がかすむほどの光景だった。


余韻に浸りながら,帰途についた。




旧41号線を南下し,羽黒の交差点から尾張富士方面へ向かう。

せっかくだから,明治村の坂を登ってもらった。

路くんと住友さんがかっとんで行った。




明治村前で最後の休憩をして,朝宮公園へ戻った。


なぜか,どんどん雨が強くなっていく感じがした。

でも,みんな笑っている。

大声を出してはしゃいでいる。



心頭滅却すれば,火もまた涼し。

みんなで走れば,雨もまた楽し。



公園に到着すると,立ち止まらなくてもいいのに,雨の中で立ち止まって話している。

しばらくおしゃべりをしたあと,やっと歩き出すみんな。

15_0405_13.jpg

今日という日をかみしめながら歩いているかのようだ。




今年に入って初めての実走だというみっちゃまは,雨のライドも初めてだという。

「楽しかった」 を連発していた。

たしかに楽しかった。

本当に楽しかった。



雨のライドは,強く印象に残る。

そのときいっしょに走った仲間との一体感も高まる。


体は冷えたが,心はそんな思いで温まる。



着替えとバイクの積み込みを済ませて,またおしゃべり。



おやおや,雨がやんだみたい。

15_0405_14.jpg

名残は尽きないけれど,これで解散。




コギコギさん,住友さん,来てくれてありがとう!

いっしょに走ってくれたみんな,ありがとう!

またね!





写真はコチラにも。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








関連記事
スポンサーサイト

コギコギさんと住友さんがせっかく来てくれたのにこの天気…
最初は心底そう思いましたが、逆に楽しくて仕方ない一日になりましたね。

走り終えた時にある人が「やっぱり走ると一体感が出るな~」と言ってくれたことがとても嬉しく印象深かったです。

でもやっぱり次は晴れがいいですね(笑)
2015.04.08 23:15 | URL | ダイズ #JalddpaA [edit]
コンクリート作家の祥雲先生の作品は、
このあたりでは色々な場所で見られますが、
あんなに近くで見れて触れて愛される像はあまりないですよね(笑)

桃太郎神社の田楽とみたらしが意外にも美味しかったです!
やはり、あの状況下だったからでしょうか?
みっちゃまは、みたらし団子だけでは飽き足らず。
追加で注文した五平餅を食べながら、みんなあんまり食べないんだね〜。
と、まだまだ物足りげでした(笑)

過酷なみっちゃまライドまでにもう少し
胃ぢからを付けていきたいところです!
2015.04.08 23:22 | URL | #- [edit]
雨が降ってしまったことは残念なことだったのかもしれません。
しかし雨だからこそ出会える景色があり、雨だからこそ深まる縁もあるということですね。
良いことも悪いことも表裏一体。
じゃあ良いことにフォーカスを当てたほうが楽しめます。
そんなことを再確認できた素晴らしいライドになりました。

雨の予報に正直不安がなかったと言えば嘘になりますが、行けば何かが起こるはずと思って愛知に行って良かったです。
行き当たりばったりって素晴らしい♪

次にそちらに伺う日も楽しみにしています!
もちろんこちらにも皆さんでお越しくださいね♪
2015.04.09 00:57 | URL | 住友輪業 #- [edit]
桃太郎神社とはベストチョイスですね!

今年は花冷えがきつかったせいか意外に花が散りませんでしたね。
お客様を迎えるために頑張ってくれらのでしょうね。川面の雲海と共に!
2015.04.09 07:19 | URL | shiga #LkZag.iM [edit]
リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞチッス


臨時漕会のあのお二人をお招きされて~コーディネートされた愛知山岳ライドが雨とは···ホント残念でしたね~ヽ(TдT)ノアーウ…


それでも、そんな雨の中をライドが決行されることになり~さすがの名コーディネーターのリキさんもコース選定にさぞかし胃が痛かったことでしょうね~あんかけスパも大量に残さ···お察し申し上げます(笑)


厳しかった天候の間隙を突いて始まった雨中のご一緒ライドも終わって見れば楽しい思い出&笑い話ッスね~(❁´ ︶ `❁)*✲゚*


西播磨の方々(神戸在住も含む)は異常にフットワークが軽いのですぐに次の機会が訪れるとは思いますが···その時には今回の話題で盛り上がれることでしょう~(≧∇≦)b


次回は晴天の下、皆様をヒイヒイ言わす『リキさん厳選!○くまで登るぜ~愛知山岳ライド』が決行されることをお祈り申し上げます~改めまして今回は本当にお疲れ様でした!(`・ω・´)ゞ再チッス (爆)



PS*愛知側のメンバーも素晴らしい超豪華キャスト~こんなメンバーを一声で集められるとはさすがは人徳者のリキさんですね♡(´,,•ω•,,`)キュン

2015.04.09 20:54 | URL | メタボびと #J2E4.bgw [edit]
今回、私たち二人をお招きくださって本当にありがとうございました。
天気は晴れに越したことはありませんが
雨でも素晴らしいサイクリングになりました。

人間って不思議ですよね。

決して条件は良くない・・・
いや、過酷なのに
最後には爽やかな笑顔で終われる。

しかし単独で、それは無理なんだと思います。

寒くて、砂まみれになって、雨に打たれて、ずぶ濡れになって
でも、一人じゃなかった。

雨に散りゆく桜がしとやかで美しい事に気付いたのも
川霧に浮かぶ犬山城が荘厳で神々しい事に気付いたのも
仲間と一緒に走ったからこそだと思います。

最後の笑顔は
みんなと同じ経験を分かち合えた喜びであったような気がします。

今回の雨のサイクリングで
私たちと、そして愛知のローディーとの絆は確実に深まりました。

そして物語は to be continued・・・なのです。
2015.04.09 21:25 | URL | コギコギ #nZwKOC6o [edit]
ダイちゃん,こんばんは。

「やっぱり走ると一体感が出るな~」とは,いい台詞ですね~。
生で聞きたかったな。

いい一日になってよかったと胸をなで下ろしています。
ありがとうございました。
2015.04.09 23:48 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
路くん,こんばんは。

それは知らなかった!
有名の作家さんの作なんですか!
素人っぽい出来だな~,なんて思ってしまったのは内緒にしておきます。

そうそう,田楽とみたらしはうまかったですね。
あの辺りを走ったら,また寄ってみようと思いました。

みっちゃまライド,楽しみにしています。
新しいとこ,探さなきゃ。
胃力ね(笑)
2015.04.09 23:52 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
住友さん,こんばんは。

転んでもしめた,という言葉がありますが,まさにそれですね。
雨だからこそ。
そして,よいことにフォーカスする発想は,生きていく上では大切ですね。

また,そちらに伺うのも楽しみです。
2015.04.09 23:54 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
shiga さん,こんばんは。

桃太郎神社は,ほとんどその場の思いつきです。
田楽とみたらしいが意外なほどうまかったので,行ってよかったと思います。
そのあとの,すばらしい犬山城との対比も見事で(笑)
2015.04.09 23:55 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
メタさんもお疲れ様です!

胃が痛くなるほどではないにしても,直前までいろいろと頭の中でシミュレーションして,夢に見るほどでしたよ。でも,結果オーライで,ホッとしています。

つぎは,メタさんに,滋賀の山を走り回るぜライド,梅花藻を楽しむ宿場町ライドなど,企画よろしくお願いします!楽しみにしています!
2015.04.09 23:58 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
コギコギさん,こんばんは。

まるで,ブログ本編のような詩的なコメント,ありがとうございます。
なんか,すっごくうれしいです。
雨が降ってよかった,くらいにも思えます(笑)

まだまだ,続編を楽しみたいです。
また,よろしく!
2015.04.10 00:00 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
 リキさん、おはようございます。

昨日、出張で拝見できませんでした。
タイミング悪いんですが、コメント
したくてたまらなかったので・・・

素晴らしいですね。
環境も状況もうらやましいの一言で
す。 まさに、自転車乗りの醍醐味
ですね。
2015.04.10 10:09 | URL | カンパチ #- [edit]
カンパチさん こんばんは。

そんな,タイミングが悪いなんて,ぜんぜんそんなことはありませんよ。
コメントして頂くだけでうれしいです!
笑っちゃうほどたいへんだったり,辛かったりするわけですが,それが楽しいのが自転車乗りという変わった人種なのでしょうか(笑)
2015.04.10 17:37 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/466-22f42551

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム