命の輝き



昨日,土曜日,朝ゆっくり起き出したらすごい風が吹いていました。

金曜日にローラーを回した疲れが脚に残っていたので,まあ,今日はゆっくりするかと,のんびり過ごすことにしました。


メールをチェックしていると,Rapha からメールが入っていて,何気なくリンク先をクリックすると,「THRIVOR」 と題するブログ記事が現れました。



少し気になって,動画の再生ボタンを押しました。



美しい景色のなかをうねるように続く道。

そこを走るロードバイクの映像。

15_0201_02.jpg

ああ,こんな道を走ってみたいなと思ってみていると,突然映像が切り替わります。

汗を流しながらローラー台に乗る一人の男性。

その男性が,こんどは病院らしきところで点滴を受けています。

ナレーションが英語なのでほとんどわかりませんが,「癌」 という言葉が聞こえました。

点滴後には,トイレで激しく嘔吐する映像。




あとからブログの英文を読んでみると,紹介されているオーストラリア人のジャスティン・マクリーンさんは,大腸癌と闘っているようです。

このビデオは,闘病生活のなか,ロードバイクを生活の中心に置いたジャスティンさんの様子や,辛い化学療法が終わったお祝いにと,親友が企画したコルシカ島のライドに出かけたときの記録でした。

15_0201_03.jpg



長い映像でしたが,なんと美しい映像だろうかと思いました。

命の輝きにあふれていました。

ローラー台の上で息を切らしてペダルを回す様子も,抗がん剤の副作用と闘う姿さえも。

そしてもちろん,コルシカ島の美しい自然のなかを仲間と友に走る姿も。




英語のニュアンスがよくわからないのですが,

Survivor to Thrivor

というスローガンには,「単に癌と闘う者という存在にとどまらず,前向きに成長していく者でありたい」 とのメッセージが込められているようです。


生き様の美しさそのままの,美しい映像でした。



実は,ぼくも10数年前,大腸ポリープの切除をしたら,一部が癌化していて肝を冷やした経験があります。(その後の検査はずっと異常なしです)

そんなこともあって,余計にジャスティンさんの置かれている状態に特別な思いを持ったのかもしれません。






命の輝きは,誰の人生にもあるはずです。

そんな美しい輝きを,暴力的に吹き消すような行為が許されるはずがありません。

しかし,腹立たしい思いや怒りを,そのまま言葉や力に載せて相手に伝えてしまえば,事態が明るい方向に進むことはないでしょう。

「許さない」 と相手に詰め寄れば,相手だって 「それがどうした」 と歯をむいて応えるでしょう。

作用・反作用の法則です。



体を蝕もうとするがん細胞と共生するのは難しいかもしれないけれど,人間の体はともすればやっかいなことをしかねない細菌を身のうちに抱えながら生きています。

腸内環境などは,つねに対抗する勢力のせめぎ合いの中,絶妙なところでバランスを取っているのだとも聞いたことがあります。



15_0201_01.jpg

人間社会も,そんな共生ができないものでしょうか。

懐の広い森のように,鷹揚な精神を持ち,微妙なバランスの中で折り合いをつけていくことはできないのでしょうか。

困難を極めるかもしれませんが,決してできないことでもないと思うのです。



誰もが等しく持つ命の輝きを,お互いにたたえ合う世の中が,いつかは来るはずだと,ぼくは思います。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

KOU  

rikiさん、こんばんは。
深いですね。
いがみあわずに笑って過ごしたいですね。
でも、世の中って色んな人がいてそれぞれに色んな考えがあって…
みんながお互いを尊重しあい分かり合えれば争いも起らないのでしょうけどね。そうはいかないんですよね~_~;
世界が平和で戦争のない日がきますように…

2015/02/02 (Mon) 00:29 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん こんばんは。

なかなか難しいことだけれど,人はそんなに馬鹿な生き物じゃないですから,きっとできるとぼくは信じています。
だって,ぼくの友だちだって,みんないい人ばかりだから。

2015/02/02 (Mon) 20:29 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

タイトル

あまりに深くて …コメントしたいのに 言葉が出てきません。
きっと 沢山の方が 自分の心の中で自問自答されているでしょうね。
心に響きました。ありがとうございます!

2015/02/02 (Mon) 21:26 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おねえさん様

おねえさん,ありがとうございます!
よくもまあ,こんなコメントしづらい記事に(笑)
暗くなってしまいそうなニュースを前に,自分を明るく保つために書きました。
毎日,明るく生きなくっちゃね!

2015/02/02 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

迷いましたが…

リキさん、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞチッス


なかなかに深く重いテーマなので
いつものようなおちゃらけコメントは不適切だと判断致しまして『マハトマ・ガンディー』の名言を綴ってみました。

**************

狂った破壊とは、時には全体主義の名の元に、自由を勝ち取る正義の為に、民主主義の名の下に行われている。死にゆく人々や孤児や浮浪者に対して、それが一体何の違いをもたらすというのだ。


私は絶望するといつも思う。歴史を見れば、真実と愛は常に勝利を収めてきた。暴君や残忍な殺人者もいた。一時は彼らは無敵にさえ見える。だが、結局は亡びている。それを思う。


人間を信じるコトをやめてはいけない。人類は海だ。海はたった一滴の汚水が落ちても、全体が汚れることにはならない。


世界の運命を暴力によって蹂躙させない唯一の方法は、私たち一人ひとりがあらゆる暴力を肯定しないことにある。


重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。


満足は努力の中にあって、結果にあるものではない。


目的を見つけよ。手段は後からついてくる。


明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。


幸せとは、あなたが考えることと、あなたが言うことと、あなたがすることの、調和が取れている状態のことである。


本当の富とは、健康のことであり、金や銀のことではない。


※コメントとして適切でなかったかもしれません〜失礼致しました。m(_ _)m

個人の力は弱く微力ですが…せめて諦めることなく世界の平和を祈り続けていきたいと思います。

人々の何よりも大切な命の輝きのために···

2015/02/02 (Mon) 22:49 | EDIT | REPLY |   

suzuki  

タイトル

リキさん、こんばんは。

思うところはいろいろありますが、文字にしようとすると思うようにいきません。

なので一言だけ。

教育はとても大切なものですが、とても怖いものでもあるということを改めて思いました。

2015/02/02 (Mon) 23:52 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

すてきなコメント,ありがとうございます。
人間を信じることを止めてはいけない ── いい言葉ですね。
心にしみます。

2015/02/03 (Tue) 07:37 | EDIT | REPLY |   

リキ  

suzuki 様

suzuki さん おはようございます。

経済状況の好転と教育の普及は確実な進歩をもたらしてくれるでしょうね。
未来は明るいと信じています。

2015/02/03 (Tue) 07:40 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

愛する人のため一日長く生きよう。

2015/02/03 (Tue) 08:50 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shiga 様

shiga さん,こんにちは。

カッコいい!
惚れてまうやろ~(笑)

2015/02/03 (Tue) 15:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply