Loading…

「信号からの発進が遅い」 の力学

Posted by リキ on 29.2015 ロードバイクの理科的考察   12 comments   0 trackback


仲間とライドに出たとき,信号待ちからのスタートで遅れてしまうことがよくあります。

前走者がスタートしてすぐにぼくもスタートするのですが,あっという間に間隔が開いてしまうのです。



原因は二つあります。

一つ目は,クリートをはめるのが下手なこと。

いつまでたっても上手になりません。

スタートした瞬間,パチンとはめる人はすごいと思います。


もう一つの理由は,加速力が小さいこと。

他の人がぐんぐん加速するのに,ぼくはジワ~ッとしか加速しないからです。



大きな加速度を得るためには,大きな力が必要です。

ニュートンの第2法則は,


  f = m × a

 ( f : 力, m = 質量, a = 加速度 )


と記述されます。


力と加速度は比例しますから,

「大きな力を加えれば,加速度は大きくなる」 のです。


また,逆のことも言えます。

「加速度を大きくすると,大きな力が加わる」

つまり,ぐいっと加速すると,筋肉や関節などにも大きな力が加わるのです。


以前,落車してダメージを受けた股関節の違和感が,最近少しずつ痛みに近くなってきているので,警戒しています。

グイッと加速すると大きな力が身体に加わって,ダメージが大きくなることが考えられます。

そこで,一気に加速するような場面はできるだけ減らそうと意識的に注意しています。

ぼくと同じように,膝関節や股関節などに心配の種をかかえる人は,加速度の大きさには気をつけた方がいいかもしれません。


加速度が大きくならないような踏み方にはちょっとしたコツがあります。

それは,イメージで言うと,

ガツン!とぶつけるように踏む ── 加速度が大きい (負担が大きい)

グゥウッと押し込むように踏む ── 加速度が小さい (体への負担が小さい)

力を入れ始めてからグイッと踏むまでの時間を少し長めにとるのです。





「力積 (りきせき)」 という考え方もあります。


  力積 = 力 × 時間


で表されます。

力積が大きくなると,速度の変化も大きくなります。


簡単に言えば,

「小さな力でも,力を加える時間を長くすれば,速度はどんどん大きくなる」

という意味です。



「小さな力しか出せないのなら,時間をかければいいじゃないか」

ということです。


加速度が小さくても時間をかけて加速していけば,必ず前走者には追いつきます。


力学においては,「時間」 という要素がとても大きな役割を果たすのです。


だから,スタートで出遅れたぼくは,一気に加速して追いつこうとせずに,時間をかけて少しずつ速度を上げていくことにしています。

そうすれば,筋肉や関節への負担がぐっと減るのです。

もちろん,いつもそういうわけにはいかないし,ぐいぐい加速する楽しさもありますから,時と場合によりけりですね。





信号からのスタートの問題で言えば,先頭の人よりも2番目の人の方がわずかに遅くスタートしますから,同じ加速度では追いつけません。

トレインを形成するためには (同じ速度に達するには),2番手の人は加速度を大きくするか,加速時間を長くする必要があります。

3番目,4番と後ろの順番になればなるほどスタート時の遅れが大きくなるので,加速度をより大きくするか,加速時間をより長くする必要があまりす。

つまり,トレイン形成を考えるなら,先頭がスタート直後にぐんぐん加速するするのは,後続の脚を削ることにつながるのです。

そこで先頭は,ゆっくり加速するか,スタート直後は定速走行しておいて,後続がスタートしてクリートをはめおわってから加速していく方が,スムーズなトレイン形成ができるはずです。




大きな加速度が大きな負担をもたらすのは,自転車に限りません。

お店だって,急にお客さんの数が増えたら対応にあたふたしてしまい,ほころびが出てしまいます。

しかし,少しずつ増えていく分には対応がスムーズに行くはずです。



乳酸の代謝もそのようになっているような気がします。

ヒルクライムで急激な加速をすると,一気に乳酸が増えます。

これをうまく処理できないと脚が終わってしまいます。

急激な乳酸増加に対処するのは難しいので,ヒルクライム序盤でがんばりすぎると脚の売り切れにつながりやすいのです。

15_0129_01.jpg


そこで,ヒルクライムではペースを一定に保つことが重要とされています。

少しずつ増加していく乳酸なら,代謝サイクルもスムーズに働くのではないでしょうか。

乳酸のたまる加速度が小さい方が,代謝サイクルにかかる負担も小さいわけです。



プロ選手や本格的にレースをする人は,レースが始まる前にローラーを回しています。

DSC00951_f3.jpg

あれも,体にかかる負荷増加の加速度を小さくするための方法,ということもできるのではないでしょうか。

何も準備していない段階で,一気にレース強度で運動すれば,体にかかる負荷の加速度は大きなものになるからです。



また,ライドの序盤では負荷を小さめに押さえておくのも大切な心がけになるでしょう。




年を取ると,体に優しい負荷のかけ方を心がける必要があるのです。

もちろん,若い人にも,故障を減らすための方法として知っておいてもらうのがいいと思います。


「加速度が大きいと,大きな力が加わる」

「負荷の急激な増大は,体への負担が大きい」







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







関連記事
スポンサーサイト

わたくしも信号待ちで出遅れますので、なるべくインナーに落としてから信号待ちします。

ほんと皆さんスタートから30キロぐらいまでが異様に速い・・・ブルベの時なんかは最後尾にいると置いてかれます。

苦肉の策ですよ(笑)だからギアをガチャガチャしまくりですよv-388
2015.01.29 20:03 | URL | モト #- [edit]
信号待ちからのリスタートは私も遅いですね~
疲れちゃうんであまりチカラ入れないですし。

ウォーミングアップは最近その大切さを実感してますので、序盤は結構負荷低めで走ってます。

クルクルLSDは低負荷のハズなのにかなり疲れましたけども(笑)
2015.01.29 20:16 | URL | ダイズ #JalddpaA [edit]
耳がいたい話です・・・('ε'*)

でも最近はウォームアップと信号スタートを気を付けるようにしています。
次にリキさんと一緒に走るときは、その辺りの変化をお見せしますね!
2015.01.29 22:45 | URL | 住友輪業 #- [edit]
リキ教授、今日もお疲れ様です!(`・ω・´)ゞチッス


なるほどなるほど、私達ぐらいの歳になれば、あまりに大きな負荷は過剰な負担となり〜やがて怪我に繋がりますからねぇ…


アゥッΣ(ノд<)イテテ!! なんて事になったら歳の分だけ治りも遅そうですから気をつけなければ···φ(゚Д゚ )フムフム


しかし、リキさんもおっしゃる通り『ぐいぐい加速する楽しさ』もあるんですよねェ~


最近はブログBiwako Cyclingさん主催の週末朝練に参加させて頂いて若い衆に揉んで貰っているのですが…

トレインの巡航スピードが徐々に上がって来ると皆様から「厳しくなってきたら無理せずに千切れたらいいんですよ!」と、年寄りに優しいご指導もいただいているのですが〜年甲斐もなく頑張っちゃいます…←バカ(笑)



何クソとガシガシ踏んで何とかすがり付き、余裕もないのに更に極限(あくまで自分比…笑)Bダッシュ(パクリ疑惑…汗)で一旦は先頭に!(๑و•̀Δ•́)و


しかし、前に出た途端わずか数秒でただの太った屍となり果て皆様のお邪魔をして呆れられているダメおやじプリ全開ッス〜まだまだ修行が足りません!ヾ(_ _。) 反省···←いやいや今回はそれがあかんというお話でしたよね〜ヾ(_ _。) 猛反省…(爆)



PS*これはあくまでも憶測ですが〜この記事は、リキさんも次回参加される?「第二回○○ートー○○」の際に信号ダッシュがお得意の主催者様(先日の第一回の際にも『後続が脚を使おうとも、容赦なく牽きを緩めず····』という鬼の名言を残されております~笑)に対する軽い牽制球の意味も含まれているのでしょうか?( ̄▼ ̄*)ニヤリ
2015.01.30 02:21 | URL | メタボびと #J2E4.bgw [edit]
モトさん,おはようございます。

スタートから30キロぐらいまでが異様に速い …… そうなんですよね~。
あれについていくと,後半大変なことになるので,マイペース維持!
あれを,トレーニングの一つととらえる考えもありますが,トレーニングは別のところでやった方がいいように思っています。

苦労が絶えませんね(笑)
2015.01.30 07:48 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ダイちゃん,おはようございます。

いやいや,ダイちゃんとぼくでは「低負荷」の絶対値がちがいますから~(笑)
クルクルはたしかに長い時間になるとかなりきますね。
ぼくは高回転むきではないことがだんだんわかってきました。
といっても,高トルク型でもない…(笑)
2015.01.30 07:50 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
住友さん,おはようございます。

いえいえ,いつぞやの住友さんの記事を狙い撃ちにしたわけではありません(笑)
次に走る機会を楽しみにしていますね。
年寄りに優しい走りを! って,どこのスローガンだ(笑)
2015.01.30 07:52 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
メタさんもお疲れ様です!

若い衆にもんでもらっているなんて,うらやましい!
ガンガン踏んで屍となりはてる … それもまた楽し!
だけど,故障はしたくないよね,というつもりで書きました。

牽制球! そ,そんな意図は,ま,まったく…(笑)
牽き回されるのは,実はそんなにきらいではなかったりして(笑)
2015.01.30 07:56 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
リキさんの力学~!!

コレって平田とかのインターバルに通じますね。
集団で前のほうにいたら良い理由のひとつですね。

スピードプレイは両面キャッチなので簡単よ!>コレが一番の理由だったりする(笑)
2015.01.30 08:20 | URL | shiga #LkZag.iM [edit]
shiga さん,こんにちは。

そうそう,集団の前に位置取った方が絶対に有利ですよね。
しかし,そのためには力が必要。
そして,結果的に,力のある人ほど有利な状況になる…。
勝つのが難しいわけですよね。

そうか,スピードプレイにはそういう利点も!
2015.01.30 15:39 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
rikiさん、こんばんは!

何も考えてないお爺ちゃんは、スタ-トしか見せ場が無いので、ここぞとばかりにガシガシと!

もちろんあっという間に足が売り切れに。・・・・・・でも良いんです、これしか無いんです。(;一_一)
2015.01.31 19:22 | URL | チャップリン #- [edit]
チャップリンさん こんばんは。

そうですよね〜。
年寄りくさいこと言ってないで、ガシガシ踏んでいかなきゃ!
ガシガシもできなくなったらおしまいですから。
チャップリンさん、ぼくよりも思考が若い!
負けた!(笑)
2015.01.31 23:58 | URL | リキ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/432-c329a6fd

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム