コギコギさんと 播磨シーサイドロード



相生に来て二日目。

万葉岬の夜明けを楽しんだ後は,コギコギさんと二人でライドです。

コギコギさんと二人きりなんて,贅沢でしょ (笑)


「今日はゆっくり行きましょう」 とコギコギさん。



走り始めると,ちょっと鳥肌が立ちました。

14_1124_20.jpg

そういえば,初めて ayu さんと八草コースを走ったときも,KTM さん,モリゾーさんと初めての80km ライドに出たときも,初めてsennmu さんの後ろに着かせてもらって走ったときも,鳥肌でした。

自分が,そこで走っている ── それが,にわかには信じられないようなことになっているからです。

何度経験しても,うれしさと緊張感が混在する瞬間というのは,いいものです。



30cm 前を走るコギコギさんから,いつもの声が聞こえてきます。

「減速~」

「はい,ストップ~」


この 「減速」 のかけ声は,特に重要だと感じています。

わずかな時間よそ見をしていたり,何か気になることがあったりしているとき,前車が減速すると,あっという間に車間が詰まってヒヤリとすることがあるからです。

そんなときは,ハンドサインも見落としているので,「声」 が重要なのです。



揖保川沿いに東へ向かいます。

河口に出て,海が近くなりました。

14_1124_21.jpg

これだけでもう,うれしい!


着いたところは,新舞子 (しんまいこ)。

14_1124_22.jpg

偶然でしょうが,チタイチをするときによく使う知多半島の集合場所も 「新舞子」。



コギコギさんのブログにはめずらしく,お色気描写で知られるところです (笑)


もちろん,この季節にそんなことは期待できるわけもなく… 残念。


ここは,引き潮になると,潮だまりが点在する干潟になって,そこに太陽の光が反射すると,すばらしい眺めになるのだそうです。

この日は,残念ながら朝早い時間に引き潮になっていたようですが,初めて来るぼくには,そんなことは関係なく,十分にすばらしいところに思えました。


どこまでも静かでおだやかな海面。

14_1124_26.jpg

ゆっくりとしたテンポで繰り返される潮の音。

遠くから響いてくる船のエンジン音。

雲と光が織りなす水墨画のような濃淡の世界。

14_1124_24.jpg

このあたりに住んでいる人にとっては,なんということのない,普通の海なのかもしれません。

遠くまで来ているというぼくの特別な感慨が,この海を特別なものとして見せてくれているのでしょうか。

ぼくの白いロードバイクが,なんとすてきに見えたことか。

14_1124_25.jpg



ほとんどしゃべらずに二人で海に向かっていましたが,ぼくには,充実した時間に感じられました。

コギコギさんは,二日酔いで走れない日に,ここまで来てボーッとしているのだそうです。

二日酔いはしたことがないのでわかりませんが (笑),その気持ちはわかるような気がします。

14_1124_23.jpg

繰り返す波の音のゆらぎが,何とも言えず心地よく身にしみてきます。




新舞子の海を後にして,播磨シーサイドロードへ向かいます。

快適なアップダウンが繰り返される海辺の道です。

14_1124_27.jpg

キツいというほどでもなく,まさに適度なアップダウン。

ロードバイクを操るのが楽しい道です。



途中,道の駅 でちょっと補給と休憩。

「地元の道を楽しんでもらえたら,それは一番うれしいこと」

とコギコギさん。

たっぷり楽しませてもらっていますよ。


また,「写真を撮りたいところがあったら,いつでも自由に止まってくださいね」

とコギコギさん。


ふと,なかさん のことを思い出しました。

なかさんも,二人で走ると,よくこう言ってくれます。

地元の道があたたかい。

いっしょに走る人も温かい。




途中でシーサイドロードから左に折れ,海の方に下りました。

降りてきたのは,室津 (むろつ) という古くからある漁村です。

14_1124_28.jpg

古くから栄えた漁港のようで,本陣がありました。

ということは,昔は参勤交代の宿場にもなっていたということ,相当由緒ある町なのですね。




さて,ここでも登場したのは,短い激坂。

14_1124_29.jpg

ここ瀬戸内では,ちょっと高いところへ行くと展望がすばらしいのですが,そこへ行くためには,激坂クリアが必要条件のようです (笑)



案内されたのは,賀茂神社でした。

14_1124_30.jpg

京都の上賀茂神社や下鴨神社の系列にあるとのことで,由緒ある神社だそうです。

ちなみに,自転車の交通安全お守りもあつかっています。



境内を歩いていると,妙齢の上品なご婦人が声をかけてくれました。

「お茶を入れたのでどうぞ」



このご婦人,コギコギさんに室津のことを語り始めました。

14_1124_31.jpg

この町にある人と人とのつながりがいかに温かいものであるか,というお話です。

すてきなお国自慢でした。

それを聞くコギコギさんも温かい表情で相づちを打っています。

上品な語り口というのは,音楽のようにすてきなものです。

田園交響曲の2楽章と言った風情でしょうか。



きれいに掃き集められた桜の落ち葉。

14_1124_32.jpg

緑青のふいた銅板。

14_1124_33.jpg

本州の神社には見られないソテツ。



細かいところ一つ一つが見飽きない,静かで いい神社でした。



神社から降りて,漁港方面へ。

14_1124_34.jpg

おお,よそ見してたら海に落ちそう,と思いながら写真を撮る…。



牡蠣の即売所へ向かいましたが,今年は牡蠣の生育が今ひとつのようで,試食コーナーはありませんでした。

残念。



ループ橋を登ります。

14_1124_35.jpg

上から見下ろすと,室津は本当に小さなかわいらしい町。

14_1124_36.jpg

日本にはいいところがたくさんあるなあと,感じました。



実は,ぼく,海よりも山の方がずっと好きです。

いや,海はどちらかというと苦手な感じでした。



でも,ここ瀬戸内の海を肌で感じで,ちょっと変わりました。

海もいい。

あ…,ただそれだけですが…(笑)

このおだやかさがいいです。




シーサイドロードに戻りました。

快適な走りを楽しみます。



コギコギさんが,「ゆっくり行きましょう」 と言って走り始めたライドでしたが,客観的な速度は決してゆっくりではありませんでした。

けっこうな速度で走ったりしました。

ロードバイクって,ある程度,速度を出した方が気持ちがいいですよね。

ゆっくり楽しむのもいいけれど,最後までずっとゆっくりではちょっとつまらない。


コギコギさんにとってどうだったかはわかりませんが,ぼくにとっては,ものすごく快適なペースでした。

そして,新舞子,室津などの見所は,ゆっくり楽しみました。

ロードバイクの快適な速度域も楽しみました。

そういう意味で,「ゆっくり楽しんだ」 と言える走り方でした。




ふと,気がつくと,朝,万葉の岬から降りてきた道と同じ道を走っていることに気づきました。

なるほど,ぐるっと一周してきたんだ。



相生の市街地へ続く最後の道をかみしめるように走りました。

この午前中は,コギコギさんとぴったり息の合った走りができたように感じて,とても気持ちがよかったです。

コギコギさんの背中には,そういうものを感じさせる,何かがあるようです。



終着点は,もちろん,ここ,だるま珈琲。

14_1124_37.jpg

ケーキのついたセットをいただきました。

コーヒーの香りと,ケーキの甘さが心地よく疲れた体にしみます。



コギコギさんは,ロードバイクにかける思いをゆっくりと語ってくれました。

それは,安全への思いだったり,ロードバイク文化の成熟についてだったり,仲間内の楽しいこぼれ話だったり…。

14_1124_39.jpg
(photo by マスター)


折しも流れてきた曲は,マーラーの5番第4楽章アダージェットです。

映画音楽にも採用された,名旋律。

コギコギさんのおしゃべりが,映画のワンシーンのように流れていきます。



途中,長野から来たという方がコギコギさんのブログのファンだったり,

もとプロ選手だったトミーさんが突然登場したり,

楽しい時間はあっという間に過ぎました。




西播磨は,近くはないけれど,決して遠くもありません。

でも,ここにすてきな友だちができたことで,少し近いところになりました。

また,年が明けて季節がよくなったら来ます。

14_1130_13.jpg
(コギコギさんからいただいた賀茂神社のお守りとマスターからいただいた だまるチロル)


いっしょに走ってくれた皆さん,ありがとう!

またね!





写真はこちらにも。

これにて,「リキ 西播磨を走る編 その1」 完結です。

読んでくださった皆様,ありがとうございました。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト

Comments 28

Nao  

リキさん こんばんは。

播磨路編楽しく拝読させて頂きました。
自分も知らない街や道を走っているようで
遠征した気分ですが、
おかげで放浪癖が刺激されて困ります。

2014/12/04 (Thu) 18:54 | EDIT | REPLY |   

リキ  

Nao 様

Nao さん こんばんは。

Nao さん,かなり全国的にいろいろ出かけていますもんね。
その行動力がすごいですよ。うらやましい。
つぎは,渋峠に行ってみたいんです。
しまなみに行ってみたいんです。
Nao さんの行ったところばかり(笑)

2014/12/04 (Thu) 19:01 | EDIT | REPLY |   

きっち  

次は北摂に…

長編連載、面白かったです。
明日紹介する曲のネタも出来ましたし(笑)

今度は北摂にもお越しください。
北摂~丹波の素敵な道をご紹介します。
リキさんのためなら、頑張って土日に休みを取ります!

…その前に住友さんと一緒に自走で名古屋行きかな?www

2014/12/04 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   

ワタル  

リキさん、丁寧なお返事ありがとうございます。m(__)m ロードバイクに乗り続けていればいずれ一緒に走る機会が来ると思っていますので、楽しみにしてます(^-^)
チームshorosのジャージはしまなみ国際サイクルリングのEコースで、でもお二人ほどお見かけしましたし(^-^)


瀬戸内の展望のいい場所…激坂……確かにほぼセット売りですね(-_-;)

2014/12/04 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

リキ  

きっち様

ありがとうございます。

春には是非北摂を訪れたいですね。
住友さんと待ち合わせでという計画もおもしろそうです。
その節にはよろしく!

2014/12/04 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ワタル様

こちらこそ,うれしいコメントありがとうございます。
まだまだしばらくは元気で乗り続ける予定です。
いずれ,ご一緒してくださいね。

展望と激坂の組み合わせ,けっこう好きです(笑)

2014/12/04 (Thu) 22:19 | EDIT | REPLY |   

住友輪業  

タイトル

本当に楽しい2日間でしたね。
さあ、次は僕がそちらに出向く番です!
えっ!? きっちさん自走するんですか?
僕は一般人ですので遠慮しときますぅ(笑)


追記。

以前の記事のコメント欄に、この2日間の走行ルートの公開を希望する声があったのでルートラボにて用意させていただきました。
秘密でもなんでもなくて、むしろ皆さんに是非走っていただきたいコースです♪
1日目。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=67239b3cb760bfd6d8a615f5ba4693f8
2日目。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=00738327b0a085c834aa05895a23f421

リキさんのお友達の方なら、喜んでご案内いたしますよ!

2014/12/04 (Thu) 22:22 | EDIT | REPLY |   

だるまマスター  

いつもは、色んな人を書いてるコギコギさんがリキさんの目線で描かれて、とても大人な自転車乗りの描写でゆっくりとした時間が流れているようでした(*^^*)
二人のツーショツト僕にも記念の一枚です(^^)v

2014/12/04 (Thu) 22:31 | EDIT | REPLY |   

リキ  

住友輪業様

いやいや,ぼくももう一度春に行きたいと思っています!
きっちさんのところへも行きたいし,行きたいところが増えて困ります(笑)

ルートラボのデータ,ありがとうございます。
記事の方でも紹介させてもらおうかな。
うれしいです。

2014/12/04 (Thu) 22:45 | EDIT | REPLY |   

リキ  

だるまマスター様

そうそう,ツーショット写真,ありがとうございました!
勝手に使わせてもらいました。
これは記念に残る名ショット,って自分が言うか(笑)
写真に添えられた,マスターの「大人な時間」というコメントが密かにうれしかったです。

2014/12/04 (Thu) 22:47 | EDIT | REPLY |   

ダイズ  

タイトル

長編記事、お疲れ様でした。

リキさんの記事を見てると、私が走った道と同じ道をリキさんが走るとどう描くのか、とても興味深いです。
恐らく臨時漕会の方々も同じ思いでリキさんをご案内されてたのではないでしょうか?

そして遠征心をくすぐられます(笑)
今年行けなかったトコロもいくつか残ってしまいましたが、行きたいトコロに西播磨が追加されちゃいました\(^o^)/

いつかだるま珈琲さんにも行きたいです。

2014/12/04 (Thu) 22:59 | EDIT | REPLY |   

コギコギ  

タイトル

思えばこの2日間、私たちはリキさんに自分たちの思いを伝える事に夢中でした。
小さい子供が母親に、あんな事があったよ、こんな事があったよと
一生懸命伝えようとする姿を見る事があります。
それは大切な人にこそ知ってほしいという純粋な欲求・・・
私たちもリキさんに、小さい子供の心と同じく、播州の素晴らしさを知って欲しかったのです。
龍野の紅葉に始まり佐用の大イチョウ、木漏れ日ロードに坂越の大避神社と妙見寺、
2日目の万葉岬の夜明けから、新舞子、室津、そして、はりまシーサイドロード・・・
私たちの故郷(ふるさと)自慢にリキさんは夢中でシャッターを切るという行動で応えてくれました。
リキさんが夢中でシャッターを切る姿が
私たちにはリキさんが「播州は素晴らしいね」と言ってくれているように思えました。
私たちの故郷の良さを知ってもらう事は
すなわち、私たち自身を知ってもらう事と同等なのです。
リキさんが播州を知った事で私達との絆はより深くなったと思います。
あの万葉岬の夜明けのように
私たちの未来は更に明るくなっていくのだと思います。
2日間、私たちと共に走って頂いて有難うございました。

2014/12/04 (Thu) 23:35 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。

素晴らしい播磨路ライドでしたね。

貧脚の自分では、rikiさんのようにスンナリと行けないかもしれませんが、すごく行ってみたくなりました。
いつかブラリと行ってみたい!

2014/12/04 (Thu) 23:41 | EDIT | REPLY |   

フクちゃん  

長編執筆が、如何に西はりまライドが楽しかったかが、窺い知れますね
ワタシも是非ご一緒したかったのですが、先に計画していた小豆島〜香川ライドに出てまして、瀬戸内の反対側から「リキさ〜ん‼︎」と叫んでいましたが聞こえましたでしょうか
輪行の帰りに相生駅の改札で、リキさんとバッタリ…という奇跡を期待しましたが、そう上手くはいきませんねf^_^;)
今度、こちらに来られるときは、是非ご一緒ささてもらいますね*\(^o^)/*

2014/12/04 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

バイソン  

リキさんには 食べてもらいたい食べ物が まだまだあります(笑)(笑)

是非長期間滞在して下さいませ(*´∀`)

そして リキさんと初めて会ったビワイチにあった木漏れ日ロード・・・僕にはシーサイドロードに見えていたんですよ(^^)

琵琶湖の水辺と瀬戸内海の水辺は似ているんです♪

2日間ありがとうございました(о´∀`о)(о´∀`о)(о´∀`о)

2014/12/05 (Fri) 02:54 | EDIT | REPLY |   

バスク輪  

まったり大人な時間ライドもいいですね。まだまだ紹介したい場所が沢山ありますので是非またお越しください(^_^)/

2014/12/05 (Fri) 08:14 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

あぁ…新舞子の景色、播磨シーサイドロード、妙見寺や賀茂神社の激坂…下りで怖くて引いて下りたなぁ…

今回は2日目はご一緒出来なかったけれど 以前コギコギさんに案内して貰った景色が リキさんのブログを読みながら 鮮明に浮かんできました。
日本海しか知らなかった私には、 瀬戸内は 穏やかで温かく包んでくれる様な安らぎを感じます。
寒さが苦手な私…穏やかな瀬戸内で 穏やかでないバリバリに走り回る老後が迎えたい♪( ´▽`)
また 是非 ご一緒して下さいませ( ´ ▽ ` )ノ

2014/12/05 (Fri) 13:08 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ダイズ様

ありがとうございます!

同じ道を走っても,みんな感じることが少しずつちがったりするのがおもしろいですよね。
そういうことを聞いたり読んだりすると,自分の感じ方の幅が広がったりするのもおもしろいです。

ダイズさんも,けっこういろいろ遠征されていますよね。
ぼくも,遠征の楽しみを知ってしまいました。
これって,禁断の木の実?(笑)

2014/12/05 (Fri) 15:44 | EDIT | REPLY |   

リキ  

コギコギ様

うまく言葉になりませんが,こちらこそ,本当にありがとうございました。
コギコギさんの詩のようなコメントを読んで,ちょっと目が潤んでいるぼくです。

播州は本当にすばらしいところでした。
その土地のすばらしさというのは,その土地の人たちのすばらしさでもあると思います。
コギコギさんが,「ぼくがブログで書いているのは結局 ”人”なんだ」と言っていたことを思い出しました。
ぼくたちはロードバイクというものを通して,人とふれあっているんでしょうね。

また,行きます!

2014/12/05 (Fri) 15:50 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん こんにちは。

ほんとうにすばらしい二日間でした。
瀬戸内の穏やかな自然と,なにより,すばらしい仲間と。
行きたいところがふえるのは楽しいことですね。

2014/12/05 (Fri) 15:51 | EDIT | REPLY |   

リキ  

フクちゃん様

そうなんです。ふつう,長くても3回くらいですが,今回はずいぶん長くなってしまいました。
それだけ,密度が濃かったんです。

瀬戸内の海を眺めていたら,名前を呼ばれたような気がしましたが,フクちゃんでしたか。
ちゃんと聞こえましたよ(笑)

そうそう,リニューアルオープン,おめでとうございます。
住友さんじゃないけど,思わず行こうかなと思ってしまいました。
また行きますので,その節はよろしく!

2014/12/05 (Fri) 15:55 | EDIT | REPLY |   

リキ  

バイソン様

ごめんなさい。
あれほど強烈なオススメにもかかわらず,姫路で下車しませんでした。
次回は駅そば,食べますからね。

こちらこそ,二日間,いろいろと笑わせて頂き,ありがとうございました!

2014/12/05 (Fri) 15:58 | EDIT | REPLY |   

リキ  

バスク輪様

まだまだ紹介したい場所がたくさん,などと言われると,すぐにでも行きたくなってしまいますよ。
次回が今から楽しみでなりません!
よろしくお願いします。

2014/12/05 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おねえさん様

穏やかな瀬戸内で バリバリに走る老後,いいですね~。
かっこいいですよ。
ぼくも,そうありたいです。
あの人,60過ぎてからもどんどん強くなってるよ~って言われたい!

また,相生で待ち合わせしましょ!

2014/12/05 (Fri) 16:04 | EDIT | REPLY |   

メタボびと  

こんばんは!

リキさん、『播州路を走る』を含む全6編のブログアップお疲れ様でした!(`・ω・´)ゞチッス


楽しいそうなことにはアクティブなリキさんならではの濃密で有意義な二日間でしたね…


コギコギさんとの静かな時間がゆったり流れるようなライド…

だるま珈琲での背後からのツーショットには、違いのわかる大人のウィットに富んだ会話が珈琲の香りとクラッシックの調べに乗せて聞こえてくるようでした…


ガサツで粗野な私にはとても入っていけない空間ですが2~3席空けてお二人の会話を黙って楽しんでみたかったですね…(笑)



いやいや、今回もホント楽しませて頂きました~次はどこに遠征されるのかな?


次も旅情が揺さぶられる様な記事を期待しております!(≧∇≦)b←特にハードルをあげている訳ではありません…(爆)


PS・リキさんにお願いしていた今回の走行ルートを住友さんがコメント内にて公開して頂いたので、早速ルートラボのお気に入りに収納させて頂きました!(灬ºωº灬)♡


お礼コメも住友さんのブログに入れさせて頂きましたが、またよろしくお伝え下さい。m(_ _)m

2014/12/05 (Fri) 19:49 | EDIT | REPLY |   

snail  

なるほど…映画のよう

ベニスに死す、ですね!非日常な甘美な西播磨のライド、なんだかあの映画に似てる気がしてきました。死ぬほど堪能したという意味で、西播磨に死す、って感じでしょうか。(笑)
お二人の後ろ姿が素晴らしいエンディングですね。なんかshorosと臨時漕会のジャージっていい感じで似てる気がするのは僕だけでしょうか?

2014/12/06 (Sat) 08:40 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メタボびと様

メタさんもお疲れ様です!

ありがとうございます。
また,記事を書く励みになります。

ぼくも住友さんのブログにコメントを淹れておきました。
メタさんのコメントがおもしろすぎるので,うかつに飲み物などを吹かないよう警告しておきましたよ!

2014/12/06 (Sat) 11:27 | EDIT | REPLY |   

リキ  

snail 様

いやいや,死んでしまっては困るんですけど(笑)
確かにぼくにとっては甘美な非日常ライドでした。
お見事な分析です。

そして,ジャージですが,はじめて臨時漕会の方と走ったビワイチの時に,みんなに「違和感ないね~」と言われました。色使いが似てるんですよね。それだけでもすごくうれしかったです。

2014/12/06 (Sat) 11:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply