はじめてのチューブラー装着



今回は,はじめてのおつかい,ではなく,はじめてのチューブラー。


まずは,情報を仕入れます。

なかさんとみちくんには直接話を聞きました。

KTM さんのブログでも予習。

自転車屋さんにも注意点などを聞きました。



自分でやった最初の作業は,タイヤの選定。

ほとんど何も知識がなく,何を選んでいいのかもわかりません。

そこで,とりあえず 「定番」 と呼ばれているヴィットリアのタイヤを選びました。

14_1016_04.jpg

クリンチャーはコンチネンタルの GP4000S を使っているので,チューブラーも同じものにしようかと思ったのですが,「堅くてはめるのに力がいる」 という情報もあり,今回は止めておきました。


タイヤを貼る方法は,なかさん,みちくんのすすめもあって,テープを選択。

ミヤタのテープを買いました。



タイヤはちょうどセールをしていた Wiggle で買うことにしました。

特別に速い便ではないのに,注文の4日後に到着したのには驚きました。




マニュアルにあったとおり,最初は2気圧程度の空気を入れて一晩放っておきました。

こうすることで,タイヤが均等に伸びて装着しやすくなるそうです。


心配していたのは,タイヤのバルブが 35mm のリムからどれだけ出てくれるかということです。

というのも,バルブエクステンションが必要だと思い,トピークの製品を買っておいたのですが,相性が悪いのか,まったく使い物になりませんでした。

14_1016_01.jpg

こうなると,エクステンションなしで,空気を入れられるかどうかは大問題です。

試してみたら,エクステンションなしで空気を入れることができました!

よし!



いよいよ,タイヤの装着です。

慎重にテープをリムに貼り付けます。

チューブラーテープといっても,要するに緩衝材の入った強力タイプの両面テープです。

これをリムに貼っていきます。

バルブの穴までテープを貼って,ブログネタを作らないようにします。

14_1016_05.jpg

空気が入ってしまったので,針でつついて追い出しました。

14_1016_06.jpg






一周したら,両面テープの表面のフィルムの端を少しはがしておきます。

このあと,タイヤをはめてからフィルムをはがすための準備です。

はがした端は,手を離すと元にもどってしまうのでセロテープで留めておきました。

14_1016_07.jpg




空気を抜いたタイヤをはめます。

回転方向を確認します。

14_1016_08.jpg


伸ばしておいたおかげか,簡単にするするとはまりました。

このあと,1~2気圧程度の空気を入れて,センターを決めます。

ヴィットリアのこのタイヤは,リムと接する面が白くなっています。
(この部分を ふんどし というらしい)

タイヤをはめると,この白い部分がリムから少しはみ出します。

このはみ出し部分の幅が,左右両側で同じかどうかをチェックすれば,だいたいセンターが出ていると考えていいでしょう。


センターが決まったら,両面テープのフィルムをはがして接着です。

14_1016_10.jpg


情報の仕入れ先で共通して話題に出たのは,チューブラーテープのフィルムをはがすときに,「フィルムが切れないように気をつける」 ということでした。

つまり,けっこう切れてしまうことが多いということでしょうか。



そこで!

チューブラーテープの力学!

(おおげさ…)


たかが,両面テープのフィルムをはがすのに,

ニュートンの第2法則  f = m a (力 = 質量 × 加速度)

を持ち出すという,ムダに大げさな企画。


この第2法則をかんたんに翻訳すると,

「加速度が大きいと大きな力が加わる」

となります。


ロードバイクも,急加速するとき (加速度が大きいとき) は,大きな力が必要です。

フィルムをはがすときも,フィルムの速度が0からだんだん上がっていくわけですが,急加速しようとすると大きな力が加わって,ちぎれてしまうのです。

ですから,引き始めはゆ~っくりが安全です。

ある程度まではがしたら,手を止めてタイヤを回し,またはがし始めることになります。

再スタートもゆ~っくりと。

こうすれば,ちぎれずにすみます。



全部はがし終わったら,いったん空気をぬいて,タイヤをリム面に押しつけます。

押しつけることでより接着力が高まります。



ここで,大げさ企画第2弾!

接着の力学!

そもそも,接着剤やテープでものがくっつくのはどういうわけか。


それは,分子レベルではたらく 「分子間力」 のせいです。

物質を構成する分子同士が限りなく近づくことによって,両者の間に電磁気的な力が働き,磁石のようにくっつくわけです。

接着剤やテープ無しでタイヤとリムをくっつけても,両者の間には分子レベルで言えば大きな隙間が空いているので,分子間力が働くことはなく,くっつきません。

接着剤や,接着テープは,物質の表面にある細かなでこぼこが作る空間に入り込んで,その隙間を埋めるのです。

隙間がなくなると,分子同士が密着することになり,大きな分子間力が働きます。

分子間力は距離の2乗に反比例しますから,距離が小さくなるほど接着力はぐんぐん大きくなるのです。

ですから,ぐいっと押しつけることでさらにタイヤとリムの距離はさらに小さくなり,大きな接着力が得られます。


しかし,一説によると,強くくっつきすぎたテープはパンク修理の時にリムからはがすのが大変だそうですから,ほどほどがよいかも。



ということで,タイヤを装着完了!




悲しいのは,高圧で入れられるポンプをまだ入手していないこと。

14_1016_11.jpg

手持ちでは,6気圧が限界でした。



買うポンプがまだ決まっていません。

さっと決めてネットで注文すれば速いのに,店に行って実物を見て決めようなどと思うものだから,こんどは 「店に行く時間がない~」 と困ることになります。



だから,まだ,このホイールで走れない … (泣笑)







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト

Comments 22

matz  

タイトル

早くしないと間に合いませんよ~ww


果たして・・・
チューブラ履いたリキさんについていけるか!?
心して臨みたいと思います!

2014/10/21 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   

路  

タイトル

さすが、リキさん!
張替えは3回しか経験がありませんが、
3回とも引きちぎったのはこれが原因でしたか!!
あと、僕の場合はテープを引く角度が悪すぎたのも原因だった?気もします(苦笑

タイヤの剥がし自体は、それほど大変ではありませんでしたが、
逆にテープが、リムやタイヤにくっついてしまい、
再利用の為にそれを剥がすのがめちゃくちゃ大変でした。
このあたりは、テープの弱点の一つですね。
第三弾 テープ剥がしの力学!
期待してます!!

2014/10/21 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

焦ってますよ~。

でも,ホント時間がなくて,間に合わないかも~。
ロングライドだから,一応試走しておきたいし…。

無理だったら,matz さんを豪快に千切るのは次の機会にします(笑)

2014/10/21 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

路様

ありがとうございます!

テープ剥がしの力学 … これは難題ですな。
ちょっとぼくには荷が重そうです。

テープを引く角度は,鋭角過ぎるとまさつが大きくなるでしょうね。
直角に近い角度の方がフィルム同士の接する面積が小さくなるのでスムーズになる … あくまで予想です。

2014/10/21 (Tue) 23:28 | EDIT | REPLY |   

ダイズ  

タイトル

ついに始動間近ですね~

私は毎回フィルムをチギってますが、さすがリキさんです。
とあるショップでテープをバルブの穴にあえて被せることでバルブが当たるカチカチ音を防ぐ、という方法を教わりました。

ちなみに私はチューブラーとの相性が悪いのか、ネガティブネタがいくつかあります…

同じことが起きる…いや起きないようレポ楽しみにしてます(笑)

2014/10/22 (Wed) 00:03 | EDIT | REPLY |   

きっち  

ニュートンの第二法則www

素晴らしくわかりやすいです。
リキさんが私の先生だったら理系の道に進んでいたかもwww

2014/10/22 (Wed) 01:16 | EDIT | REPLY |   

ぴよぴよ  

タイトル

テープのフィルムが切れるなんてことは、よほど強引に引かない限り滅多にないですよ。
あるいはフィルムに傷をつけてしまっていたか。
トピークの延長バルブは全く使い物になりませんね、同感です。
リキさんの体重なら6気圧入っていれば十分走れますよ!

2014/10/22 (Wed) 08:00 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

バルブ穴付近が厚くなっているのでテープを短くすることもありますよね。
ここら辺は相性でしょうね。

2014/10/22 (Wed) 16:59 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ダイズ様

気になりますね~。
その,ネガティヴネタ!
ブログ記事としての登場を心待ちにしております(笑)

2014/10/22 (Wed) 18:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

きっち様

ありがとうございます!
そう言っていただけると,木に登ってしまいます(笑)

2014/10/22 (Wed) 18:43 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ぴよぴよ様

え? 6気圧で大丈夫なんですか?
ヴィットリアの説明書によると,ぼくの体重だと,推奨空気圧は7~8気圧になってました!
ということは,6気圧くらいでも問題なさそうですね。
乗ってみようかな~(笑)

2014/10/22 (Wed) 18:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shiga 様

なるほど,そのあたりは,いろいろな知恵があるのですね。
次に貼る機会があったら,観察してみます。

2014/10/22 (Wed) 18:47 | EDIT | REPLY |   

タイプR  

タイトル

初めてコメントさせていただきます。
いつも楽しく読ませていただいてます。
ミヤタのチューブラーテープですが、実は両面テープの強度が5mと20mバージョンで違うんです。これは行きつけのショップで教えてくれたんですが、5mバージョンはフィルムが弱く切れやすいんです。20mは丈夫。
それを聞いてそんな馬鹿な!と思ったんですが、実際使い比べてみると確かに全然違うんです。
だから最初は5mを買いましたが2回目からは20mを使ってます。
だからリキさんのはゆっくり慎重に引き抜けばなかなか切れないと思います。
私は体重が63kgほどですがパンクした後にハンドポンプで5.5~6.0気圧程度空気を入れたら普通に走る分には全く問題なかったです。普段は7~7.5気圧くらい入れてます。

2014/10/22 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   

バイソン  

僕はブリジストンのフロアポンプを使ってます( ☆∀☆)
ロードだけじゃなく色んな空気を入れれるやつです(^^)

僕は7気圧で乗るんですが 完全にペタンコにしても すぐ入ります。手放せません♪

2014/10/22 (Wed) 22:30 | EDIT | REPLY |   

ぴよぴよ  

タイトル

トライアスロンで長距離を走る時は、乗り心地を良くして体への負担を少なくするために6.5気圧ぐらいで走るので6気圧でも大丈夫ですよ、たぶん(^^ゞ。
それにビットリアはラテックスチューブでしたっけ?
空気が抜けるのが早いと思うので、7~8気圧で走り始めても数時間後には6気圧ぐらいまで下がっているんじゃないでしょうか?
パンク防止のシーラント剤NOTUBESと最も相性がいいのはビットリアだと思います。
世紀の大実験を見てくださいね(^^ゞ。
https://www.youtube.com/watch?v=zebRhNugf90

2014/10/22 (Wed) 22:31 | EDIT | REPLY |   

リキ  

タイプR様

タイプRさん,ありがとうございます!
ええ,存じ上げておりますよ。もう2年も前からコギコギさんのブログで!

5mと20mで強度がちがうとは,予想だにしない驚きの事実!
次回の記事で紹介させてください。

2014/10/22 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   

リキ  

バイソン様

専用のものじゃなくても,いい品はあるんですね。

ところで,最近のバイソン産の活躍ぶり,すごいですね。
いつもフェイスブックを見ながら「おお~」とつぶやいています。
次にお目にかかるときには,驚異的な進歩を遂げられているバイソンさんと走ることになるんですね!

2014/10/22 (Wed) 22:38 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ぴよぴよ様

世紀の大実験,見ました!
次々とエスカレートしていく展開がおもしろい!
そして,吹き出しの台詞に笑いました。
NOTUBE の CM に採用されるんじゃないでしょうか(笑)

2014/10/22 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

タイプR  

タイトル

チューブラーテープのフィルムの件、どうぞ紹介してください。多分、知らない人の方が多いと思いますから。ただし、僕がこのテープを購入した時期は1年以上前なので、現在製造されているものも強度が違うという確信は持てませんので宜しくお願いします。
でも、記事にすればいろんな人が最新の情報を教えてくれるかもしれませんね。

2014/10/22 (Wed) 23:26 | EDIT | REPLY |   

路  

タイトル

テープフィルムの強度が違うなんてことあるんですね!!
すごい勉強になります。
ちなみに3度切ってしまったフィルムはすべて5mのものでした(笑
今度は僕も20m買って試してみます。

僕の使ってるポンプは10年前のトピークの安物ですが、
ポンプヘッドを「HIRAME」にかえたのがよかったのか?
10気圧くらいまでなら入ります。
確か、shigaさんの「新春御美市!」で
誰も興味を示さず余っていたような・・・(ボソ

2014/10/22 (Wed) 23:51 | EDIT | REPLY |   

リキ  

タイプR様

ありがとうございます。
ブロガーとしての役割を果たします。

2014/10/23 (Thu) 07:28 | EDIT | REPLY |   

リキ  

路様

HIRAME … ネットの方々で出会いますね。
それが,あの方の倉庫に。
有力情報ありがとうございます。

2014/10/23 (Thu) 07:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply