チームによる違いと共通点と



つわりのひどい娘が,とうとう入院することになり,孫の面倒を見る仕事が本格化しそうな我が家です。

近々,マゴブログに変更するかもしれません (笑)

そうなっても,見限らないでね。




さて,今回は,何回にも分けて記事にしたビワイチで感じた,別の側面について書いてみたいと思います。


初めてビワイチは,臨時漕会の皆さんとのライドでした。

ほかのチームの中に入って走るのは初めてです。

相当ドキドキしていました。


走り出す前の雰囲気は,いつもの仲間と走るときとほとんど同じです。

にこやかで,笑いがあって,わくわくして。


ところが,走り出すとすぐに雰囲気の違いをびんびんと感じました。




まずは,声。

ハンドサインとともに,必ず声もかかります。

しかも,けっこうな声量。

14_0918_01.jpg

「減速ぅ」,「ストップぅ」,「左曲がりまぁす」,「対向車ぁ」,「車ぁ」,「グレーチングぅ」等々。

それに 「はいぃ」 と応える声もどんどん出てきて,とてもにぎやかで元気な感じ。

こうして文章にすると,堅い感じがするかもしれませんが,かけ声の抑揚は,気楽というか,威勢がいいというか,体育会系のかけ声です。

路肩や路面の危険物指さし回数もかなり多いです。



ハンドサインの方言も多少ありましたが,同じ日本語の範囲内という感じですぐ理解できました。

しかし,自分の行動としてはすぐに対応できませんでした。

ふと気づくと,かけ声やハンドサインを出すたびに足が止まっていて,車間が開いてしまうのです。

慣れるのには少し時間がかかりました。

それに,高い速度で巡航していると疲れてきて,声かけや細かいハンドサインができず,黙ったままでいることも増えてきて,完全に甘えた状態で列車に乗っていました。スミマセン。




もう一つ,違いを感じたのは,車間の狭さです。

みなさん,かなり詰めて走ります。

14_0918_02.jpg

ずっとというわけではありませんが,30~40cm が普通,といった感じのことも多かったです。

普段から僕はけっこう詰めて走る方なので,自分だけなら特別な感じはしなかったのですが,これだけの人数で車間の狭い列車走行をするのは初めてです。

それだからこそ,声をしっかり出して安全を確保する必要があるのでしょうね。



当然の帰結として,ドラフティングの効果は大きいですから,列車全体の速度が上がることにつながります。

そして,バイソンさんやぼくは,空気抵抗の少ない3番手,4番手に入らせてくれます。

バイソンさんが2番手に入ると,コギコギさんから「3番手か4番手で走れ!」と指示が出ていました。

ぼくは,黙ってちゃっかりといい位置に入らせてもらっていましたが(笑)

こうして走力のちがいをカバーすれば,これまた列車全体の速度を高く維持することができるのですね。




そうそう,走り出す前に,コギコギさんが車間を詰めるときの注意をレクチャーしてくれました。

実際に自転車を持ってきて,

「車間はこれくらい」,

「目線はタイヤでなく,背中の辺りの景色で距離感をつかむ」,

「ハスったときにはあわててハンドルを切らず,押しつけるようにしてゆっくり下がる」

などていねいに説明してくれました。

14_0907_01.jpg

ぼくは,「おお~,コギコギレッスンだ,ブログで読んだとおりだ」 と,感動して聞いていました。

「わかっているかもしれないから」 と省略するのと,

「わかっているかもしれないけど」 ときちんと説明するのとでは,大ちがいですね。

そのあたりが,コギコギさんのコギコギさんたる所以でしょう。


ほかには,臨時漕会で走っているときの先頭交代ルールも説明してもらいましたが,これは後半の交通量が多かったので,練習は実現せず。




チームによって雰囲気がかなり違うことがよくわかりました。

たぶん,外から見たら,臨時漕会は 「統率がとれている感じ」,SHOROs は 「少しバラバラなゆるい感じ」 に見えると思います。

しかし,中に入ると,それぞれに思いやりと意思疎通があり,それぞれに気楽で楽しいです。

それが共通点でしょう。



まだまだ共通点はいっぱいあります。

個性的でおもしろいメンバーがそろっていること。

突然誰かが飛び出していって追走! という展開。

車の少ない道でゆっくり走っていると,楽しいおしゃべりが始まる。

コンビニ休憩でも楽しい語らい。

なぜか終盤,ペースを上げて走ろうとする人が出てくる。

パンクするとみんなが写真を撮る(笑)

そしてもちろん,ロードバイクが大好き!

そして,いい人ばかり!




新しい出会いは,世界が広がります。

人と人がつながる楽しさ。

14_0919_01.jpg

ブログを始めてから,そんなうれしいことがたくさんありました。

14_0919_02.jpg



自分で自分の世界を広げていく ── そんな生き方をしている自分が,なかなかいいじゃないかと思えます。

これからも,そうありたいと思っています。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ









関連記事
スポンサーサイト

Comments 22

おばさん  

タイトル

私の地元でもコギコギレッスンを開き、集団走行の注意点などを教えて貰いました。
山陰のメンバーは大人しいので、以前は ほとんど声出しも聞こえませんでしたが、今や 賑やかですよ^_−☆
対向車ぁ〜! 後車ぁ〜!減速ぅ〜!右オッケーぃ〜!…ってね^_−☆
ハンドサインが間に合わない時は 声出しは特に必要だと思います。
自分だけでなく 後続メンバーを守る…という意識を教わりました。
歩行者や自転車の人にも こちらの存在を気づいて貰えるメリットも有りますね。
はじめは少し気恥ずかしかったですが、声を出しているうちに 何だか連帯感も生まれますね^_−☆
ガチなイメージの臨時漕会ですか? 私が一緒に走る時は 私の走力に合わせてくれる紳士達ですよ^_−☆
そして 時には ヤンチャな大人子どもの集まり…(^^;; 自転車乗りは 皆 同じですね^_−☆

2014/09/18 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
声掛けながらの走行、体育会系の部活みたいでいいですね❗️
最初は恥ずかしいかも知れませんがとっても良いことだと思います^ ^
新しい出会いも自転車の魅力ですよね!知らない人とも共通の話題で打ち解けて…めっちゃ楽しいです。

マゴブログも楽しみですよ^ ^

2014/09/18 (Thu) 22:56 | EDIT | REPLY |   

住友輪業  

タイトル

こんばんは。
今回の記事、とても興味深いですね。

声掛けはもちろん安全に配慮しての行動なんですけど、声を出すとしんどくてもなんだか元気が出て楽しくなってくるんですよね。
声掛けはいいことずくめなので、恥ずかしがらずに是非みんなにまねしてもらいたいです。

ところで、ぴよぴよさんお手製の「宮古まもる君御守り」が出ると、なぜか笑ってしまいます。

2014/09/18 (Thu) 23:37 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おねえさん様

なるほど,コギコギさんの哲学は親しみやすく,意義深いということですね。

今回のライドも,たぶん,ぼくのバイソンさんの走力に合わせてもらったと思いますが,
それにしても,きつかった(笑)
ひょっとして,「けっこう走れるヤツ」と誤解してもらえたのか…(笑)

2014/09/18 (Thu) 23:41 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん こんばんは。

ありがとうございます。
では,しばらくしたら,堂々とマゴブログに転身しているかも(笑)

2014/09/18 (Thu) 23:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

住友輪業様

なるほど,声を出すことで,元気も出てくるという効果があるんですね。
最初の内は,つぎつぎと声を出すと足が止まる,という自分の不器用さにびっくりしました(笑)

ぴよぴよさんのお守りは,すごくうれしかったので,どこかで必ず写真を使いたかったんです。

2014/09/18 (Thu) 23:44 | EDIT | REPLY |   

コギコギ  

タイトル

異文化コミュニケーションという言葉がありますが
みんなでロードバイクに乗るというだけでも
チームによって個性があるものですね。
お互いのいいとこ取りをして
お互いに高め合う事が出来れば素晴らしい事だと思います。
臨時漕会の目標は「事故ゼロ、落車ゼロ」です。
これがなかなか難しいのですが、ずっと続く目標です。
私達は自転車に乗って命を失ってはなりません。
ましてや、自転車に乗って命を奪うことがあってはならないのです。
「安全に走行する」
これが臨時漕会のスピリッツなんですね。
こういう当たり前の事を正月の挨拶でみんなに話しています。
「安全に走行する」
文字で書けば簡単なんですけどね。
本当の意味をみんなに広げたいと思っています。

2014/09/19 (Fri) 01:00 | EDIT | REPLY |   

sennmu  

タイトル

まごブログも盛上げてくださいねv

声かけはハンドサインより有効で大切ですね
前車の声を後車が復唱をすれば声の聞こえ方で、後車の車間や疲労度も判りますし。
ハンドサイン・声出し・接車時のアイポイントやハスの対処など、意識せずに出来る用に身につける事が大切ですね。
その度に脚が止ってはハスってしまいますし(笑

体育会系の走りがご希望の時は声をかけて下さいネ

2014/09/19 (Fri) 08:00 | EDIT | REPLY |   

RUMIOKAN  

タイトル

こんにちは。いつも拝見してます。
マゴブログになっても応援します(笑)

とってもいい記事ですね~。読んでシャキッとしたりほっこりしたり。
集団走行っていいなあってしみじみ思いました。
普段集団で走ることが全くないので、物凄く憧れます。
声を出すのもレースの時くらいだなあ。

あっ、お守り、まもる君なんですね!
私も宮古島で買ってサドルバッグに入ってます(^^)

2014/09/19 (Fri) 09:49 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

声掛けは車間が狭いと必要ですね。
峠の夜道も声掛けが必要です。>鹿とか熊とかにね(笑)

2014/09/19 (Fri) 12:21 | EDIT | REPLY |   

おーた  

タイトル

いつも参考になる記事をありがとうございます。

私は今のところ集団で走行することは全くないので、
声出しはもちろん、手信号も自己流でぎこちないです。
今度の「ぐる輪」では集団走行とはちょっと違うと思いますが、
それでも大勢の人が走る中を行くことになるので、
ここらでちゃんと手信号の勉強しておくにはいい機会だと思っています。

2014/09/19 (Fri) 12:47 | EDIT | REPLY |   

リキ  

コギコギ様

思わずうなりました。
目標は「事故ゼロ、落車ゼロ」以下の文章,改めてブログ記事に掲載させてもらいます。
十分にわかったつもりでも,繰り返し確認しておかなければ行けない,ということがありますよね。

「安全に走行する」ということの具体的な姿を見せてもらうことができてよかったです。

2014/09/19 (Fri) 16:40 | EDIT | REPLY |   

リキ  

sennmu 様

ありがとうございます。
マゴブログになっても見捨てないで下さい。

なるほど,後者との車間,疲労度までわかるというのは,気づきませんでした。
勉強になります。

sennmu さんの言う「体育会系の走り」,な,なんか怖い感じがしますが…(笑)

2014/09/19 (Fri) 16:42 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ルミオカン様

こんにちは。コメントありがとうございます。
お噂はかねがね伺っております。
また,ブログも時折のぞかせて頂いております。

たくさんの人と走るのは気楽で楽しいです。
他力本願ができます。
一人で淡々と走るトライアスロンの人たちを尊敬します。

まもる君はぴよぴよさんの手作りです。

2014/09/19 (Fri) 16:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shiga 様

初めてシガさんとチタイチで走ったとき,シガさんの大きなかけ声に驚き,また,そのわかりやすさに安心し,安全意識の違いに関心しました。

熊さんへの声かけが必要な峠の夜道をいっしょに走ろうと言われたら,少し迷います。
だが,断る!(笑)

2014/09/19 (Fri) 16:49 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おーた様

いえいえ,どういたしまして。
人のために書いているというよりは,自分のために書いているようなものです。

では,今度,兒の森あたりで待ち合わせて,いっしょに走りましょうか。

2014/09/19 (Fri) 16:50 | EDIT | REPLY |   

NAO-TCR  

ハンドサイン、声がけは集団走行に必要な事とわかりながら、普段がお一人様が多いのでいざ、やる時に中々難しいですが自分だけでなく皆の事が分かるという意味では気をつけて実践して行きたいと思います。

後、マゴブログ楽しみに待ってます!。

2014/09/19 (Fri) 17:19 | EDIT | REPLY |   

リキ  

NAO-TCR様

ぼくも,その相手に慣れてきて,お互いのことがよくわかってくると,ついつい安全にカンすることもおろそかにしてしまいがちです。

改めて安全への意識を高めることが必要かなと感じました。

マゴブログ応援,ありがとうございます!

2014/09/19 (Fri) 17:24 | EDIT | REPLY |   

バイソン  

優しい師匠に イロハから教えてもらってる自分は幸せもんですね(´・ω・`)

声だし時の方言というのは どういうのだったか非常に気になります(笑)

2014/09/19 (Fri) 18:16 | EDIT | REPLY |   

リキ  

バイソン様

そうそう,とんでもない幸せもんですよ!
そこんとこ,しっかり自覚するように!(笑)


方言は,声出しの方じゃなくて,ハンドサインの方です。
まあ,たいしたことではありません。
いつか,バイソンさんがほかのチームとは知ったら,わかることもあるでしょうね。

2014/09/19 (Fri) 22:30 | EDIT | REPLY |   

おーた  

タイトル

>では,今度,兒の森あたりで待ち合わせて,いっしょに走りましょうか。

ありがとうございます。
その際はよろしくお願いいたします。

2014/09/21 (Sun) 11:01 | EDIT | REPLY |   

リキ  

おーた様

はい,ぜひ,ごいっしょさせてください。
誰かと走るのは楽しいです!

2014/09/21 (Sun) 16:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply