二人で入鹿池


 今朝は ayu さんと入鹿池を一周してきました。

 勝川駅前で待ち合わせ。

 このブログにコメントをくださる maa さんとも,ちょっとした用事があって,同時に待ち合わせ。コメント欄でのやりとりは何度もしていますが,会うのは初めてです。話の通り,すらりとした長身の優しそうな方でした。

 maa さんと立ち話をしていると,国道19号方面から赤いジャージの ayu さんが登場。

130223_1.jpg
(この写真は maa さんに撮っていただきました)


 春日井市内のゴチャゴチャした市街地を抜け,小牧の桃花台に向かいます。

 待ち合わせ場所まで5分もかからないぼくは,まだ,体が温まらないので,寒い寒い。

 野口の交差点からはじまる坂も,3度目で少し慣れましたが,きついのにかわりはありません。

 でも,不思議なもので,慣れてくると,がんばりどころがわかるのか,楽になったような気がします。

 ひょっとして,坂に強くなったか!?



 そんなわけはない! 人生,そんなに甘いもんじゃありません。

 家で,ガーミンのログを見ると,この坂では,心拍数がぼくの上限の165を少し越えていました。心拍数という,わりと客観的な数値で見ると,体はしんどいと言っています。「坂に強くなったかもしれない」というのは,まったくの錯覚でした…。そりゃ,ちょっとやそっとの練習じゃ,無理でしょ。

 でも,まあ,美しき誤解も,人生には大切。人間,感情の生き物ですからね。データよりも,気持ちです。気分よく登れたのは,いいことです。でも,年ですから,無理はいけませんが。

 入鹿池の湖畔で,しばしおしゃべり。走っているのも楽しいですが,こういうおしゃべりも楽しいです。ガーミンの記録によると,このおしゃべりタイムの時の気温はマイナス1度。まあ,いいおじさんが,寒い中,立ち話を楽しむなんて,よくやりますね。

 入鹿池の一周コースはけっこう変化があっておもしろいです。季節がよくなったら,もっと楽しいでしょう。

 ちょうど一周した白山神社の前で,2回目の休憩。
 来週末の楽しそうな予定を ayu さんから聞き,思わず身を乗り出しました。ここでもまて,二人で地図をのぞき込み,ああでもない,こうでもないと相談。次のデートの予約を取り付けた若者のような気分で,帰り道に着きました。

 帰り道の小牧~春日井は,下り基調となるので,気持ちよく走れます。気温も上がってきて,スイスイでした。

 19号線に出たところで ayu さんとお別れ。短時間でしたが,楽しいライドでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

Comments 8

ayu  

タイトル

今朝はありがとうございました。
上りになっても一定のケイデンス、速度を保つrikiさんの走りには脱帽しました。
SHOROsでは年長者だったので「年寄りは早く走れません」と言い訳していたのですが、もう通用しないですね(笑)

これに懲りずに、また、よろしくお願いします。

2013/02/23 (Sat) 23:17 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; ayu様

ありがとうございます。
ayuさんが後ろにいることで,張り切りすぎた結果として,今朝は,太ももがかなり張っています。
年寄りの何とかです。

また,いっしょに走ってください。こちらこそ,よろしくお願いします。

2013/02/24 (Sun) 09:00 | EDIT | REPLY |   

maa  

タイトル

おはようございます!
昨日はありがとうございました! また、濡れた路面状況の中、入鹿池ライドお疲れ様でした。セルフメンテのことは全くわからない(自分の腕を信用できません)ので早速「ロードバイクメンテナンスノート カンパニョーロ編」をポチりました。

ブログを拝見する中でrikiさんの「ぼく」という表現が印象的で、個人的には響きが良く思えるので、日常では私もよく「ぼく」を使っています。どんな方かな…と想像してましたが、おちついた温厚な感じの印象を受けました。バイクもメインカラーにチェレステではなく、挿し色にチェレステがこれまたオシャレな印象を受けました。私は芸術や文学的な才能は全く持ち合わせていないのですが、ブログのタイトル通りrikiさんのセンスを感じました。
機会がありましたら、是非一度ご一緒さていただけたら嬉しいです。

2013/02/24 (Sun) 10:56 | EDIT | REPLY |   

Toy  

タイトル

お疲れ様でした。
入鹿池コース、走る人が増えると遭遇する率も高くなりますね。
ayuさんとは申し合わせたわけではないのですが、朝練中によく遭遇するんですよ。
登坂は経験値だと思います。何回も上っている坂は、ペース配分が分かりそのうち楽に上れるようになると思いますよ。
あせらずゆっくり頑張りましょう。

2013/02/24 (Sun) 11:07 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

美しき誤解ではなく、確かな向上ではないでしょうか。

力がついてくると上限も上がっていきます。


楽しそうなコースですね^^行ってみたいです!

2013/02/24 (Sun) 17:54 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; maa様

おだてられると,舞い上がる質ですので…。でも,うれしいです。

お近くですので,気軽に誘ってください。いっしょに走りましょう。
といっても,年寄りですから,そのつもりでお願いします。

2013/02/24 (Sun) 18:40 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; Toy様

なるほど,「登坂は経験値」ですか…。
人生の経験値はだいぶたまりましたが(笑),自転車の方はまだまだです。
体の方の力とともに,経験値も高めていかなきゃ,ですね。
これは,「どんどん挑戦しろ」ということでもありますね。
無理せずに,どんどん行きます。

2013/02/24 (Sun) 18:43 | EDIT | REPLY |   

riki  

Re; モリゾー様

確かな向上…,しばらくこの言葉に酔っていたいです(笑)
お酒よりもずっと酔えますね。ハハハ。

それが実感できるようにがんばります!

2013/02/24 (Sun) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply