アジサイと杉 後編




杉原の大杉を見たあとは,川浦(かおれ)渓谷へ向かいました。

それほど急な登りではないのですが,みんなのペースが速いため,ぼくにとってはけっこうきつかったです。

14_0706_19.jpg

この渓谷,見事な景観なのですが,写真に撮ってもこの圧倒的な高度感が出ません。

14_0706_20.jpg

もう少し,川に近いところまで降りられればいいのですが,絶壁のようになっているのでおそらく道はないでしょう。

それでも,どこからどう行ったのかわかりませんが,はるか下の川の中には沢登りをしている人たちが,小さな点のように見えました。

きっと,水は身を切るような冷たさなんでしょうね。

本当にいろんな趣味の人がいます。



さて,帰り道は板取川温泉で休憩と補給を済ませ,高速トレーニングです。

下り基調とは言え,細かなアップダウンを含んでいますので,それほど楽々というわけにはいきません。

それに,美濃の道の信号のなさがじわじわ効いてきます。

ガーミンのデータを見ると,40km/h 近い速度で20分以上走っていたようです。

「もうダメだ~」 というところで,ちょうどなかさんが 「疲れた~」 といってスピードを緩めてくれました。

助かった~。

すると,なんということでしょう,gottu さんが前に出て,またまた速いスピードで牽き始めるではありませんか。

困るんだよね,そういうことされちゃ(笑)

仕方なく,またついて行きます。

後ろから,なかさんの 「おお~,天国,天国」 というつぶやきが聞こえてきます。

確かにずっと先頭を牽いていたのに比べたら,3番手で走るのはずっと楽なんでしょう。

牽いていない身からすると,文句を言えた立場ではありませんが,こっちは地獄だよ~。


それでも何とか食らいついていると,やがて恵みの雨が!

休憩,休憩!

シャッターの閉まったお店の軒下を借りて,雨宿りがてら休憩。

汗びっしょりになっていました。

カミキリムシも 「お疲れッス」 と言ってくれています。

14_0706_21.jpg


この後も,ずっと小雨の中をしばらく走るも,少し雨脚が強まってきたので,洞戸事務所の軒下でまた休憩。


少し雨が上がってきたところで,高速トレーニング再開。

美濃に近づくにしたがって雨も弱まり,路面も乾いてきました。

ここでも,20分以上,30km/h オーバーで走りました。

疲れてきたぼくにとっては,けっこうきついペースです。

なかさんは,この部分を38km/h 以上をキープして練習しているそうです。

さすが。


さて,あと少しというところまで来て,いつも長瀬から橋を渡るところを,信号を左折して,長良川に沿って郡上方面に走り出しました。

あれあれ? と思っていると,なかさんが,「試してみたい道がある」 ということで,新ルート開拓のようです。

東海北陸道の下をくぐり,橋を渡って白鬚神社横へ出ると,何度も通った郡上へ通じる長良川左岸に出ます。

14_0706_22.jpg

ここを少し走った後は,右に折れて山の中へ。

14_0706_23.jpg

けっこうな距離を登りました。

どこへ行くの?

まだ登るの?

これって,峠じゃないの?

いつまでこの登り続くの?




さあ,どこへ出るんでしょうか。








なんと言うことでしょう!

14_0706_24.jpg

この道は,すてきなカフェに通じていました。

場所は,樋ヶ洞 (ひがほら) という山間の小さな集落です。

14_0706_26.jpg

店の名前も,この集落の名前をそのままとって 「陽がほら(ひがほら)」。

今はやりの古民家カフェ。

さすが なかさん。

いい店をリサーチしておいてくれました。

木製のバイクスタンドです。

14_0706_25.jpg

店の外回りもすてきです。

14_0706_27.jpg

懐かしさを感じさせるアイテムが,あちらもに,こちらにも。

14_0706_31.jpg


中もいい感じです。

14_0706_29.jpg

一番気持ちよさそうな縁側の席は,残念ながら満席でした。

奥にある机といすの部屋に入りました。

14_0706_28.jpg

一日限定10食というカレーセットを注文しました。

14_0706_30.jpg

鶏肉,こんにゃくが入っていて,刻みネギが載っています。

ルーは,リンゴをすり下ろしたものがたっぷり入っていて,口当たりが優しいのですが,しっかり辛みもあります。

飲み物とセットで千円。

gottu さんは,さらにケーキまでついたセットを注文。

アレ? gottu さん,板取川温泉でも,そばを食べて,大きめの饅頭食べてませんでした?

パワーの源はこれか!

食べながら,プッチンプリンについて熱く語り合い,店を後にしました。


ここから美濃までほんの少しかと思いきや,もう少し坂を登らされました。

結局,出発地よりも少し南まで下ったところへ出たので,美濃の町中を通り,にわか茶屋まで戻ります。

14_0706_34.jpg

途中で,gottu さんが大発見!

止まっていた車に,黒ラブの写真とともに 「リキ」 と書いてあったというのです。

引き返してみると…

14_0706_33.jpg

おお,確かに!
(犬種はちがいましたが)

ご存じの方もおられると思いますが,ハンドルネームの 「リキ」 は,愛犬だった黒のラブラドールレトリーバーの名前です。

なぜか,すごくうれしい気分!

gottu さん,ありがとう!

ぼくを牽き回して苦しめたことは,これでチャラにします(笑)




今回も楽しいライドでした。

なかさん,ケンさん,gottu さん,前日に思いついた急な計画につきあってくれてありがとうございました。

またね!

14_0706_32.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






関連記事
スポンサーサイト

Comments 10

matz  

タイトル

どこも良さそうな道ですね。
いつか行きたいな~w

・・・と思いつつ
台風が過ぎた後はお気をつけあれ!

2014/07/09 (Wed) 22:02 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
登りあり、高速トレーニングありそしてご褒美ありで楽しそうなライドでしたね(僕にはキツイですが…)。
景色もいいしいう事なしだったんでしょうね(変態さんには)。
美濃路のんびりポタの際には誘ってくださいね^ ^

2014/07/09 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

gottu  

チャラにして頂いてありがとうございますw
美濃は本当に良いですね、名古屋から車で1時間で旅行気分。天気はいまいちでしたがそのおかげで幻想的な風景の中を走れました。次回、晴れた時は水中メガネ持参で集合です!

2014/07/10 (Thu) 01:01 | EDIT | REPLY |   

こー  

タイトル

みんな優しくないですね
リキさんを牽き回したりしてw

次回ご一緒の時はご安心下さい
みんなでリキさんの着き位置縛りしますからw
ラチェット音の大合唱(笑)

2014/07/10 (Thu) 01:02 | EDIT | REPLY |   

ケン  

タイトル

そんな3人パックに付いて行けず・・・
あのクロモリで来たことに後悔。
あれは進まんのです。
早々に脚がタレたのは自転車のせいにしといてくらはい(^^ゞ

2014/07/10 (Thu) 09:34 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

ちょいと横にそれれば,坂道,峠満載の美濃路です。
おいしいポイントはやや少なめ(笑)

いつか是非いっしょに走りたいです。

2014/07/10 (Thu) 18:25 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん こんばんは。

いつかいっしょに走りましょうね。
なかさんがいっしょである限り,のんびりポタはあり得ません。
覚悟してきてください(笑)

2014/07/10 (Thu) 18:26 | EDIT | REPLY |   

リキ  

gottu 様

ほんと,別世界の感がありますね。
そして,水中めがね持参なら,もっとおもしろくなりそうです。
片地を登って,途中の渓谷で是非水遊びしましょう!
ぼくは上から見てますので(笑)

2014/07/10 (Thu) 18:28 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こー様

ほんと,年寄りを牽き回すなんて,困った人たちです。

ラチェット音の大きいホイールは,許可しません。
履いてきたら取り上げます!(笑)

2014/07/10 (Thu) 18:30 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ケン様

もちろん,わかってますよ~。
クロモリは重いですからね~。

でも,ケンさんが千切れたのは見たことなかったので,ちょっと快感だったのですが,失礼があっては帰り道乗せてもらえなくなるので,口に出せませんでした(笑)

2014/07/10 (Thu) 18:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply