一枚重いギアで



先日の 「御嶽昇天ライド」 でのこと。

ケンさんの車に,matz さんと乗せてもらいました。

帰り道,matz さんに聞いてみたかったことがあったので,質問しました。


matz さんと言えば,SHOROs きっての山岳スペシャリスト。

14_0601_31.jpg


その速さの秘密を明らかにする!

などという大それた企画ではありません。

どんなことを考えて練習しているのかなと,何か参考になることを聞き出したいとの考えです。



matz さんの後ろを走るとわかるのですが,ぼくと比べると,つねに数枚重いギアを踏んでいます。

そのちがいは,2~3枚どころではないことも多々あります。

このことについて,意識的なのかどうかを聞いてみたのです。



するとその答えは,やはり,意識的に重いギアを選択しているとのこと。

その言葉通りではないと思いますが,以下のような内容だったと思います。

「アウターでがんばれるところは,できるだけアウターで登る」

「インナーに落としてしまうと,そのままギアをどんどん軽くしてしまうことになるので」

「やや重いギアで登るのと,軽いギアの高回転で登るタイムを比べてみたら,重いギアで登ったときの方が速かった」

「重いギアで走ると,足がつったり,痛みが出たりするリスクがあるので,どの程度までがんばるかが難しいところ」

「雨沢だと,消防団の手前くらいまではアウターで登っている」

などと,いろいろ話してくれました。



もちろんこれは,matz さんが自分の脚に合ったスタイルとして確立させてきたことなので,それがそのまま誰にでも適用できるわけではありません。

でも,ぼくにとっては刺激となる話でした。


なぜ,ぼくがこんなことを聞いてみたかというと,自分がこれから,どんな練習をしていったらいいか,と考えているからです。

今まで,膝が痛くなったりするトラブルを経験しているので,負荷が高い乗り方を避けてきました。

長く乗り続けたいという思いも強く,故障への恐れが強いからです。

たとえば,

・ ゼロスタートでは,急加速しない。
・ 斜度の高いところで,がんがん踏んだりしない(できないけど)。
・ 軽いギアを選んで,高回転で補う。
・ 坂にさしかかったら,早くからインナーを使う。

という具合です。

しかし,速く走るためには,単純な結論として,「重いギアを速く回す」 ことが求められます。

そう考えると,やはり,ある程度重いギアを回せるようになることが必要です。

今まで自分がやろうとしなかった練習も取り入れる必要があるのかなと思います。



たとえば,シガさんは最近のコメントにこんなことを書いています。

「出し切る練習をすると確実に強くなります」

最近もらった rr からのメールにはこんなことが書いてありました。

「伊吹山の時も,今回の富士ヒルでも,追い込めていないのが反省点です」



「出し切る」「追い込む」 という走り方は今までの自分には縁のないものでした。

でも,こういう走り方に近い練習も,ある程度は取り入れてもいいのではないかと,思えてきました。

14_0601_30.jpg

いきなり,高負荷の練習では故障の元になりますから,スプロケのギア1枚分重い走り方などを少しずつ練習に取り入れていこうと思っています。

ま,心拍などもしっかり管理して,年寄りの冷や水にならない程度にね。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト

Comments 25

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/04 (Wed) 21:30 | EDIT | REPLY |   

matz  

タイトル

改めて考えてみると・・・
上りの斜度に応じてクランクを踏み込むトルクとケイデンスのバランスからギヤを選択し、
そこから生み出される自転車の速度が自分自身適当と思えるスピード感に合っているか。
そこが僕にとっては重要なんだと思います。
そこにズレが生じると・・・気持ちだけが先走ってしまい(低負荷、高回転で遅い状態)、または気分が乗らず(低負荷、低回転で遅い状態)、調子が狂ってしまいます(ダメダメで遅い状態)。

結果として・・・僕自身、特別意識もしていませんが、
そうならないように、ある程度の速度が出せるよう出来る限り踏み込めるギア(中負荷、高回転で遅くならない状態)を選択しているのかもしれません。

ただ一言で言えば・・・「踏めるギアで踏む」だけですw

2014/06/04 (Wed) 22:02 | EDIT | REPLY |   

リキ  

matz 様

改めて解説,ありがとうございます!
このコメントで書いてもらったことは,普遍的な要素が多く,すごく勉強になります。
そして,それを理屈でなく,感覚としてつかんでいるのが,上級者なのでしょうね。

2014/06/04 (Wed) 22:58 | EDIT | REPLY |   

rr  

リキさんこんばんは

私は軽いギヤで登ります。
脚力に自信ないので軽いギヤでケイデンスを上げて無理ならダンシングで疲労を誤魔化しながら登ります^ ^

matzさんは確かに私よりも数段重いギヤ選択されてていつもオドロキです(゚o゚;;

坂は登っても登っても正解がわかりません(^_^;)

2014/06/04 (Wed) 23:04 | EDIT | REPLY |   

モリゾー  

タイトル

故障しても治します!

心配せずに追い込んでください!

あ、僕はしませんけどね(笑)

2014/06/04 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

shiga  

タイトル

私は心拍計とケインデスを目安にしています。
本当はパワーメータがあるといいのでしょうが。

基本 140以下-ケインデス80-90 上り150以下-上り60-70
ブルベも2-300はこの数字で400以降は 心拍130と140ですね。

この数字になるようにギアをあわせます。

今回は前半がんばればいいだけでしたので150-160域で走りました。
その際70でギアが足りなくなったので(心拍が180とかになる)27が必要かな?と考えていました。

ですから、無理に重いギアは踏んでいません。
matzさんの言われる踏めるギアを踏むだけです。

2014/06/05 (Thu) 07:40 | EDIT | REPLY |   

masa  

リキさん おはようございます。

私もインナーに落として走ります。まだあんまり登った事ありませんが、楽に登れる方面があれば教えて欲しいです(笑)

2014/06/05 (Thu) 07:42 | EDIT | REPLY |   

おばさん  

お年頃になると 一度故障すると回復するまでに相当時間を費やしてしまうので ついつい 無意識に身体をかばう走りになっています^^;
追い込むなんてしたこと有りません!
自分が追い込まれてしまいそうで怖いんですf^_^;
出し切ってみたい願望は 有りますね!!!^_−☆

2014/06/05 (Thu) 12:25 | EDIT | REPLY |   

NAO-TCR  

タイトル

リキさん、こんにちは。

私も今回の山岳では、ギアが足りない状態で心肺並びに脚そのものも限界に来ておりましたので、何かトレーニングしなくてはと思っております。

ただ、お一人様ライドで限界まで出しきる練習となるとかなり難しいですが取り入れて行きたいと思ってます。(知多 背骨で精進予定です)

2014/06/05 (Thu) 12:29 | EDIT | REPLY |   

モト  

リキさん…本気だ!

更なる高みを目指しているのですね。

わたくしも見習います!

できるかな!?(笑)

2014/06/05 (Thu) 16:27 | EDIT | REPLY |   

mako@ォッサン  

タイトル

色んな説明は”上級者”の方にお任せして・・・w

その日の体調などコンディションによる所が多いとは思うので・・・

ブルベ200kmでも出て下さい(笑)

冗談じゃなく、登り方も色々見えてきますよ~

2014/06/05 (Thu) 17:12 | EDIT | REPLY |   

リキ  

rr 様

rr さん こんばんは

rr さんは,すでに自分の走りの方向ができていますよね。
うらやましいです。
それに,rr さんもぼくからすると,「軽いギア」とはいえないような…(笑)

2014/06/05 (Thu) 21:18 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モリゾー様

ありがとう!
がんばります!

いかん,いかん,のせられて故障したんじゃしゃれになりません(笑)

2014/06/05 (Thu) 21:21 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shigarakiyaki 様

なるほどです。
参考になります。

ようするに,自分に合った乗り方をいつも考えながら試していると言うことですよね。
「踏めるギアを踏む」の範囲を少しずつ広げていこうと思います。

2014/06/05 (Thu) 21:46 | EDIT | REPLY |   

リキ  

masa 様

masaさん こんばんは。

楽に登るには,ゆっくりが一番ですね。
それだけでは,ちょっとものたりなくなってきました。
こまったものです(笑)

2014/06/05 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   

リキ  

お姉さん様

そうそう,出し切ってみたい願望!
それですよ。
無理なのかな~(笑)

2014/06/05 (Thu) 21:53 | EDIT | REPLY |   

リキ  

NAO-TCR様

こんばんは!

NAO-TCR さんは,平地で十分速いんですから,山岳でもちょいとトレーニングしたら,あっという間じゃないですか?
ぼくは,基礎となるところがないんですよ。
がんばります。

2014/06/05 (Thu) 21:55 | EDIT | REPLY |   

リキ  

モト様

「更なる高み」というのは,すでにある程度の高みにいる人に使う言葉。

わたしは,まだ低いところにいるので(笑)
低いところから,もう少しだけ高いところに行きたい!
モトさんには負けないぞ(笑)

2014/06/05 (Thu) 21:56 | EDIT | REPLY |   

rr  

私、普通に28T使いますよ( ´ ▽ ` )ノ
ホントに軽いギヤばかりです(^_^;)

2014/06/05 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

リキ  

mako@ォッサン様

なるほどです。
200km 走ると見えてくるものがあるんですよね。
それが何なのか,とても惹かれるものがありますが。
まずい,傾き始めている…(笑)

2014/06/05 (Thu) 22:31 | EDIT | REPLY |   

リキ  

rr 様

いやいや,軽いギアばかりであの記録は出ないでしょ。

しかし,残念ながら,ずっと後ろについて走る力がないので,断言はできませんけどね(笑)

2014/06/05 (Thu) 22:35 | EDIT | REPLY |   

RX8KAZU  

タイトル

いつも拝見させて頂いてます

ケイデンス90rpmが基準のように様々な媒体に書かれていて、90で回さなきゃ的な風潮があるような気がしますが、それはプロや実業団のレース界の話だと思います。
身体能力の高い人が高トルクで回した時に、効率が良い回転数の目安が90~100。

脚力が無い人が真似すると、心拍ばかりが上がってしまいパワーが出ません。

人それぞれ脚力に合った回転数(パワーが出る回転数)があるので探して見てください。パワーメーターがあると簡単においしい回転数が見つかりますが、回転数を変えて10kmほどのタイムトライアルでも確認できます。

ほとんどの人は普段回しすぎだと思います。一般人なら70~80ぐらいが適正でしょうね。

2014/06/06 (Fri) 16:22 | EDIT | REPLY |   

リキ  

RX8KAZU 様

アドバイス,ありがとうございます!

ご指摘のように,ぼくもガーミンを確認すると,90前後で回す感覚が身についてしまっています。
当然,軽めのギアです。
少しケイデンスを落として,一枚重いギアでの走りも試してみようと思っています。

2014/06/06 (Fri) 18:11 | EDIT | REPLY |   

こうぞう  

タイトル

リキさん、こんばんは。

まだ、ギアのことなど考えられないヒヨッコです。(笑)
今度ご一緒させていただいたときに、皆さんのギアの様子を観察させていただきますね、

とりあえず、適当で頑張ってます。(爆)

2014/06/06 (Fri) 19:15 | EDIT | REPLY |   

リキ  

こうぞう様

こうぞうさん こんばんは。

そうそう,いろんな人の後ろについて,走り方を観察するのもおもしろいですよ。
ほんと,人様々。
でも,そのさまざまな中にも,共通点がある。
おもしろいです。

2014/06/06 (Fri) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply