Loading…

御岳昇天ライド

Posted by リキ on 02.2014 お出かけ   26 comments   0 trackback

14_0601_09.jpg

こんな景色を見るために,1日の日曜日,sennmu さん主催の 「御嶽昇天ライド」 に参加。

しかし,恐ろしいネーミングだ。

sennmu さん作成のレジュメには,地図のあちこちに 「きついよ」 「きついよ」 と書かれている。

sennmu さんは,ローディーの大先輩なので,ふつうにきついところでも,「きつい」 とは言わない。
「それほどでもないよ」 と笑顔で言う。

そのsennmu さんが 「きつい」 というのは,よほどのことだ。

相当の覚悟をして望んだ。

想像どおり,きつかった。

NAO-TCR さん曰く,「魂を抜かれた」!

14_0601_12.jpg

この写真は,NAO-TCR さんが,sennmu さんに

「もう勘弁してください」 と懇願しているところ(笑)
( ではなく,両足のストレッチ中 )





飛騨小坂の駅に集合。

14_0601_01.jpg

駐車場から,総勢11人のチームで出発。

14_0601_02.jpg



4km 走って南飛騨小坂の道の駅で小休止したとき,sennmu さんが言う。

「みんなの目が生きているうちに,記念写真を撮っておこう」

なんと恐ろしい!

今日は,ライドが終わると,みんな目が死ぬんだ…。

sennmu さんが言う

「たとえたら,雨沢の消防団前 (一番きついところ) がずっと続く感じだね」

そして,sennmu さんの奥様までもが

「ここから先は,きついだけの道が延々と続くわよ」



ははは,ホント,きつい,きつい。

14_0601_03.jpg

でも,新緑がきれい。

やっぱり,山のライドが好きだ。

抜けるような青空。

14_0601_05.jpg

でも,あつい,あつい。夏かと思わせる陽気。



こんなに暑いのに,雪!?

14_0601_07.jpg

雪のように降ってくるのは,何かの綿毛。

もちろん,タンポポとは違うけれど,大量に降ってきて,見事。


まあ,しかし,きつい,きつい。

南飛騨小坂の道の駅から,最初のピークまで 14km におよぶきつい登り。

本当に昇天しそうなその向こうに,絶景。

14_0601_07_00.jpg



展望台からの眺めに,しばし疲れを忘れる。

御岳のこの圧倒的な存在感を写真で伝えるのは,難しい。

14_0601_08.jpg


絶景を楽しんだ後は,もう一つのピークへ。


どの坂でも,ぼくは最後尾。

もくもくと登っていると,sennmu さんが降りてきて,いっしょに登ってくれる。

Toy さんも心配して,付き添ってくれる。

ちょいと足に不調を抱えた,NAO-TCR さんもつきあってくれた。

sennmu さんの提案で,4人でしりとり。

つかの間,斜度の高い坂を登っていることを忘れる。

sennmu さんの,温かい気遣いだ。

でも,sennmu さん,「る」 で終わる言葉を連発して,ぼくに回してくる。

意外に意地悪(笑)

でも,助かった~。

14_0601_11.jpg

この美しい緑にも救われた。




そして,sennmu さんおすすめの水場。

14_0601_13_00.jpg

味気ないプラスチックのケースにたまった水は,冷たくて最高!

美しい森の中のうまい水。

14_0601_13_01.jpg

なんという贅沢だろう。




中間地点の,濁河温泉への分かれ道へ到着。

絶景をパックに休憩。

14_0601_14_01.jpg

そして,残り半分の最後の登りへ出発。

14_0601_15.jpg

写真だけ見ると,実にさわやかな光景(笑)

14_0601_16.jpg

途中で見えてきたのは,加賀白山。

14_0601_17.jpg

まっさんと撮影。



乗鞍の勇姿。

14_0601_18.jpg

sennmu さん,ケンさん,乗鞍をバックに。

14_0601_18_01.jpg



楽しい山上のライド。

14_0601_18_02.jpg

きつい坂を登って,それに値するご褒美。

これだから,山は楽しい。


帰り道は,下り基調の痛快な高速ライド。

のはずが,もうダメ。

いつも帰り道は,遅れて一人旅になってしまう。

心配してくれた Toy さんが牽いてくれる。

14_0601_19.jpg

もうしばらく行くと,shigarakiyaki さんも待っていてくれた。

14_0601_20.jpg

シガさん,Toy さんという,SHOROs きってのパワフル機関車 二重連に乗せてもらう。

14_0601_21.jpg

こんなイメージ (笑)

すべてが贅沢なライドの,贅沢な締めくくり。




ぼくにとっては,こんなライドだったが,また別の側面があったようだ。
これについては,シガさんのブログ でどうぞ。


ああ,楽しかった。

sennmu さん,いっしょに走ってくれた皆さん。

ありがとうございました。

またね!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






関連記事
スポンサーサイト

お疲れ様でした!

いやあ、最初のブリーフィングでは昇天確定だと思いましたよ。僕にとって初めて自転車での御嶽ツアーでしたが、自分の足でここまで来たんだと思うと感動ですね~。

でもきつかったですね~、リキさんは鈴鹿やあずみので疲れが残っていたのかも。ホントお疲れ様でした(>_<。)
2014.06.02 21:43 | URL | ひろ@bike #- [edit]
お疲れ様でした!

「自分の足でここまで来た」,この感動は大きいですよね~。

いやいや,疲れはほとんど残っていません。あの程度の実力です。
後半の平地に弱いんです。
2014.06.02 22:01 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
今回も
いい絵が撮れていますね

甲乙つけがたいのですが・・・
特に二枚目ww

僕も
これからはsennmuさんの奥様を見たら
ひざまずくようにしなきゃ。
それくらい今回もお世話になりました(笑)

2014.06.02 22:34 | URL | matz #- [edit]
お疲れ様でした。

久し振りに「見とれてしまう景色」を見ました。
それもアチコチで!
時期的にも良い時期でしたし、毎年恒例の行事にしたいですね。
2014.06.02 23:31 | URL | ケン #Kzb4soLg [edit]
rikiさん、こんばんは。
なんと綺麗な景色なんでしょう…
絶景ですね^ ^
でも…キツイ坂が長いんですね。
rikiさんがキツイ坂って…
恐ろしすぎるΣ(゚д゚lll)
先日、今年初の南濃からの二ノ瀬に行ってきましたが…
足つきはありませんが、めっちゃ遅かったです…
こんなんでいいのだろうか…
2014.06.03 00:31 | URL | KOU #- [edit]
rikiさん、おはようございます!

またまた御嶽山行っちゃたんですか?って相変わらず坂ばっかじゃないですか!!!

しかしいつもながらの、見事な写真のテクニック?(?_?)【どうやって撮ってるんだろう?】


絶景の景色は、ほんとうの御褒美ですね。・・・・・・いいなぁいいなぁいいなぁいいなぁ~!!!


ワタクシもあたらしいSHOROsジャ-ジが到着したので、お披露目ライド。
浜名湖へ???集合場所からなぜか新城?へ出発。山道をぬけて奥浜名湖へ到着って?どんな行程なんだ???






2014.06.03 07:16 | URL | チャップリン #- [edit]
お疲れ様でした!。

いや~、最高の絶景を見る為に苦しんだツアーでしたね。
前半の登りでは何回も伴走車に回収されるかとヒヤヒヤ&登っていたら脚攣りでのネタ披露となりましたが・・・・。

でも、皆さんと楽しい時間と大自然の素晴らしさを感じさせていただけるツアーを主催していただいたsennmuさん、伴走車でのサポートに御尽力頂いた奥様には大感謝でした。

追伸
 shigaさんのアタックは絶対やると思っていたので、意地で最後のトレインに乗って、最前列で観賞させてもらいました(*^。^*)。
2014.06.03 07:49 | URL | NAO-TCR #0ZBJWm3o [edit]
写真の山々はホント綺麗ですねー!
リキさんの腕が良いんでしょうけど~^^

と、行けなくてよかった!かも!www
2014.06.03 07:54 | URL | mako@ォッサン #- [edit]
リキさんおはようごさいます

キツイ登りも写真じゃ中々伝わらないですよね(^_^;)
ローディーのキツイは地獄を意味してそうで1度怖いもの見たさで走ってみたいです^ ^

富士では猛暑、雪、蝉で季節感無茶苦茶でした(゚o゚;;
2014.06.03 07:54 | URL | rr #- [edit]
お疲れ様でした~!

写真でも御岳の雰囲気は伝わってきますが、肉眼で見た壮大さと空気感は現場でないと味わえませんよね~。
まさに、のばった価値があるご褒美ですね!

重連の写真よくありましたね。(笑)
2014.06.03 08:07 | URL | shigarakiyaki #LkZag.iM [edit]
お疲れ様でしたv
ツライ・キツイと判っていながら又行きたくなる道・・・そんな道だと思います
又行きましょう。「る」で終わる言葉を一杯考えておきますので
サポートカーに乗るには土下座30回必要です・・・ウソョ

重連の写真!良いですね 8620型の重連・・・奥羽本線?
個人的にはデフ無しがスキです
2014.06.03 12:52 | URL | sennmu #- [edit]
リキさん、こんばんは。

鈴鹿、安曇野。で、御嶽…。スゲー…。

最近のリキさん、ヒルクライムの時のブログの書き方が以前と変わっているように感じます。
以前が「キツイ、キツイ。でも楽しい!!」だったとすると、最近は「あ~楽しかった!!」という感じ。もう、完全なヒルクライマーですね。
次回ご一緒させていただく時は、お手柔らかにお願い致します。
2014.06.03 18:27 | URL | suzuki #- [edit]
こんにちは。

いやー今回は疲れましたね。
でも、山の中で綿毛の雪や、ウグイスの声、そして圧倒的な景観にはもの凄く元気をもらえました。

疲れましたが楽しいライドでしたね。
またSHOROsライドに混ぜてもらいたいです^^。

ではヽ(´▽`)/
2014.06.03 18:33 | URL | まっさん #- [edit]
いい写真ですが,ちょっとヤラセ的においが…(笑)

matz さんのひざまづき写真が撮れたら,もうこれは週刊誌に高値で売れるでしょう。
ぜひ,私にその権利を(笑)
2014.06.03 18:44 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
お疲れ様でした!

毎年恒例の行事,いいですね~。
もう少し早い時期でもおもしろそうです。
ぜひ,企画しましょう!
2014.06.03 18:45 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
KOU さん、こんばんは。

絶景でしたよ!
次回は KOU さんもぜひ!
速くても,おそくても,登れば景色は平等に見られますよ!
2014.06.03 18:47 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
チャップリンさん こんにちは!

いいでしょ~。うらやましいでしょ~。
毎冬恒例の行事になった暁には,チャップリンさんも是非いかがです?

奥浜名湖っていうのもおもしろそうなところですね。
2014.06.03 18:49 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
お疲れ様でした!。

いいな~,最前列での鑑賞。
ぼくは,いつまでたっても,見られそうにないです。

ブログネタのご提供,ありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております(笑)
2014.06.03 18:50 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
いやいや,腕ではなく,素材がよかっただけです。
マコさんのブルベ実況中継も楽しませてもらいました。
ありがとう!
2014.06.03 18:52 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
rr さん こんばんは。

きつい登りを写真で表現する方法,なかなかないですね。
rr さんなら,それほどきつくはないでしょうね。

富士のリザルト,いかがでした?
2014.06.03 18:56 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
お疲れ様でした~!

そうそう,やはり人間の目は偉大ですよね。
その場で見たあの景色の感動は,最高でしたね。

いつも,最後に牽いてもらってありがとうございます。
ほんと,お世話になります。
2014.06.03 18:57 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
ほんとうにありがとうございました!
最高でした。

まさに,きつい・つらいと言いながら,また行きたくなる…,そんなところですね。
また連れて行ってください。
しりとり対策万全で望みます(笑)
2014.06.03 19:00 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
suzuki さん、こんばんは。

いやいや,ヒルクライマーなどというには,あまりに非力。
でも,山大好きということにかけては,自慢できます!
次回,群馬の山でいっしょに楽しみましょう。
2014.06.03 19:05 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
まっさん こんにちは。

いいライドでしたね~。
ひさしぶりにまっさんと走れて楽しかったです。
苦しいところで牽いてくれてありがとうございました!

また,どこかでご一緒させてください!
2014.06.03 19:07 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]
rikiさん、こんばんは。

景色が最高ですね。
坂道がなければ走りたいです。(笑)

車のバッテリーも上がってしまっているので、しばらくrikiさんの写真で我慢します。
2014.06.03 22:56 | URL | こうぞう #- [edit]
こうぞうさん、こんばんは。

いえいえ,坂道あってこその絶景。
たぶん,自分の脚で登れば,その感動は何倍にもなるはずです。
次回は,是非ご一緒に!
2014.06.04 20:29 | URL | リキ #KLtzAfy. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rikiyasu.blog.fc2.com/tb.php/309-e284f0bf

プロフィール

リキ

Author:リキ
 50代後半からのロードバイク人生。年より初心者が行く!(モーツァルトも大好き!)

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム