ビンディングペダル その1

(昨年9月のこと)
通勤にロードバイクを使うようになって一週間。乗るのにも少しなれてきたので,いよいよビンディングペダルを使うことにしました。

あらかじめ買っておいた靴にクリート(ペダルに固定するための,靴底につける金具)を取り付けました。
出発する前に家の前で,左右片方ずつ,着けたりはずしたりの練習をします。いわゆる「立ちゴケ」しないようにするのが,とりあえずの目標です。

シューズ
(マビックのシューズとクリート)



それにしても,「立ちゴケ」とは変わった言葉です。座っていてこけることはないわけで,転倒するのは立っているときだけです。まあ,無理に解釈すれば,「走っていて転倒する」のではなく,「棒立ち状態から転倒する」という言葉なのでしょう。

理屈はこれくらいにして,ビンディングペダルでの初乗りです。
こぎ出す前に右足のクリートをはめて,スタートです。こぎながら左足をはめるのですが,なかなかはまりません。それでもガチャガチャやっているうちに,パチンと気持ちのいい音がしてはまりました。
おお~,なんとこぎやすい! 足の力がスムーズにペダルの回転に結びつく感じです。くるくるとペダルが回り,スイスイとスピードが上がっていきます。すごい! 感動的な出会いでした。

さて,立ちゴケですが,何度もその恐怖を味わいましたが,いまだ立ちゴケは0回! われながらすごい! しかし,立ちゴケ寸前で足をばたつかせて何とかクリートをはずし,何とかセーフということは数えきれず。

だんだん慣れてくると立ちゴケを防ぐコツがわかってきました。
交通状況を先に読み,「止まる必要がある」,「スピードを落とさないと危ない」などの状況判断が早めにできるようになると,あらかじめクリートをはずしておくことができます。そういう意味では,ビンディングペダルのおかげで安全運転ができるようになったと思っています。すばらしい!

また,止まるときは,左のクリートをはずすわけですから,いつも重心を左に寄せて止まる癖もつきました。クリートをはずす位置も,いろいろと試し,自分としては時計の針にたとえれば,7時前後の位置がはずしやすいとわかってきました。

ここまでだいたい1か月ほどかかったでしょうか。まあ,年寄りですから,自分としてはいいペースだったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 4

ayu  

タイトル

立ちゴケ、ゼロですか。それは素晴らしい。
自分は既に片手ではききません(笑)
初めてのロング(自分比)で疲れ果ててしまったときの信号待ちで車道側にこけたときは死ぬかと思いましたよ(^ ^;)

2013/01/05 (Sat) 15:20 | EDIT | REPLY |   

riki  

>ayuさま

いやいや,これから油断したときに起こりそうです。
どうも集中力がないというか,慣れるとすぐに他ごとを考えてしまう性格なので,なれてきた頃が一番危ないと思っています。
車道側だけには転ばないようにします(笑)!

2013/01/05 (Sat) 18:44 | EDIT | REPLY |   

Jin  

タイトル

立ちゴケ、私も何度か経験があります。

交差点で青になり発進!のタイミングで
転んだときは真剣に恥ずかしかったです。

2013/01/05 (Sat) 21:50 | EDIT | REPLY |   

riki  

>Jinさま

コメントありがとうございます!

そうですか。
なるべく経験しないよう,がんばります!

2013/01/05 (Sat) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply