春の馬籠峠 ~ 徒歩ヒルクライム



連休初日の今日は,家内と馬籠峠を歩いてきました。

森の空気と,新緑と,春の花。たっぷり楽しめました。



南木曾からバスで妻籠宿まで入り,ここから歩きます。

14_0503_01-1.jpg

妻籠宿は,規模はやや小さめですが,馬篭よりもずっと人が少なく,いい雰囲気です。

14_0503_02-1.jpg

朝9時前,宿の玄関先をほうきで掃く人,商品を並べる人,花の水やりをする人,宿場町の普段の生活そのままを見ているようで心が和みます。

宿場町の中も,山の中も,山吹の花が満開でした。

14_0503_03-1.jpg

小さなお地蔵さんと,ボケの花。

14_0503_04-1.jpg

白花の藤棚の下には,藁で作った大きなお馬さん。

14_0503_05-1.jpg



宿場町を通り過ぎると,中山道はその道幅を狭めて,山の中へと入っていきます。

可愛らしいニリンソウが咲いていました。

14_0503_06-1.jpg

清楚という言葉が似合います。

ロードバイクでは走れない道です。

14_0503_07-1.jpg

普段は,「ここは車で走るより,自転車の方が味わい深いね」 などと言って走っていますが,歩いて道を楽しむのもいいですね。

この石畳も走れませんね。

14_0503_08-1.jpg

けっこうな勾配の山道です。

癖で,ついついルートラボでルートをひいて勾配を確かめてしまう(笑)

妻籠から馬籠峠までは,6km,6%の徒歩ヒルクライム。

宿場町の山吹は八重咲き,山の中のヤマブキは一重咲きです。
一重のヤマブキは,花がみんなこちらを向いてくれていて,愛想がいいです。

人の植えた杉も,年月がたつと風格が出てきますね。

14_0503_09-1.jpg

どこにでもあるタチツボスミレが,杉の枯れ葉でかさかさした林床を彩ります。

男滝・女滝に着きました。

14_0503_10-1.jpg

人気が全くなく,滝から流れてくるすてきな風を一人(ふたり)占めです。

木のベンチでちょいとおにぎりをほおばります。

なんてすてきな時間かと思いました。



もう少し,新緑の中をヒルクライム。

14_0503_11-1.jpg

「一石栃口」 の石碑を登っていくと,サワラの大木がそそり立つ森でした。

14_0503_12-1.jpg

解説を読むと,なんでも,江戸中期に植えた木らしいです。

14_0503_22.jpg

江戸中期と言えば,元禄時代で,江戸の繁栄が頂点をきわめた時代です。

多くの大木が切り出され,新しい苗木が植えられたのでしょう。

中でも,この古く朽ちた木には強く惹かれました。

14_0503_13-1.jpg

中心になる大木は枯れて,その栄養を若木に与えています。

しばらくたたずんでいました。

不思議な空間に思えました。



その森を登り切ると,そこは桜の園でした。

14_0503_14-1.jpg

ここは,一石栃白木改番所跡。

14_0503_15-1.jpg

樹齢250年になるというしだれ桜が何本もありました。

14_0503_16-1.jpg

昔ながらの家屋と,立派な桜が,辺り一帯を暖かい空間にしています。

もう少し登ると,馬籠峠です。

14_0503_18-1.jpg

なんと言うこともない峠の頂上ですが,石碑はさすがに風格がありました。

少し下ると,恵那山方向の眺望が開けるところに出ました。

14_0503_19-1.jpg

もう,このあたりからは,観光客でごった返す馬篭宿です。

14_0503_20-1.jpg

珍しく酒屋さんに入り,ワインを買いました。

14_0503_21-1.jpg

おいしそうでしょ。


春の中山道をたっぷり楽しみました。

来年もまた来ようということになりました。

おすすめは,妻籠から上るルートです。

登りが少しきついですが,ご褒美たっぷりのすてきな山道です。

メインは妻籠から馬籠峠までの山道で,馬篭宿はおまけ程度に楽しむのがぼくの好みに合います。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト

Comments 12

rr  

リキさんこんばんは

素敵な道ですね( ´ ▽ ` )

妻籠から馬籠まで歩いて行けるの知らなかったので来年は行ってみようと思います^ ^

山登りも自転車乗るようになってから全く登ってないのでちょっとした登りで音をあげそうですが…(^_^;)

2014/05/03 (Sat) 20:52 | EDIT | REPLY |   

リキ  

rr 様

rr さんこんばんは

いい道でした。
トレイルランの人もいましたよ。
rr さんなら,全く問題なしの楽々コースだと思います。
コースも整備されていて,トイレも完備しています。
甘いものをバックパックに詰め込んで行きましょう!

2014/05/03 (Sat) 21:07 | EDIT | REPLY |   

ひろ@bike  

タイトル

美しい景色、花々ですね~。
勾配に反応するのは、坂大好きな人ですねw
そろそろリキさんもMTB買いそうな…予感w

2014/05/03 (Sat) 21:25 | EDIT | REPLY |   

メソ  

たまにはゆっくり
徒歩ヒルクライムもいいですよね
(^ω^)
自然も楽しむはずの
ヒルクライムが
サイコンとにらめっこばかり…
なんてことあります(>_<)

素敵な記事ですね(^.^)
朽ちた大木もまた魅力なんですね。
万物は循環し死ぬことはないのかもですね。熊楠を思い出しました。

2014/05/03 (Sat) 22:41 | EDIT | REPLY |   

KOU  

rikiさん、こんばんは。
季節もいいし、いいところですね^ ^
たまに散策するのも、自転車とはまた違う楽しみがありますよね。
落ち着いたら妻と行ってみようかな…

2014/05/03 (Sat) 23:51 | EDIT | REPLY |   

shigarakiyaki  

タイトル

徒歩ヒルクライムいいですね。
まだまだ桜が残っているのですね。
最近私もトレッキングをしていませんので夏シーズンはのんびりと行こうかな~。

奥様と二人素敵な時間を共有されていますね。
私んとこは・・・スポ根です(^^;;

2014/05/04 (Sun) 06:32 | EDIT | REPLY |   

gottu  

今日リキさんの写真が素敵な理由が一つわかりましたよ!バックからGRを出して構える姿を見て納得です。木曽路はすべて山のなか、久々に行きたくなりました。最後のワインも今日見たような気が...?

2014/05/04 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   

リキ  

ひろ@bike様

勾配に反応してしまいますね。
歩きながら,お,ここは15パーくらいだな,
なんてつぶやいてしまいます(笑)

MTB は買わないと思いますが。

2014/05/04 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   

リキ  

メソ様

ありがとうございます。

森の中を歩くのもいいもんです。
これが,アスファルトの道だったら,歩く気にはなりませんけどね。
古い道は魅力的です。

2014/05/04 (Sun) 19:40 | EDIT | REPLY |   

リキ  

KOU 様

KOU さん、こんばんは。

ぜひ,おすすめしますよ。
三重からでも高速を使えば,意外に早く行けると思います。
必ず奥さんとね(笑)

2014/05/04 (Sun) 19:41 | EDIT | REPLY |   

リキ  

shigarakiyaki 様

家内はスポーツとは縁がないので,ゆっくり歩くのならいっしょに楽しめるんです。
行く場所を選べば,サクラもけっこう長い期間楽しめますね。

2014/05/04 (Sun) 19:43 | EDIT | REPLY |   

リキ  

gottu 様

今日,あのワイン持って行ったんですけどね。
飲むチャンスがありませんでしたね。残念!

中山道は,すてきです。

2014/05/04 (Sun) 19:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply